0歳からの無料習い事体験でギフト券2500円!コドモブースターのキャンペーン中

ダンボールハウスの簡単な作り方!折りたたみ式の可愛い秘密基地で遊ぼう!

ダンボールハウスの簡単な作り方!折りたたみ式の可愛い秘密基地で遊ぼう!

子どもって、狭い空間が大好きですよね。
なぜか机の下や押入れの中に入りたがる子が続出!
そんな子どもたちの喜ぶ秘密基地的な存在が、「ダンボールハウス」です。

ニトリで衣類収納ケースを購入したときに入っていた大きなダンボール。
何か活用できないかな? と思い立ち、作ってみました。

ハイハイの赤ちゃんでも、出たり入ったりして楽しいおうちです♪

ダンボールハウスの材料と自作方法

大きなダンボール

この記事では、

  • ダンボールハウスの簡単な作り方
  • ハウスのアレンジ例
についてご紹介しています。

手作りダンボールハウスは知育にも役立つ!

知育のポイント
ぜひお子さんと一緒におうちの設定を考えてみましょう!
  • 誰のおうち?
  • それともお店?
  • どんな色?
  • 飾りはついている?
おうちの設定を想像するところから始まります。

工作するのにも頭を使います。
道具を使えない年齢でも、色を塗ったり飾りを貼ったりして楽しめますよ。

ちいくまちゃん

自分で考えて手を動かすのって楽しいね!
子どもの想像力にもびっくりするわ!

ちいくまま

ダンボールハウスの材料と自作方法

ここでは、折り畳みが出来て収納に便利なダンボールハウスの作り方をご案内します。

屋根は家本体に被せる形にすると、取り外して収納できます。
また、おうち本体の下を開いた状態にしておくこともポイントです。

屋根が折りたためるダンボールハウス

被せるだけでOKの屋根

ダンボールハウスを折りたたんだところ

ダンボールハウスを折りたたんだところ

用意する材料
  • ダンボール箱(大) 1箱
  • 屋根用ダンボール 2枚
  • 装飾用ダンボール 適量
用意する道具
  • ガムテープ(あれば布テープがおすすめ)
  • カッター、はさみ
  • 工作用ボンド
  • ペンキやリメイクシート等
作り方
手順1
ダンボール箱を切り、おうちの形を作ります。
ダンボールに書かれている絵や文字が邪魔な場合は、1ヶ所を切り離し、裏表を逆にしてから作ると良いです。

ダンボール箱を切り、おうちの形を作ったところ

切り込みを入れて裏表を逆にする

手順2
切り込みを入れて窓を作ります。

切り込みを入れて窓を作ったところ
手順3
切り込みを入れて扉を作ります。

切り込みを入れて扉を作ったところ.jpg
手順4
屋根を乗せるために、おうち本体を写真のように切り取ります。

屋根を乗せるために、おうち本体を切り取ったところ
手順5
最初にダンボール本体を切り離した場合は、内側をしっかりガムテープで貼り合わせます。

最初に切り離した場合はガムテープで貼り合わせます
手順6
おうち本体の幅よりも長めのサイズのダンボールを2枚用意し、ガムテープで貼り合わせます。

屋根をガムテープで貼り合わせたところ
手順7
乗せるだけで完成の屋根が出来上がりました。

乗せるだけで完成の屋根のできあがり
手順8
煙突を作ります。

煙突の作り方

煙突のできあがり
手順9
屋根に煙突の口の大きさを写し、切り取ります。
手順10
煙突を差し込み、完成です。
屋根の裾を丸くカットしても可愛いですね。

煙突を差し込んで、おうちのできあがり

あとはお好みの装飾を施していきましょう!

ダンボールハウスのアレンジ例

ダンボールハウスの簡単な作り方!折りたたみ式の可愛い秘密基地で遊ぼう!

写真のハウスの装飾はこんな感じ。
近寄ると雑さが目立ちますが、手作りならではの味ということで(^_-)-☆

屋根

ダンボールハウスの屋根のアレンジ例

余ったダンボールをうろこ状に切り、重ねて貼りました。
100均ダイソーの「ナチュラルミルクペイント」という水性ペンキでペイントしています。
自然な色合いで可愛らしい雰囲気に♪

100均ダイソーのナチュラルミルクペイント

100均ダイソーの「ナチュラルミルクペイント」

ところどころラッピングペーパーを切って貼っています。

色はパーツごとに塗った方が、細かい部分もきれいに仕上がります。

ペイントした煙突

おうち本体

ダンボールハウスのカウンター側

こちらも、ダイソーの「ナチュラルミルクペイント」でペイント。
色はアースホワイト。窓枠など、ポイントにはモカチャを使用。

物を置けるカウンターも付けています。

キャンドゥの立体ウォールステッカーでデコレーション

窓周りには、100均キャンドゥの「立体ウォールステッカー」ちょうちょをペタリ。
カーテンは、ガムテープで貼っただけです(笑)。

Openのプレートも余ったダンボールで作りました。
娘がちぎってしまった「ポットン落とし」の中敷きを貼って、ナチュラル感アップ♪

ドアの上につけたプレート

注意
ペンキは家にあったものを使いましたが、家本体で1.8本分も使います!
2本あると良いと思います。
外側に貼ってあるガムテープが目立っているので、後日リメイクシートで目隠ししました。
レンガ調のシートを使えば、本物のように見えるかも?!

100均のリメイクシートを外側に貼ってみたところ

おうちの中

ダンボールハウスのおうちの中はリメイクシートを敷くと良い

無塗装です💦
床のみ、100均ダイソーのリメイクシートを貼ってみました。
宅急便で使われたダンボールは汚れていることがあるので、シートでカバーすれば子どもが遊んでも安心です。

ダンボールの補強の仕方

どうしても折れやすい、折り目部分。
写真のように板を貼って固定すると補強できます(添え木のイメージ)。

ダンボールの補強の仕方

また、紙テープよりも布テープを使う方が、おうちが丈夫になるのでおすすめです。

ダンボールハウスでおうち遊びを楽しく!

ダンボールハウスは、雨の日や夏の暑い日、冬の寒い日のおうち遊びにピッタリ!
お店屋さんごっこだってできます。
季節に合わせてデコレーションするのも可愛くておすすめですよ♪

自分だけの、落ち着くマイスポット。
ぜひお子さんと一緒に作ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です