0歳からの『頭のいい子を育てる』絵本がおすすめ!

100均のセルフラミネートをセリアとダイソーで比較!使い勝手が良いオススメは?

100均のセルフラミネートをセリアとダイソーで比較

100円ショップでは、ラミネーターを使わずラミネート加工ができるラミネートフィルム(セルフラミネート)を各種取り揃えています。

この記事では、100均で買えるセルフラミネートの種類をご紹介します。

実際に使ってみて良かったもの、すぐにダメになってしまったものもあわせてご紹介していますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

100均で買えるラミネートフィルムはどんなもの?

紙を汚れ、傷、色あせなどから守る、ラミネート加工。
通常だと、加工には「ラミネーター」と呼ばれる機械が必要です。

でも、100円ショップにあるラミネートフィルムは機械がなくても貼り合わせるだけで簡単にラミネート加工ができちゃいます!
ラミネーターで使用するタイプもありますので、購入の際はご注意くださいね。

セリアとキャンドゥの「セルフラミネート」

100均セリアとキャンドゥのラミネートフィルム「セルフラミネート」

商品情報
  • セルフラミネートA4
  • 本体サイズ:A4(220×307×0.4mm)
  • JANコード:4904342005074
  • 枚数:1枚入り
  • 貼り替え:×
  • 発売元:ナカトシ産業株式会社

セリアとキャンドゥのラミネートフィルム「セルフラミネート」の説明書き.JPG

A4サイズ対応のラミネート。
A4サイズ以下の紙に使えます。

サイズぴったりでなくても形に沿ってハサミでカットできますし、シート自体を半分に切って小さくした状態でも使えます。

使用方法はパッケージと中のフィルムに書かれています。
パッケージを捨ててしまっても使い方が確認できるので、助かりますね!

厚さは0.4mmということで、ほどよく硬めです。

同じ商品がキャンドゥにもあります。
どちらかお近くの店舗で探してみてくださいね。

ダイソーの「手貼りラミネート」

100均ダイソーのラミネートフィルム「手貼りラミネート」

商品情報
  • 手貼りラミネートフィルム
  • 本体サイズ:B6、A5、B5、A4
  • 枚数:B6は8枚、A5は6枚、B5は4枚、A4は3枚入り
  • 貼り替え:×
  • 発売元:大創産業

ダイソーのラミネートフィルムは、サイズ展開の多さが素晴らしいですね。
用途に合わせて選ぶことができます。
また、枚数も多めです。

使用方法はパッケージに書かれています。

ダイソーの「手貼りラミネート」説明書き

後ほどご説明しますが、フィルムはかなりペラペラで不安が……。

ダイソーの「手貼りラミネート」の薄い方をはがしたところ

【実験】セリア・ダイソーのラミネートを使ってみた!

折り紙をラミネートしてみることにしました。

セリア製

手順1
ラミネートを開き、フィルム側に原稿を裏向きに置きます。
※裏表がない場合はどちらでもOK。

セリアのラミネート前
手順2
細い方の剥離紙をはがし、その部分のシールで原稿を固定します。
※原稿が小さい場合はそのまま貼っていきます。
手順3
残りの剥離紙をゆっくりはがし、滑らせながら貼っていきます。
定規などを当てて空気を抜きながらやるときれいにできます。

セリアのラミネート後
手順4
パウチしたものの形に沿って、ハサミで切り取ります。
原稿から5mm以上の余白を取ってカットすると、粘着が弱まる心配も少なくなります。
手順は以上です。
セリアのラミネート切り取り後

セリアのラミネート切り取り後

先に端を固定するからか、不器用でもきれいに貼ることができました!
慎重になりすぎなくても空気は入りませんでしたし、簡単です!

セリアのラミネートの気泡

細かい気泡は入りますが、密着度はすごいです

パウチしてから一週間。
子どもがこね回して遊んでいますが、はがれてはいません。
しっかりくっついています。

注意
ハサミで切り取る際に出たゴミはとても鋭利なので、小さい子がケガをしないように注意してくださいね。
一筆入魂(?)で丸く切り取ると、危なくなりません。
磁気カードやICチップの付いたものはパウチできませんので注意してください。

ダイソー製

手順1
重なっているフィルムの薄い方をはがし、原稿を置きます。

ダイソーのラミネート前
手順2
フィルム同士を挟むようにして、はがしたフィルムをシワを伸ばしながらゆっくり貼っていきます。
手順3
空気を押し出すように手でしっかり押さえて密着させます。

ダイソーのラミネート後
手順4
パウチしたものの形に沿って、ハサミで切り取ります。
ダイソーのラミネート切り取り後

ダイソーのラミネート切り取り後

なんと、ペラペラのフィルムをそのまま貼るかたちです!
ペラペラは粘着性もなく、静電気でやっとくっついている感じ?
すぐにはがれてしまいます。

ダイソー「手貼りラミネート」はすぐにはがれる

ダイソー「手貼りラミネート」はすぐにはがれる

普段使いには耐えられるものではありませんでした💦
頻繁に触らないポスターのようなものでしたら、大丈夫かもしれません。

または、粘着性のあるフィルム同士を重ね合わせたら、あるいは……

買うべきはセリア製。ダイソーは使いどころを選ぶ

別のものもパウチしてみましたが、やはりセリア製ははがれなかったのに対し、ダイソー製はすぐにはがれました。

セリアとダイソーのセルフラミネートの仕上がりを比較

子どもがこねまわしても大丈夫なのはキャンドゥ

以上のように、普通のラミネート加工のように使いたいならセリア製を買うべき!
しっかりくっつくので安心です。
今回のように切り抜きにも耐えられますし、紙一枚まるごとパウチしてもはがれる心配なし。

一方、ダイソー製のセルフラミネートは切り抜き向きではありませんし、はがれる可能性あり。
なので普通のラミネート加工を期待するのではなく、対応サイズの紙をカバーするものとして使うと良いと思います。

例えばポスターをパウチして画びょうなどで固定してしまえば、そのままはがれやすさ対策に。
あとはプリントなどをはさんで、ちょっと汚れ防止用として使うことが可能です。
はがれること前提で使うのも良いかも?

ラミネーターなしで手軽に楽しめる、100均のセルフラミネート。
一度試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です