0歳からの『頭のいい子が育つ』絵本って?

牛乳パック船の簡単な作り方。スイスイ進んでアレンジも色々、楽しく作ろう!

牛乳パック船の作り方。スイスイ進んでアレンジも色々、楽しく作ろう!

水遊びは子どもにとって身近でエキサイティングな遊びです。
お風呂やプールで楽しく遊べるおもちゃがあると、もっと盛り上がるはず。

水遊び用のおもちゃといえば、なんといってもですよね。
そこで、簡単に手に入る牛乳パックを使った船の作り方をご紹介します。

すいすい進むので楽しいですし、知育に役立つポイントも。
ちょっと大きくなった子なら、一緒に作っても楽しめますよ!

牛乳パック船を作ってみよう

牛乳パック船にモノは乗りません

※重いものは乗りません。

対象年齢
  • 完成品を見て楽しむ⇒0歳~
  • 作って遊ぶ⇒2歳~
知育のポイント
  • 水と親しむ感覚が得られます。
  • どうしたらもっと早く進む? 考える力がつきます。
  • はさみで切ったり組み合わせたりして、指先が器用になります。

牛乳パック船の良い点とは?

切り取って形作るだけでも浮いて楽しめますし、紙コップの水の力で進むものも作れます。

紙コップに水を入れると、ストローから水が出ます。
その勢いで船が進む仕組みです。

ちいくまちゃん

すいすい進んで楽しいね~♪

基本の作りは単純ですが、紙コップやストローの大きさを変えるなどの色々なアレンジができます。

スピードを速くするにはどうするといいかな?
長く進むにはどうするといいかな?
そんな風に語り掛けながらアレンジ案を考えさせてあげるとGoodです。

ちいくまま

自分のうちだけのおふね、いいわね!

牛乳パック船の材料と作り方

牛乳パック船の材料

材料
  • 牛乳パック(1000ml)1本
  • ビニールテープ
  • シール
  • 紙コップ 1個
  • ストロー 1本
作り方
手順1
牛乳パックに以下のように印をつけ、切り取ります。

牛乳パックのカット位置
手順2
切り取ると、こんな形になります。

牛乳パックを切り取ったところ
手順3
セロハンテープで船の形に組み立てます。

ちいくまちゃん

けっこうムズカシイ……

牛乳パックをセロハンテープで組み立てたところ
手順4
外側にビニールテープを巻きます。
隙間があると水が浸入するので、カッチリと!
巻きが足りないと、遊んでいるうちに離れてしまうので、余分に巻いておきましょう。

ビニールテープを巻いて補強したところ

▼失敗作。余りなく巻いていたので、離れてしまいました。

はがれてしまったビニールテープ

手順5
後ろに穴を開けます。
目打ちがあると便利。
我が家はないので、先が尖ったドライバーで開けました。

紙コップにも同様に穴を開けます。

牛乳パックと紙コップに穴を開けたところ
手順6
ストローを短く(7cmくらい)切り、先を4つに分けて開きます。

ストローをカットしたところ
手順7
紙コップにストローを差し込みます。
内側のストローはセロハンテープで固定します。
やりにくいですが、適当でOKです。

ストローを紙コップに取り付けたところ
手順8
紙コップのストローを船の穴に挿します。
手順9
紙コップをセロハンテープで船に貼り、シールで飾りをつけてできあがりです。

紙コップの底は船底に貼る

牛乳パック船の完成図
遊び方
紙コップに水を入れるだけ。
ストローから水が出る勢いで進みます。

牛乳パック船をお風呂に浮かべたところ

ちいくまちゃん

スイスイ行くよ~!

牛乳パックがサクサク切れるハサミがおすすめ

牛乳パックを切るなら! 工作用のハサミがおすすめです。

ちいくまま

普通のハサミだと、牛乳パックってビニールがひっかかって切りにくいのよね。
我が家で使っているのは「フィットカットカーブ イージーグリップ」です。

牛乳パックがサクサク切れる「フィットカットカーブ イージーグリップ」

説明通り、本当に牛乳パックがサクサク切れる快適さ!
一本あると役立ちます。

他の有名商品としては、「メガサク」もありますね!
どちらも工作の強い味方です。

飾りを変えたりストローの長さを変えてみたり。
色々とアレンジができるので、家族で工夫するともっと楽しめます。
ぜひ作ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です