0歳からの無料習い事体験でAmazonギフト券!コドモブースターのキャンペーン中

引っ張るおもちゃを手作りしよう!ひもが無限にひっぱれて好奇心をくすぐります

引っ張るおもちゃを手作りしよう!ひもが無限にひっぱれて好奇心をくすぐります

赤ちゃんはひもなどの長いものが大好き!
あればどんどん引っ張って遊びますよね。
そこで、好きなだけ引っ張れるおもちゃを手作りしてみましょう。

この記事では、ひもを引っ張るおもちゃの作り方を写真で詳しくご紹介。
本体は牛乳パックがあればできます。

ぜひ参考になさってくださいね。

引っ張るおもちゃを手作りしよう

ひもを引っ張るとびっくり!
別のひもが短くなって引っ込む不思議なおもちゃです。

ちいくまちゃん

こっちを引くとあっちが一緒に引っ込んじゃう!
対象年齢
0歳~
お座りができるようになると両手が空くので自分で楽しめます。
引っ張るおもちゃの知育ポイント
  • 引っ張って楽しい!
  • 色々な素材のひもをつかんで楽しい!
  • ひもを引っ張ると別のひもがひっこむという不思議が、好奇心をくすぐります。
  • 指先を使うので、巧緻性もアップします。

引っ張るおもちゃの作り方と材料

用意する材料
  • 牛乳パック
  • フェルトや布
  • ひも(綿のロープのほか、色々な素材があるとさわって楽しめます)30cmくらいずつを4本

手作り引っ張るおもちゃの作り方と材料

用意する道具
  • はさみ
  • ボンド
  • 目打ち(千枚通し)
作り方
手順1
牛乳パックを次の写真のサイズに切ります。

牛乳パックを写真のサイズに切ったところ
手順2
ふたの部分はすじをつけて折っておきます。

ふたの部分にすじをつけて折ったところ
手順3
牛乳パックに貼るフェルトや布を切ります。
私は側面と上下で使う布を分けました。
  • 上下:フェルト
  • 側面:綿の布

牛乳パックに貼るフェルトや布を切ったところ
手順4
牛乳パックにボンドを塗り、布を貼っていきます。
MEMO
このとき、余った牛乳パックをヘラのように使ってボンドを伸ばすと、ムラなく塗ることができます。

牛乳パックにボンドを塗っているところ。へらを作るとやりやすい

布を貼っているところ
手順5
ボンドが乾いたら、目打ちで穴を開けます。
ひも1本につき、2箇所。
別の面の穴から出して、両側を引っ張れるようにします。

バランス良く穴を配置してみてくださいね。

ボンドが乾いたら、目打ちで穴を開ける
手順6
穴にひもを通し、先を結びます。
結んだ玉が小さいと引っ張ったときに抜けてしまうので、大きめに結ぶと良いです。

ひもを通すには、ヘアピンがあると便利!
ひもの先をヘアピンで挟み、穴に通します。

穴にひもを通し、先を結ぶ
手順7
ひもをすべて通し終わったら、ふたをしてボンドで貼り付けます。

以上でできあがり!

引っ張るおもちゃを手作りしよう!ひもが無限にひっぱれて好奇心をくすぐります

引っ張るおもちゃで遊んだ我が子の反応

このおもちゃを最初に渡したのが生後11ヶ月でした。
そのときはなぜか怖がって近寄らず(笑)。
1歳1ヶ月になって、ようやく遊ぶようになりました。

ひもを引っ張るのが大好きなお年頃なので、集中してひたすらスルスル!
別のひもが引っ込んでいくのも不思議なようで、よく観察しながら手を動かしています。

ちいくまちゃん

何度も遊べるから、長く集中できるね!

シンプルですが、純粋に引っ張ることが楽しめるのが良いみたい。

皆さんもぜひ作ってみてくださいね!

▼同じ布を使って色々なおもちゃができました!
一枚の布でおもちゃがたくさん作れる!

あわせて読みたい
▼こちらの記事でも、知育に役立つ手作りおもちゃをご紹介しています。
幼児向け手作りおもちゃ|簡単に作れて遊べる知育にも良いモノを月齢別に紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です