MENU
いま読まれている記事
おすすめ幼児教材

3分で無料サンプル動画が届く

★今なら無料で20分のDVDもらえます★

▼使って出た効果▼
ミライコイングリッシュの口コミレポ!見せるだけで上達する教材がすごかった!【本音レビュー】ミライコイングリッシュの効果がスゴイ!見せるだけで英語が上達するワケは?
オウチーク!運営者

オウチークのちいくまま

ちいくまま

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタート。
オススメの知育教材・絵本など、楽しくて確かな情報をお届けします。
知育玩具の作り方&型紙配布も活用してくださいね♪

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!

詳しいプロフィール

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

おすすめ知育グッズを紹介

わたしのROOMバナー

オウチーク問い合わせバナー

育児本・幼児教育本が読み放題!Kindle Unlimited

輪投げを手作りしよう!簡単シンプルなのに家族みんなで遊び尽くせます

この記事では、輪投げを手作りする方法をご紹介しています。

輪投げはシンプルな遊びながら、投げる力だけでなく狙いを定める集中力も養われる、立派な知育おもちゃなんです。

ちいくまちゃんのアイコン画像ちいくまちゃん
ただのお祭りのあそびだと思ってた!

土台にはダンボールを利用したものとペットボトルを利用したものの2種類をご紹介!
簡単に作れてデコレーションも自由自在なので、可愛く作ることも可能ですよ♪

夏祭りやクリスマス会の幼児向けレクリエーションとしてもおすすめです。

目次

手作り輪投げの材料と道具

輪投げはおうちにある廃材や100円ショップの材料を使ってお手軽に作れます。

材料

ダンボールの土台にする場合
  • ダンボール
  • 紙皿*型用
  • 色画用紙*支柱用

手作り輪投げの材料のダンボールと道具

ペットボトルの土台にする場合
  • 空のペットボトル
  • 絵の具 または 水性ペン
  • ビニールテープ

ペットボトルも輪投げの支柱になる

  • 包装紙
  • ビニールテープ

輪投げの輪っかを作る材料

道具

  • はさみ
  • セロテープ
  • ボンド
  • あれば千枚通しやキリ
  • あればタピオカストロー

手作り輪投げの土台と輪の作り方

手作り輪投げの土台と輪の作り方を解説していきます。

ダンボールの土台の作り方

手順1
ダンボールに紙皿を乗せ、型を取ります。
紙皿は18cm~20cmくらいの大きさがあると、土台にしたときに安定します。
ちいくままのアイコン画像ちいくまま
紙皿がない場合は、型を取らず四角形でもOKです。

3枚分行います。

輪投げのダンボールの土台の作り方
手順2
型をハサミで切り取ります。

型をハサミで切り取ったところ
手順3
土台の真ん中に穴をあけます。
千枚通しを使うと簡単に穴があけられます。
後から芯を通すので、大きめにあけましょう。
ちいくままのアイコン画像ちいくまま
穴を大きくするにはハサミを使うと良いですよ。

これも3枚分行います。

土台の真ん中に穴をあける
手順4
ダンボール3枚分をボンドで接着します。

ダンボール3枚分をボンドで接着
手順5
次に、支柱を作ります。
色画用紙の端にタピオカストローや棒など細いものを乗せ、クルクル巻いていきます。
巻き終わりはテープで留めます。

色画用紙の端から巻いていく
色画用紙を巻いたところ
巻き終わり
手順6
支柱の端を切り落とします。
中の棒は取っても大丈夫。
しっかり巻けば、棒がなくても意外と丈夫なんです!

支柱の端を切り落とす
手順7
支柱をダンボールの穴に通します。
通した先はハサミで広げ、テープで接着します。

支柱をダンボールの穴に通しテープで接着したところ

以上で土台は出来上がり。

ダンボールの支柱の出来上がり

ちょっとアレンジして、支柱の先に折り紙で旗をつけてみました。
目印にもなって◎。

支柱の先につけた旗

ペットボトルの土台の作り方

ペットボトルの土台の作り方

絵の具で着色する場合

絵の具をペットボトルに少量入れ、後から水を入れて色水を作ります。

ちいくままのアイコン画像ちいくまま
フタを閉めてよく振ってくださいね。
水性ペンで着色する場合

水性ペンで届くところを塗っていきます。
色がついたら、後から水を入れて色水を作ります。

フタが開かないようによく閉め、ビニールテープを巻きます。

ペットボトルはフタが開かないようにビニールテープを巻く

輪の作り方

輪はとっても簡単にできあがります!

包装紙を細く巻き、輪っか状にしたら端をビニールテープで巻くだけ!

輪投げの輪の作り方

ちいくままのアイコン画像ちいくまま
小さい子でも出来る作業なので、ぜひ一緒に作ってみてくださいね。

ちなみに、輪の大きさで難易度が変わってきます。
輪が大きいほど的に投げ入れるのが簡単になるので、大き目のものをいくつか作っておくと良いと思います。

手作り輪投げで遊んでみよう

まずは近くから投げてみましょう。

まだ投げ入れる動作が難しい子は、輪を持ってポトンと支柱に入れるだけでも楽しんでくれますよ。

手作り輪投げで遊んでいるところ

うちの娘(1歳10ヶ月)は輪を帽子に見立てて被っていましたが(汗)。
気分が乗るとどしどし支柱に輪をしまってくれたりもします。

輪っかをかぶった赤ちゃん

手作り輪投げの遊び方【アレンジ例】

手作り輪投げの輪っかを投げ入れたところ

手作り輪投げは子どもの成長に合わせて遊び方を変えることができるのも良いところ。

ちょっと年齢が上がると、ただ的に投げ入れるだけでは飽きてしまうかもしれないので、ゲーム要素を取り入れてみるのもおすすめです。

支柱にキャラクターのイラストを貼る

投げる目当てになりますし、好きなキャラクターを狙って楽しめます。

支柱をいくつか作り、点数を貼る

点数を競って遊べます。
競いあうことで、達成感を感じることもできるんです。

支柱を複数の色で作る

輪と同じ色のものを狙って遊びます。

ペットボトルの中に、色水の代わりにお菓子を入れておく

射的の要領で、好きなお菓子を狙って遊べます。
レクリエーションにおすすめ!

子どもも大人も楽しめる遊び方を考えてみてくださいね!

輪投げでおうちプチスポーツを楽しもう

輪投げはシンプルだからこそみんなで楽しめるおもちゃです。
おうちにあるもので簡単に作れるので、家族みんなで盛り上がっちゃいましょう♪

老若男女問わずできるちょっとしたスポーツなので、ストレス発散にもつながりますよ。
距離でハンデをつけたら大人VS子どもでも、勝負の行方はわからなくなります。
意外とパパママもハマるかもしれませんね!

スポンサーリンク

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる