0歳からの無料習い事体験でギフト券2500円!コドモブースターのキャンペーン中

ダイソーの絵合わせカードはコンパクトで遊びやすい!特徴や遊び方をご紹介

ダイソーの絵合わせカードが知育に役立つ!仕様や使い方紹介

1歳頃になって、形や色などに興味が出てきたら遊んでほしいのが「形遊び」
最初は2つに切った絵を合わせるパズルから始めていきましょう。

今回、100円ショップダイソーで1歳からはじめられる「絵合わせカード」を購入してみました。
コンパクトですが、知育に役立つポイント満載で、なかなか良かったです!

この記事では、ダイソーの絵合わせカードの特徴や遊び方、遊びやすさなどについてまとめています。

ちいくまま

100均の絵合わせカードってどうなの? と気になる方、ぜひ参考になさってくださいね。

ダイソーの絵合わせカードの特徴

絵合わせカードは「たべもの」「どうぶつ」「のりもの」の全3セットです。

材質:紙
サイズ:7.2cm×5cm
カード32枚
表と裏は違う絵で、それぞれ32種類の絵が出来上がります。

3つのうちから私が購入したのは、「のりもの」。

ダイソーの絵合わせカードの箱は紙製

「たべもの」は人気だそうで、私が見に行った大型店にもありませんでした。

ちいくまちゃん

棚が空っぽでびっくりしたよ~。

どんなカードがあるの?全部中身を公開!

1 えあわせカード たべもの
[表の絵]いちご、りんご、バナナ、みかん、ぶどう、すいか、もも、メロン、さくらんぼ、かき、キウイフルーツ、なし、レモン、マンゴー、くり、パイナップル
[裏の絵]にんじん、だいこん、トマト、たまねぎ、きゅうり、キャベツ、なす、かぼちゃ、じゃがいも、さつまいも、しいたけ、ブロッコリー、とうもろこし、ピーマン、たけのこ、はくさい
大創出版ホームページ えあわせカードシリーズ

2 えあわせカード どうぶつ
[表の絵]ぞう、ライオン、とら、かば、しまうま、きつね、たぬき、ぶた、うし、ひつじ、ねこ、いぬ、りす、あざらし、わに、かめ
[裏の絵]うさぎ、きりん、ゴリラ、さる、カンガルー、コアラ、パンダ、くま、あらいぐま、しか、うま、ハムスター、へび、ペンギン、フラミンゴ、ふくろう
大創出版ホームページ えあわせカードシリーズ

3 えあわせカード のりもの
[表の絵]パトロールカー、しょうぼうしゃ、きゅうきゅうしゃ、じょうようしゃ、バス、トラック、ゆあつショベル、フォークリフト、コンクリートミキサーしゃ、でんしゃ、ロープウェイ、さんりんしゃ、きゃくせん、せんすいかん、ヨット、ロケット
[裏の絵]ひこうせん、タクシー、ゆうびんしゃ、ブルドーザー、ごみしゅうしゅうしゃ、タンクローリー、カーキャリア、きかんしゃ、しんかんせん、モノレール、オートバイ、じてんしゃ、ヘリコプター、ひこうき、ききゅう、クレーンしゃ
大創出版ホームページ えあわせカードシリーズ

カードがそのものの特徴は?

裏表で違う色

おもて

ダイソーの絵合わせカード「のりもの」の表面

うら

ダイソーの絵合わせカード「のりもの」の裏面

表は白、裏はうっすらクリーム色になっています。
クリーム色と白の差はあまりありません。

ちいくまま

焼けた感じにも見えます……

ひらがなと英語も学べる

日本語(ひらがな)と英語で名前が表記されています。

左が日本語、右が英語

ダイソーの絵合わせカード「のりもの」のさんりんしゃ。英語付きで知育に良い

ものの名前を覚えるのにも役立ちますね。

カードはそこそこ丈夫

カードの厚みは2mmくらい。
指で折ろうとしても、簡単にはいかないくらいには丈夫です。

ダイソーの絵合わせカードはそこそこ厚みがあって丈夫

100円なのでそこまでのクオリティを期待してはいませんでしたが、これは嬉しい!

ただ、紙製なので、子どものカミカミには耐えられません。
我が家もすでに何枚かかじられています。

完成図はナシ

ダイソーの絵合わせカードでできる絵の一覧

絵合わせカードは、完成図が把握できるシートが付属していることも多いもの。
ダイソーのものには完成図はなく、箱に絵の種類が書かれているだけです。

箱は取り扱い注意

箱があるとお片付けに役立ちますよね。
カードほど丈夫な硬さではないので、すぐボロボロになりそうですが💦

ダイソーの絵合わせカードのサイズ

ダイソーの絵合わせカードの遊び方

カードの遊び方をご紹介します。

  1. まずカードをバラバラに並べます。
    このとき、表と裏が混ざらないようにしましょう。
  2. ○○はどれ? と大人が声掛けをします。
  3. カードを2枚組み合わせて絵を完成させます。

たくさんのカードがあると最初は難しいので、5つくらいから始めると良いかもしれません。

ちいくまちゃん

色のちがいがハッキリわかる組み合わせだと嬉しいな、探しやすいんだ!

発展した遊び方として、

  • どれだけ絵を作れるか競争!
  • 海の乗り物は? 空の乗り物は? 作って集めてみよう!
ものの形だけでなく、特性を理解するのにも役立ちます。

ダイソーの絵合わせカードで遊んだ感想

実際に遊んでみて感じた点をまとめてみます。

難易度は高め

対象年齢は1歳からということですが、1歳になりたてならまだまだ遊ぶのは難しいです。
形の認識も難しいと思いますので、大人が形を作って見せてあげましょう。

たとえば背景の色が絵ごとに違えば、小さい子でもヒントになりそうなのですが……。
背景色が白とクリーム色しかないので、合うものを見つけるのがちょっと大変です。
1歳になってすぐだと、一度に全部を使ってパズルとして遊ぶのは難しそうです。

枚数を減らしたりして遊びやすくしてあげたり、文字カード・英語カードとして使い始めるのが良さそう。

ちいくまま

ステップアップしていけるって思えば、それも楽しみかも。

イラストがくっきり描かれている

うちの娘も、できあがった電車の絵を見て、すぐに「choo choo!」と言うくらい。
※走る音は先におうち英語(ワールドワイドキッズ)で覚えました。
つなげた状態だと子どもにもわかりやすいみたいなところが良いですね。

絵合わせカード一枚の形

コンパクト

サイズが小さいところ
例えば、旅行や帰省などのお供にしてもかさばらないので良さそう。

完成図はありませんが、箱を開けば全種類が分かるようになっているので、お片付けするときもさっと確認できますね。

英語と日本語の両方が書いてある

既に書いたように、カードの左に日本語、右に英語が書いてあります。
なので一度に二つ言葉を学べるところも良いところだと思います。

意外と大人にとってもタメになるかも?

ダイソーの絵合わせカードはお手軽に始められてオススメ!

ダイソー製ということで当然100円(税別)なのですが、枚数的にも内容的にも十分ボリュームがあると感じられました。

ちいくまま

実際に広げてみると枚数が多くて、かなりボリュームを実感できるはず!
その分、1歳になりたてだとまだ全部を遊びつくすには難しいかも。
パパママがうまくバランスをとってあげて、ちょうどいいレベルにしてくださいね。

逆に3セット揃えると全部で96枚、100枚近くのカードが使えるので大人でも探すのには一苦労。
家族で一緒に楽しんだり、どれだけ早くそろえられるかを競争したりもできそうです。

絵合わせカードはけっこう色々なものが出ていますが、子どもが興味を持つかが気になるという方もいるかと思います。
まずはお手軽に始めてみたいというなら、ダイソーの絵合わせカードはおすすめですよ!

100均で買える知育グッズ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です