MENU
いま読まれている記事
オウチーク!運営者

オウチークのちいくまま

ちいくまま

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタート。
オススメの知育教材・絵本など、楽しくて確かな情報をお届けします。
知育玩具の作り方&型紙配布も活用してくださいね♪

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!

詳しいプロフィール

オウチーク問い合わせバナー
【~1/31】幼児教室無料体験でAmazonギフト券2000円

ダンボールのお店屋さんの作り方|簡単だけど本格派!子どものあこがれを実現しよう

ダンボールのお店屋さんの作り方|簡単だけど本格派!子どものあこがれを実現しよう
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事では、ダンボール(段ボール)のお店屋さんの簡単な作り方をご紹介しています。

ごっこ遊びにハマっている娘のために、ダンボールでお店屋さんをDIYしました!

大きめのダンボールさえ調達できれば、2~3時間程度で作れます。

どんな見た目のお店屋さんにしようかな?

お子さんと相談して、楽しみながら作ってみてくださいね。

目次
この記事の著者
オウチークのちいくまま
ちいくまま

ちいくまま(ちゃみ)

元教師で司書。手作りおもちゃクリエイターママ。
オウチーク!の運営者でもあります。
たくさんの教育書や論文から取り入れた確かな情報をお届けします。

ダンボールのお店屋さんの材料・道具

ダンボール箱使用量の目安

  • 背の高いダンボール1箱(A)
  • 同じ幅のダンボール(B)
使った段ボール2箱
使った段ボール2箱

何かに使おうと保存しておいた、ベビーカーの箱が役に立ちました!

必要な道具

  • カッター
  • 長い定規
  • ペン
  • ボンド
  • 装飾をする場合、リメイクシートやペンキ ※私はミルクペイントを使用
ちいくまま

ペンはこすれば消えるフリクションペンが便利です!

ボンドは大きなサイズのものを使いました!

大きなボンド

実際はこんなに必要ありませんでしたが(笑)。
それでもけっこう使います。

Amazonが安いです。

ダンボールのお店屋さんの作り方

今回は寸法図を作らず、小さな箱を使って完成形をイメージしておきました。

模型を作った

ティッシュボックスやお菓子の箱が役に立ちます!

写真のように切り取り線をひいておきます。

模型を切り取る
模型を切り取る2

前面は柱になる部分を残します。
背面を箱のように折って被せることで、カウンターになります。

柱は7cm幅にしました。
もし補強が必要になったら牛乳パックをつなげてくっつけようかと思って。
が、もともとベビーカーが入っていたダンボールで丈夫だったので、できたものは補強が必要ないくらいでした。

さて、切り取り線を書いたところでさっそく作っていきます!

切り取り線を書く
STEP
本体用のダンボールを切る

カッターと長い定規を使い、切り取り線を上から下にまっすぐ引くように切っていきます。

ダンボールを切っていく

最初にすーっと線を入れてから刃を立ててザクザク切っていくと、スムーズに切ることができます。

折るところは、カッターで軽く線を入れておくときれいに折ることができます。

軽く切り込みを入れると折りやすい
簡単にきれいに折れる段ボール

当たり前ですが、刃を貫通させてしまうと切り落としてしまうので注意!

こんな感じになりました。

切り取ったところ

背面を箱のように被せ、カウンターになるか確認しましょう。

かぶさるか確認
STEP
シェードを作る

切り落としたダンボールを使って、シェード(オーニング)を作ります。

余ったダンボールでシェードを作る
これを使って……

被せるだけでOKな形にしました。

かぶせるだけのシェード
こうじゃ

後の行程で、ボンドで貼って取り付けます。

STEP
ショーケースを作る

本体ダンボールの下部を切り抜きます。

下を切り抜いた段ボール

Bのダンボールを写真のように切り、組み立てます。

小さいダンボールを用意
棚になるように高さを調節して切る

本体に入れたときに棚になります。

棚をセットしたところ

ここまでで形ができあがりました!

お店屋さんを装飾しよう

あとは装飾をしていきます。

私がした装飾を参考として載せておきます。

本体

ミルクペイントで白く塗りました。

本体は白くした
本体を組み立て中のところ

ダンボールハウスの記事でも書いていますが、我が家とリメイクシートの相性がよくなく(?)数日ではがれてきてしまいます。
そのため、今回もペンキを使用しています。

天然素材でにおいも少なく、安心のペンキです。
乾くと耐水性になりますよ♪

ダイソーなど100円ショップにも、ミルクペイントは売っていますよ♪
※おそらく本体だけで2本くらい使用すると思います。

シェード

ミルクペイントでしましまにしました。
塗らないところはマスキングテープで覆っておくときれいに仕上がります。

ペンキで色を塗る

くっついていないところはボンドを塗り、洗濯バサミで押さえてしっかり接着します。

ボンドは洗濯ばさみでしっかり留める

ボンドを伸ばすのに、余ったダンボールをヘラのようにすると便利!

中の棚はペイントせず入れました。

中に入れた棚は未塗装

ペイントが乾けば完成です!

完成したダンボールのお店屋さん

正面から

正面からダンボールのお店屋さんを見たところ

背面から

ダンボールのお店屋さんの背面

あとからカーテンをつけました!
我が家にはパペットがたくさんいるので、人形劇もできるかな? と思って。

写真のように布にひもを通して、ダンボールの隙間にくくりつけています。

カーテンを取り付けた

結び目があるとシェードがぴったり乗らないので、結び目は下に隠しました(^-^;!

あと、ポイントは出前館のステッカーです。

出前館のステッカー

娘は出前館のCMが好きで、街中でも出前館のステッカー探しを趣味? にしています。
公式ホームページから画像をコピーさせていただき、保護テープを貼ってシールにしました。

ちいくまちゃん

すごく喜んでいたよね~。

ダンボールのお店屋さんで遊んでみた!

さっそく娘とお店屋さんごっこをしてみました。

いらっしゃいませー!
出前館屋さんにようこそ!
何にしますかー?!

今まで作った食べ物勢ぞろいです!

折り紙で作ったアイスクリーム

などなど……。

▲作り方、リンクしておりますので参考にどうぞ。リンクがないものは今後公開予定です。

キッチンも隣接しているので、ハンバーグなど店頭にないメニューも作ってくれます(笑)。

キッチンセットも隣接

ちょうど、こどもちゃれんじぽけっとのお店屋さんセットが来たところだったので、よくセットして遊んでいます。

やっぱり台(カウンター)があると雰囲気が出ますよね。

ダンボールのお店屋さんの作り方|まとめ

サイズが大がかりなので「難しそう……」と思われるかもしれません。
でもやってみると意外とできちゃいますからご安心を!

ちょっとした工夫でいくらでもアレンジできるので、お子さんのなりたいお店屋さんを作ってみてください。

お子さんに装飾してもらっても楽しいかもしれませんよ。

ダンボールハウスも一緒に作って、子どもの楽しい遊び場を増やしてみましょう♪
作り方はこちら。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる