MENU
いま読まれている記事
オウチーク!運営者

オウチークのちいくまま

ちいくまま

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタート。
オススメの知育教材・絵本など、楽しくて確かな情報をお届けします。
知育玩具の作り方&型紙配布も活用してくださいね♪

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!

詳しいプロフィール

オウチーク問い合わせバナー

育児本・幼児教育本が読み放題!Kindle Unlimited

魚釣りおもちゃを手作りしよう!ゲーム要素ありで子どもも大人も楽しめる♪

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事では、魚釣りおもちゃの簡単な作り方をご紹介しています。

魚釣りおもちゃは、シンプルながら意外と釣り上げたときに盛り上がっちゃうおもちゃです。
市販品の似たようなおもちゃで遊んだことがある方もいらっしゃるのでは。

今回は、1歳の子どもでも遊べるように、磁石で釣り上げるタイプのものを作ってみました。

ちいくまま

知育にも役立つよう、ゲーム要素をプラスしたり名前を覚えられるようにもしましたよ。

ぜひ参考になさってくださいね!

目次

魚釣りおもちゃの材料

今回作る魚釣りおもちゃの完成図です。

青い布の上に魚を並べたところ
魚と海
魚釣りおもちゃの釣り竿
釣り竿

材料はほぼ100均で手に入ります。

<魚>

魚の絵を印刷した紙 または 魚の絵を描いた紙
魚の絵を印刷した紙

<釣り竿>

  • ストロー
  • 強力マグネット
  • 穴あきビーズ(ストローの外径より大きいもの)
釣り竿の材料

釣り竿はもっと簡易的に作ることもできます。
その場合、割りばし・強力マグネット・ビニールテープ・糸を用意してください。
詳しい作り方は後述します。

<魚の入れ物>

  • お好みの容器(紙皿などでOK)

<背景(海)>

  • 青い布や敷物
魚を入れるお皿と海を模した布

青い布は下に敷いて海の感じを出します。

レジャー用の青いビニールシートを使うのもおすすめ!
大きいので盛り上がります。

魚は補強のためラミネートするのがベター。
特に小さな子と遊ぶときは加工しておいた方が安心です。

▼我が家で愛用中のラミネーター!

ラミネーターがおうちにない方は、手貼りラミネートを使用するのも手ですよ。
手貼りラミネートは100均にもあります!

魚の絵をプリントできるサイト2選

魚のイラストを自分で描くのはハードルが高い……

そんな方のために、魚のイラストをダウンロードできるおすすめのサイトをご紹介します。

イラストAC

日本の魚のイラスト集
出典:イラスト – No: 1475547/無料イラストなら「イラストAC」

丁寧に描かれた絵で、魚の特徴が良く分かる!
色がはっきりくっきり、プリントすればそのまま使えるサイズなのもおすすめです。

ちいくまま

私はこちらの絵を使用しました。

イラストACは全素材が無料でダウンロードできますが、会員登録が必要です。
以下のリンクから会員登録が可能です。

無料イラスト素材【イラストAC】

無料DTP素材 素材ページ

無料DTP素材 素材ページの魚
出典:無料DTP素材 【素材ページ 】食材・料理の著作権フリー写真

リンク無料DTP素材 【素材ページ 】食材・料理の著作権フリー写真

こちらは写真なのでリアル感がさらにアップします。

注意が必要なのは、一匹一匹が大きなサイズな点!
使いたいサイズに編集してからプリントする必要があります。

魚釣りおもちゃの作り方

<魚>

STEP

魚の絵を一匹ずつ切り取ります。
地道な作業ですが頑張りましょう!

魚の絵を一匹ずつ切り取ります。
STEP

切り取った魚をラミネートフィルムに並べ、ラミネートします。

切り取った魚をラミネートフィルムに並べ、ラミネート
STEP

一匹ずつ切り取り、口のあたりにクリップを挟みます。
クリップはセロテープでおさえておくと、落ちる心配がありません。

一匹ずつ切り取り、口のあたりにクリップを挟む

以上で魚パーツはできあがり。

<釣り竿>

STEP

強力マグネットに糸を結びます。

強力マグネットに糸を結ぶ
STEP

手順1の糸をストローに通し、穴あきビーズに結びます。

糸をストローに通し、穴あきビーズに結ぶ

糸の長さは、強力マグネットがついている方を垂らしたときに釣り竿っぽくなる長さにしてください。

小さい子が持つ場合、あまり長すぎても床についてしまいます。
なので糸の長さはしっかり調整が必要です。

ちいくまちゃん

身長にあったサイズで作ってね~。

簡易版釣り竿の作り方

強力マグネットに糸を結び、もう一方をビニールテープで割りばしに巻きつけます。

割りばしに巻きつけて釣り竿を作ることもできる

以上で釣り竿パーツはできあがり。

魚釣りおもちゃがもっと盛り上がる工夫

これだけでもじゅうぶん遊べる魚釣りおもちゃですが、もっと盛り上がる工夫をご紹介します。

名前を覚えよう

裏面に名前を書いておくと、釣った魚の名前を覚えるのに役立ちます。

裏面に名前を書く

年齢が大きくなったら、学習要素をプラスしても良いですね。

魚の一覧表をつくっておき、順番に探して釣ってみたり。
かるたのように早いもの順にすると盛り上がりそうです!

ちいくまちゃん

反射神経が鍛えられるんだな~。

ポイント制にできる

裏面に点数を書くとポイント制になります。
大きさで点数を変えても良いですし、魚種ごとに変えても面白いです。

ちいくまま

シールで貼るとその時々で点数が変えられるので便利ですよ。

ポイント制にしても手作り魚釣りおもちゃは盛り上がる

家族みんなで競って楽しめますよ!

魚釣りで遊んでみよう!遊び方紹介

魚の種類を増やすとちょっと作るのが手間ですが、最初は少なめに作っても遊べます。
これがきっかけでお魚にも興味ができるかも?

対象年齢

1歳半ごろ~。
座れてモノが持てれば遊べますが、小さい子は魚や部品を手づかみで食べないように注意です。

知育のポイント
  • 手先を使って器用さ&集中力アップ
  • 魚釣りを疑似体験! 新しい世界への興味が広がる
  • お魚の名前や姿を覚えて記憶力&知識量アップ

床に青い布を広げると、まるで海!
その上に魚を並べれば、海を泳いでいるように見えます。

青い布の上に魚を並べたところ

布はリトミックで使っているオーガンジー素材にしました。
手芸店でお安く購入できます。
青系なら何でも良いと思います。

まずはパパやママがお手本を見せてあげましょう。

釣り竿の先を魚の口に近づけて……

魚に狙いを定めているところ

ぴとっ!
釣れました♪

磁石で魚を釣り上げたところ

魚を狙うのに集中力が必要なものの、磁石で簡単に釣れるから小さい子でも「できた!」を楽しめるんです。

釣り竿のビーズ部分を引っ張ると、魚を引き上げることができます。

釣った魚はお皿に入れましょう。

手作り魚釣りおもちゃで遊ぶ赤ちゃん
釣った魚はお皿に入れよう
ちいくまま

1歳3ヶ月の娘でも、こんなに釣ることができました♪

▼牛乳パックの船を並べて置いても、海っぽさが出るかもしれません♪

魚釣りおもちゃで知育しよう

おうちにいても魚釣り気分が味わえる「魚釣りおもちゃ」。
反射神経や集中力が鍛えられ、知育にも効果ばつぐん!

家族やお友達と勝負するというのも、良い脳育てになります。
ぜひみんなで楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる