無料・お得の知育キャンペーンまとめ

紙皿フリスビーを手作りしよう!簡単なのにめっちゃ飛ぶ!どこまで飛ぶか競争しよう♪

紙皿フリスビーを手作りしよう!簡単なのにめっちゃ飛ぶ!どこまで飛ぶか競争しよう♪

紙皿でフリスビーを作ってみましょう!

フリスビーは、投げた時の動きがボールとちがって滑るように飛んでいきます。
横に回転しながら飛んでいく様子もまたキレイで、親子で遊ぶと楽しいものです。

でも本物のフリスビーはつくりがしっかりしているので、完全に広い屋外向け……。
人やものにぶつかってしまうリスクがあります。
自宅の庭や家の中で投げるわけにはいきません。

そこで役に立つのが紙皿フリスビー
軽くてやわらかいので、ちょっとぐらいならぶつかっても大丈夫です。

ちいくまま

しかも紙皿の形を活かして作るから、とっても簡単♪
ちょっとした隙間時間に作れちゃいます。

意外によく飛ぶから、お外で遊ぶのにも大活躍しますよ。

紙皿フリスビーの材料と道具

用意する材料と道具
  • 紙皿2枚
  • ビニールテープ または マスキングテープ
  • シールやペン(装飾用)
  • ホッチキス
  • カッター
紙皿フリスビーの材料
紙皿フリスビーに使う道具

オーソドックスな白い紙皿が一番丈夫で扱いやすいです。
100円ショップでも買えます。

制作所要時間
10分くらい

紙皿フリスビーの作り方

手順1
紙皿の真ん中を切り抜きます。
切り抜くことで、フリスビーが傾きづらくなってまっすぐ進むんです。

紙皿フリスビーの作り方

MEMO
切り抜きにはハサミよりもカッターがおすすめです。
そのまま線に沿って切っていくだけなので簡単♪

真ん中を切り抜いたところ
手順2
この作業を2枚分行います。

2枚切り抜いたところ
手順3
2枚の紙皿を重ね、ホッチキスで周りを留めます。

ホッチキスでとじたところ

私は6ヶ所留めました。
多い方が空気が入らずよく飛びます。

6ヶ所くらいホッチキスすると空気が入らない
手順4
ホッチキスで留めたところをテープでカバーします。

ホッチキスで留めたところをテープでカバー

ぐるっと一周巻いても良いですし、私のようにポイントでカバーしても◎
ホッチキスでケガをしないためにも必要な作業です。
手順5
お好みでシールを貼ったりお絵描きして仕上げます。
アレンジすることで、2度楽しめますね!

ちいくまちゃん

まわったときに見え方も楽しめるね~。
全部マスキングした様子

以上でできあがりです。

紙皿フリスビーのできあがり

5歳くらいになったら、自分で作ることもできようになります。
作る過程も楽しめて一石二鳥!

色々なデザインのフリスビーを作って見た目を楽しんだり、飛びやすい形を追及するのも面白いです。

紙皿フリスビーのよく飛ぶ投げ方は?

  1. フリスビーのふちを持ち、胸に引き寄せる。
  2. 腕を水平に勢いよく出す。
  3. 手首のスナップを効かせ、回すように投げる。
紙皿フリスビーの投げ方
手首のスナップを効かせ投げる

うまく投げられるでしょうか?
コツをつかむまでチャレンジしてみてくださいね!

1歳9ヶ月の娘はまだ投げ方を教えたばっかりなので、上手に投げられません。
今のところ自分で投げてもポトッと落ちちゃいます。

ちいくまま

普通のボールみたいに投げちゃうから、これからに期待!

自分で投げられないなりに、ママやパパが投げる姿を見て楽しんでいます。
いつかは一緒に遊びたい!

紙皿フリスビーの遊び方いろいろ

紙皿フリスビーはただ投げて遊ぶだけではない、色々な遊び方ができます。
例をご紹介しますね。

遠くまで飛ばしてみよう!

シンプルに遠くまで投げてみましょう!

ただ単純に投げるだけでフリスビーは楽しめます。
地面に線を引いて、誰が一番遠くまで飛ばせるか競争しても面白いですね。

的を倒して遊ぼう!

届く場所に空のペットボトルを置いて、倒して遊びます。

フリスビーは意外にまっすぐ飛びますが、ものを狙って当てるのは難しいですよ。
ペットボトルはボウリングのピンのようにたくさん並べてもOK。

ちいくまま

的に鬼などの絵を描いても面白いですね。

キャッチしてみよう!

パパママやお友達が投げたフリスビーをキャッチしてみましょう。
紙皿だから、つかみそこなってもあんまり痛くありません。

子どもにとってタイミング良くキャッチするのは大変なこと!
運動神経の発達に役立ちます。

輪になって投げてみよう!

これは広いところでないとできない遊び。
みんなで一斉に輪になって投げてみます。

どこに飛ぶかな? 同じ場所から投げているのに、きれいな等間隔には滅多になりません。
デコボコな着地点を楽しんでみましょう。

紙皿フリスビーで場所を選ばずたっぷり遊ぼう

紙皿フリスビーは室内でも屋外でも、手軽に投げて遊べます。
スポーツとして遊ぶ以外にもデコレーションして飾ったり、クリエイティブな楽しみ方も。
比較的安全に楽しめるから、紙皿という身近な素材でたっぷり遊べます。

家の中でのプチスポーツとして、それからガッツリ外遊びのおもちゃとして大活躍の紙皿フリスビー。
子どもの身体づくりの役に立ってくれること間違いなしです。
ぜひ作ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です