カテゴリー
見逃し厳禁!お得に知育
KindleUnlimitedおすすめ本バナー
ミライコイングリッシュ紹介制度でギフト券
七田式オンラインサロンバナー
2020最新|ベネッセ無料プレゼント総まとめ!本やお名前シールがもらえるキャンペーンの内容は?
ちゃみ:運営者
おもちゃクリエイター・明治クラフトアンバサダー

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタート。
成果:娘2歳でひらがな・カタカナ・アルファベット・一桁の足し算をマスター。
イメージ力や空間認識能力にも長けています。

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!


オウチーク問い合わせバナー
~10/31 コドモブースター体験 2000円ギフト券もらう

『だるまさんが』絵本シリーズはどこが良い?内容や赤ちゃんが喜ぶ読み方をご紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!

赤ちゃん絵本の定番のひとつ、『だるまさんが』
やっぱりうちの子も反応良く楽しんでくれています!

0歳から1歳の子のファースト絵本としてもおすすめできる絵本です。

今回は『だるまさんが』シリーズについて、内容の紹介や読み方アレンジの方法などを書いていきます。

読み聞かせにとってもおすすめですよ~!

子どもの文化普及協会
¥935 (2021/10/21 01:18時点 | Amazon調べ)
目次
この記事の著者
ちゃみ

ちゃみ(インスタ@charmytoko

元教師。SNSフォロワー3万人の知育おもちゃクリエイターママ。
明治クラフトアンバサダーに就任!
子どもの発達をバッチリ研究しています。
たくさんの論文から取り入れた確かな情報をお届けします。

『だるまさんが』絵本のあらすじ・内容

『だるまさんが』のあらすじ・内容
出典:『だるまさんが』

あらすじと言っても、ストーリー的なものはありません。
「だ る ま さ ん が」の掛け声に続いて、だるまさんが何かをしてくれます。

子どもの遊び「だるまさんがころんだ」でご想像の通り、だるまさんがころんじゃうパターンも。

『だるまさんが』絵本のだるまさんの百面相
出典:『だるまさんが』

奇想天外なだるまさんの変顔に大人も思わず笑っちゃいますよ。
丸っこくてかわいいだるまさんの魅力に、赤ちゃんでさえ笑顔になる絵本です。

なんだかついつい笑っちゃうんだ~!

他にもシリーズ作品として

があります。
こちらも要チェックですね。

『だるまさんの』絵本では、だるまさんボディを見せてくれます


だるまさんが今度は何をしてくれるのかな?

歯ブラシをもって「だ る ま さ ん の」……歯!

だるまさんの素敵なボディを紹介してくれますよ。

『だるまさんと』絵本では、果物さんたちとコラボ!

前の2冊はだるまさんのソロ舞台でしたが、この本ではコラボ活動しています。

いちごさん、メロンさん、バナナさん。
かわいいお友達とだるまさんが一緒になって、また笑わせてくれますよ。

『だるまさんが』の対象年齢は?

日本出版販売株式会社が出しているパンフレット『いくつのえほん』によると、0歳6ヶ月から。
話が短いので、反応がなくても読んであげたい! という場合はもっと小さくても読んであげられます。

本屋さんや図書館でも0歳児コーナーに置いてあることが多いですよ。

だるまさんは見た感じ「大きな顔」なので、赤ちゃんが好む絵なんです。

それに、色も真っ赤でハッキリクッキリ!
色覚が発展途上の赤ちゃんでもわかりやすい色をしています。

まだ色が分からなくても、リズミカルな音で楽しむことができるのもポイント高し。
0歳赤ちゃんに特にピッタリな内容なんです。

ちなみに対象年齢の上限も特にありません。
何度も書いたように、大人も子どもも楽しめる内容です。

だるまさん絵本の読み方に一工夫

だるまさん絵本は読み方に一工夫すると面白い!
出典:『だるまさんが』

首がすわった赤ちゃんに読んであげるときは、一緒に体遊びをしながら読むのも楽しいですよ。

やりかたは簡単。
まずは赤ちゃんを抱えて、床に座った姿勢で絵本を開きましょう。

次に、「だ る ま さ ん が」のところで、言葉に合わせて赤ちゃんを優しく左右に傾けてあげます。

ポイントは、

  1. あまり角度をつけすぎないこと
  2. 文字の下のだるまさんと同じ向きに傾けてあげること
  3. ゆっくりと、でもリズミカルに読むこと

の三つ。

普通に読むときとスキンシップを図りたいときで使い分けると良いですよ。

少し大きくなってからは、表情豊かなだるまさんの顔マネをしながら読んであげても喜びます!

1歳の赤ちゃんに読んであげた反応は?

だるまさんの百面相に、娘もしっかり楽しんでいます!

「だ る ま さ ん が」

のリズムを楽しみ、次のページのだるまさんでオチを楽しみます。

すっかりハマってしまったみたいで、よく座っている私の膝の上に絵本を乗せてくるくらい!

スキンシップ読みも楽しんでます。

パパやママのおひざの上でゆったり揺られながらキャッキャッ!
思わず拍手も出ちゃうみたいで、ちっちゃな手でパチパチしています。

だるまさん作者のかがくいひろしさんとは?

作者のかがくいひろしさんは、『おもちのきもち』でデビューした絵本作家。

もともと特別支援学校の教師をされていて、なんと50歳になってからのデビューという珍しい経歴の持ち主です。

残念なことに54歳という若さで逝去されましたが、この短い4年間のうちに16冊もの作品を出版されていました。
どの作品もユーモラスで、ほっこり優しい気持ちになれること請け合いです。

ミーテと楽天ブックスでインタビューに応えていらっしゃいましたので、ぜひご覧くださいね。
参考絵本作家 かがくいひろしさん 絵本作家インタビュー(前編)|mi:te[ミーテ]
参考楽天ブックス|著者インタビュー かがくいひろしさん『だるまさんと』

だるまさん絵本シリーズ

関連ファーストブックのおすすめ絵本15選!絵本習慣につながる司書が選んだ良作です
関連【0歳の教育】おもちゃや語りかけ、脳育てのためにしたいこと月齢別まとめ

スポンサーリンク

役に立ったらシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる