MENU
いま読まれている記事
オウチーク!運営者

オウチークのちいくまま

ちいくまま

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタート。
オススメの知育教材・絵本など、楽しくて確かな情報をお届けします。
知育玩具の作り方&型紙配布も活用してくださいね♪

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!

詳しいプロフィール

オウチーク問い合わせバナー

育児本・幼児教育本が読み放題!Kindle Unlimited

ダンボールハウスを簡単に可愛く作る方法!折りたたみ式の可愛い秘密基地で遊ぼう♪

URLをコピーする
URLをコピーしました!

子どもって、狭い空間が大好きですよね。
なぜか机の下や押入れの中に入りたがる子が続出!

そんな子どもたちの喜ぶ秘密基地的な存在が、「ダンボールハウス」です。

子ども用の家具を購入したときに入っていた大きなダンボール。
何か活用できないかな? と思い立ち、作ってみました!

\こんな見た目になりました/

手作りしたダンボールハウス

この記事では、ダンボールハウスの作り方を写真で詳しくご紹介します。

  • 基本のダンボールハウスの作り方
  • 折りたたみ式にする方法
  • 可愛いアレンジ例

ハイハイの赤ちゃんでも、出たり入ったりして楽しいおうちですよ♪

ちいくまちゃん

さっそく作ってみよう~!

目次

手作りダンボールハウスは知育にも役立つ!

段ボールで遊ぶ子供

まずは、お子さんと一緒におうちの設定を考えてみましょう!

  • 誰のおうち?
  • それともお店?
  • どんな色?
  • 飾りはついている?

おうちの設定を想像するところから始まります。

カウンターにはものが置ける

工作するのにも頭を使います。
道具を使えない年齢でも、色を塗ったり飾りを貼ったりして楽しめますよ。

ちいくまちゃん

自分で考えて手を動かすのって楽しいね!

ちいくまま

子どもの想像力にもびっくりするわ!

ダンボールハウスの材料

ここでは、折りたたみが出来て収納に便利なダンボールハウスの作り方をご案内します。

屋根は家本体に被せる形にすると、取り外して収納できます。
また、おうち本体の下を開いた状態にしておくこともポイントです。

\屋根を外してからおうち本体をたためます/

まずは屋根を外して畳む
まずは屋根を外してたたむ
家本体も畳める
家本体もたたむ

用意する材料

  • 本体用ダンボール箱(大) 1箱
  • 屋根用ダンボール 2枚
  • 装飾用ダンボール 適量

私が本体用に使ったのは、縦70cm×横84cmのダンボールです。

ダンボールハウスの材料と自作方法

屋根用のダンボールは、本体用の横幅よりも大きなサイズを2枚用意してください。

用意する道具

  • ガムテープ(あれば布テープがおすすめ)
  • ペン
  • はさみ
  • カッター(ダンボールカッターが便利)
  • 定規
  • 工作用ボンド
  • ペンキやリメイクシート等
ダンボールハウス作りに必要な道具

ダンボール工作にはフリクションペンが便利。
こすれば消えるので、間違えて書いても何度でも書き直しができます。

ちいくまま

窓あドアの位置を決めるのを何度もやり直したので、あって良かったです!

ダンボールハウスの作り方

最初に……

ダンボールハウス作りは場所を取ります!

4畳の部屋で作業しましたが、色々広げたらかなり場所を取ってしまいました……。

ダンボールハウス作りは場所を取る
ちいくまちゃん

まずは場所の確保が必要だね💦

STEP

ダンボール箱を切り、おうちの形を作ります。

ダンボールに書かれている絵や文字が邪魔な場合は、1ヶ所を切り離し、裏表を逆にしてから作ると良いです。

ダンボールの文字が気になる場合は解体して裏返す
裏表を逆にした様子

胴メッキのホチキスがしてある場合、引っ掛けたら危ないのでペンチで取った方がベターです。

ちいくまま

取ったホチキスも危ないので、お子さんのいないところで作業しましょう。

ダンボール封函に使われている針
ペンチで取った針は危ない
STEP

カッターで切り込みを入れて窓とドアを作ります。

カッターで窓を開けていく

窓の枠を上から貼る場合、裏に枠用のダンボールを敷いて上から窓の形をなぞると型ができます。

枠は下にダンボールを敷いてペンで窓をなぞる
枠ができたところ

窓とドアが開きました。

おうち本体が組みあがった

内装をする場合は、この時点でしておくとやりやすいです。

内装が終わったら、内側と外側の角をガムテープでしっかり貼り合わせて箱状にします。

STEP

屋根を乗せるために、おうち本体の上部を△の形にします。

▼高さがあるダンボールは三角に切り取り、高さがなければ別のダンボールをくっつけます。

屋根を乗せる部分は三角にする
STEP

おうち本体の幅よりも長めのサイズのダンボールを2枚用意し、ガムテープで貼り合わせます。

これが屋根になります。

屋根はおうち本体よりも大きいサイズで作る
屋根ができたところ

乗せるだけで完成の屋根が出来上がりました。

おうち本体ができたところ
STEP

煙突用にダンボールを切ります。

煙突の寸法

点線のところで折って組み立てます。

煙突を組み立てたところ
STEP

屋根に煙突の口の大きさを写し、切り取ります。

煙突用の穴
STEP

煙突を差し込み、完成です。

煙突

あとはお好みの装飾を施していきましょう!

ダンボールハウスのアレンジ例

私が作ったダンボールハウスの装飾をご紹介します。

手作りしたダンボールハウス
ダンボールハウスを別の角度から

近寄ると雑さが目立ちますが、手作りならではの味ということで(^_-)-☆

おうち本体

本体は白にしました。
幅広マスキングテープをぐるぐる巻いています。

家にあったので使いましたが、買うとなるとなかなか良いお値段がします><

低予算で可愛く仕上げるなら、屋根のペイントに使った100均ダイソーの「ナチュラルミルクペイント」がおすすめです。

本体には100均のリメイクシートを貼る方法が主流(?)なようです。
ですが試したところ3日くらいではがれてきてしまいました。

ナチュラルミルクペイントならしっかり密着しますし、乾くとムラもなくなりキレイです。

ちいくまま

ダンボールにはデコボコ面があるので、シートが密着しづらいのかもしれませんね。

屋根

うろこ状にペイントした屋根

ウロコ模様にしました!

ちいくまま

ガムテープで丸い型を取ってなぞれば、きれいなラインができますよ!

屋根のうろこはガムテープで型を取るときれい

水色部分も白いウロコ部分も、100均ダイソーの「ナチュラルミルクペイント」という水性ペンキでペイントしています。

ダイソーのミルクペイント
ペンキを広げているところ

自然な色合いで可愛らしい雰囲気になります♪

▼または、定番ですが「バターミルクペイント」もおすすめ。

ちなみに、以前、もっと小さなダンボールハウスを作ったときはこんな屋根にしました。
余ったダンボールをうろこ状に切り、重ねて貼っています。

▼以前作ったものの屋根です。

ダンボールハウスの屋根のアレンジ例

屋根が大きいとうろこ状に切るのが大変なので、今回はペイントにしました。

フラワーボックス

フラワーボックス全体像

ダンボールハウスが華やかになる♪ フラワーボックスをつけました。
折り紙で作ったお花を飾っています。

Amazonの書籍用ダンボールを切って箱を作りました。

こだわりとしては、穴を開けてS字フックで吊り下げるようにしたところ。

薄いAmazonダンボールを使った
S字フックで吊り下げたフラワーボックス
ちいくまま

だって絶対ホコリがたまる……!

ホコリがたまったら、フックを外して捨てればOKです。

カウンター

物を置けるカウンターも付けました。

カウンターにはものが置ける

これもAmazonの小物用ダンボールを再利用しています。

ちいくまま

カウンターをつける場合、窓のサイズと合わせておくとやりやすいですね!

カウンターはAmazonの段ボールを使った
カウンターの内側
カウンターの内側

ドア

ダンボールハウスのドア

娘がハマっている「お手紙」のやり取りができるように、メールボックスを付けました。
またまたAmazonのダンボールを縮めて作っています。

ドアの取っ手は、細長く切ったダンボールを丸めてボンドでくっつけたもの。

ちいくまちゃん

かなりしっかりしてつかみやすいよね~。

ドアの取っ手はダンボールを丸めたもの

あとは、折り紙のお花の茎に使ったストローをウインドチャイムにしました!

ちいくまま

もったいなくて……

ドアにつけたベル

糸でつなげて引っ掛けています。

ドアを開けると、ホンモノみたいにシャラシャラ音が楽しめます♪

それから、ドアの上はわざとスペースを広く取って、季節の飾りを付けられるようにしました。

\これはクリスマスリース/

かざりをつけられるようにした

季節に合わせた飾り付けをすると、よりおうちに愛着がわきますよ♪

ダンボールハウスの補強の仕方

ダンボールをつないで作ったおうちは、ちょっと不安定。

どうしても折れやすいのが折り目部分です。

写真のように板を貼って固定すると補強できます(添え木のイメージ)。

ダンボールハウスの補強方法は接ぎ木

また、紙テープよりも布テープを使う方が、おうちが丈夫になるのでおすすめです。

ダンボールハウスでおうち遊びを楽しく!

ダンボールハウスは、雨の日や夏の暑い日、冬の寒い日のおうち遊びにピッタリ!
お店屋さんごっこだってできます。
季節に合わせてデコレーションするのも可愛くておすすめですよ♪

折り紙の花のにおいをかぐ子ども

自分だけの、落ち着くマイスポット。
ぜひお子さんと一緒に作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる