カテゴリー
見逃し厳禁!お得に知育
KindleUnlimitedおすすめ本バナー
ミライコイングリッシュ紹介制度でギフト券
七田式オンラインサロンバナー
2020最新|ベネッセ無料プレゼント総まとめ!本やお名前シールがもらえるキャンペーンの内容は?
ちゃみ:運営者
おもちゃクリエイター・明治クラフトアンバサダー

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタート。
成果:娘2歳でひらがな・カタカナ・アルファベット・一桁の足し算をマスター。
イメージ力や空間認識能力にも長けています。

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!


オウチーク問い合わせバナー
~10/31 コドモブースター体験 2000円ギフト券もらう

西松屋の知育玩具「あそぼっくす 」は5つの遊びができるコスパ最強おもちゃ!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

一般的に、赤ちゃんは生後10ヶ月ごろから親指と人差し指で物をつまめるようになります。
この時期からの手先を使った遊びは、脳育てにもとっても良い!

そこでおすすめなのが、知育ボックスというジャンルのおもちゃ。
四角い箱の5面に色々なおもちゃがついたものです。

色々な種類がありますが、どれも手先を使うので知育に役立ちます。

子育て支援センターや児童館に置いてあるのを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?
うちの子もひとりでおすわりできるようになった時期から、よく遊んでいました!

ただ、おもちゃがつまっているだけあって、買うとなるとけっこう高い……!

リーズナブルなものはないかな?

そこで見つけたのが、西松屋のプライベートブランド【SmartAngel】 の「あそぼっくす」

なんと、1500円程度で買えるんです。

安いからといって侮るなかれ!
魅力がいっぱいで、赤ちゃんが喜んで遊んでくれるんですよ。

この記事では、【SmartAngel】 の「あそぼっくす」の魅力や、我が子の反応などを写真たっぷりでお届けします。

リーズナブルにそろえたいなら、必見だよ!

目次
この記事の著者
ちゃみ

ちゃみ(インスタ@charmytoko

元教師。SNSフォロワー3万人の知育おもちゃクリエイターママ。
明治クラフトアンバサダーに就任!
子どもの発達をバッチリ研究しています。
たくさんの論文から取り入れた確かな情報をお届けします。

西松屋のあそぼっくすってどんなおもちゃ?

西松屋のあそぼっくすの全景

木製玩具「森のおもちゃ」シリーズ
商品名:【SmartAngel】 あそぼっくす
対象年齢:3歳~
価格:1,498円(税込)

5面で遊び尽くせる知育玩具です。

  1. ビーズコースター(ルーピングコースター)
  2. 歯車
  3. 時計
  4. 型はめパズル
  5. スライダー
西松屋のあそぼっくす

底は開いています。

ルーピングコースター

あそぼっくすのルーピングコースター(ビーズコースター)

ビーズを指でつまんでワイヤーに沿って動かす、手先の動きを鍛える定番おもちゃです。
ビーズは木製で、コロンとした形でとても可愛い!

コースターは上にセットするかたちで、外しても遊べます。

歯車

歯車

1つのギアを動かすだけで他のギアも同時に動き出すという発見は、赤ちゃんにとって新鮮です。
模様も一緒にぐるぐる回って楽しめますよ。

ガラガラと回る音も気持ちいいね~

買ってよかった0歳のおもちゃの中でも歯車おもちゃを紹介しています。歯車って反応が良いです!

時計

時計

指先で長針と短針を動かして遊べます。
時間の概念を勉強するのにぴったり。

幼稚園や保育園などの集団生活の場では、「○時になったらお昼寝」などと決まっていると思います。

時計が読めるようになるのは5歳くらいといわれていますが、時間を意識できるように一緒に動かしてみると、早くからスムーズに読めるようになるかもしれませんね。

▼自動で動く知育時計を手作りしたいなら、以下の記事をご参照ください。

型はめパズル

型はめパズル

こちらも指先の遊びとしては定番ですよね!

まる、さんかく、しかくの積み木をはめこんで落とすおもちゃです。

形が一致するものでないと入らないので、形をよく見て把握し、選ぶ、図形認識能力が身につきます。

スライダー

スライダー

パーツをギザギザと上下に動かして遊びます。

縦置きだと上から下に自動的に下がるのみですが、横に置くことで、自分でパーツをつまみながら左右に動かせます。

このように、置き方を変えても楽しめるんです。

西松屋のあそぼっくすのおすすめポイント

1つでいっぱい遊びを楽しめるあそぼっくす。
その魅力をまとめてみました!

デザインが可愛い

全体的に、ポップで可愛らしいデザイン。
木製ということで、ぬくもりやおしゃれさもあります。

あそぼっくすの積み木

西松屋の木製玩具「森のおもちゃ」シリーズはどれもデザインが素敵なので、ぜひ他のものもチェックしてみてください♪

ちょうど良い小ぶりサイズ

小さめサイズなので、赤ちゃんが遊ぶのにもちょうど良い大きさ。
軽くて、自分で持って移動することもできます。

しまうときも、コースターをひっくり返してスッポリ片付けられるのでコンパクトです。

角が面取りしてあり安心

角が丸く加工されていて、ケガをしないように配慮されています。

価格がお手頃

税込み1,498円と破格で購入できます(2020年6月時点)。
知育ボックスは5,000円~10,000円前後のものが多いので、かなりお買い得と言えるでしょう。

0歳からでもあそぼっくすで遊べる?

「あそぼっくす」の対象年齢は、商品詳細の記載によると3歳~。

~3歳までの間違いでは? と思ったんだけど……。

先輩ママに聞いたところ、3歳前後の子はお友達との仲間遊びにはまっているそうで、一人で黙々とボックスで遊ぶことは少ないそう。
※仲間遊びというのは、おままごとや戦隊ヒーローごっこなどのことです。

保育士さんに聞いてみても、0歳から遊ばせて大丈夫では? ということでした。
我が家でも10ヶ月ころから遊ばせています。

実際、1歳半ころにはこういったおもちゃを卒業しました!

注意したいのが、型はめパズルの積み木。
直径約3cmなので、赤ちゃんの口に入ってしまうサイズです。

あそぼっくすの積み木は小さいので注意
積み木は小さいので注意!

我が子はまだまだ何でも口に入れるので、積み木だけはまだしまってあります。
それでも指を入れてみたりして楽しんでいるようですよ。

コースターも急に前のめりになったりすると、金具なので危ないかも。
なるべく近くで見守るか、一緒に遊んであげるようにしましょう。

0歳児があそぼっくすを堪能してみた!

あそぼっくすで知育遊びをする娘

全面触って楽しんでいますが、生後11ヶ月時点でのお気に入りは、断然「ルーピングコースター」!
つまんだりつかんだりしながらカチャカチャと遊んでいます。

次点で歯車もお気に入りみたいです。

普段の遊びにはもちろんのこと、

  • 夜、大興奮で眠れないとき、
  • 泣いた後に心を保とうとするとき、

色んなシチュエーションで引っ張り出しては遊んでいます。

やはり手先を使った遊びが盛んになるこの時期にぴったりのおもちゃだったのかな、と思います。

赤ちゃんも楽しめて、幼児期の指先トレーニングにもなる一石二鳥のあそぼっくす。
リーズナブルなのにいっぱい遊んでくれて、本当に買って良かった!

赤ちゃんの指先知育遊びにおすすめです。

スポンサーリンク

役に立ったらシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる