0歳からの『頭のいい子を育てる』絵本がおすすめ!

ワールドワイドキッズのフォニックス教材リニューアル!全内容紹介します【画像付き】

リニューアルしたワールドワイドキッズのフォニックス教材

ワールドワイドキッズ(WKE)のフォニックス教材が2019年にリニューアルしました!

WKEではフォニックスを積極的に取り入れています。
これを目的にWKEを選んだという人もいるのではないでしょうか。

ちいくまま

フォニックスって聞きなれない言葉だけど、どんなもの?
フォニックスとは、つづりと発音の基本的な規則を学ぶ勉強法
アメリカをはじめとした諸外国でも使われているそうです。

一部で賛否があるようですが、英語圏で広く受け入れられていて色々な研究結果も出ています。
なので、信頼できる勉強法なのは間違いなし!
※フォニックスの有用性については、また別の記事で掘り下げますね!

我が家でもさっそくWKEのフォニックス教材セットを導入!
この記事では、フォニックス教材セットをなぜ買ったのかと、セットの内容についての紹介をしていきます。

フォニックスはどこが良いの?

フォニックスの良さは、かなりの英単語を字で見た時点で発音できるようになるというところ。
さらに聞いた単語を文字で書くこともできるようになります。

スペルや発音を細かく覚えなくても、意味さえわかれば書いたり読んだりできるようになるんですよ。

ちいくまま

私も学生時代にフォニックスを学びました(中高一貫私立です)。
学習能率UPにもつながったので学んでよかったと思っています。
そっか~。良いこといっぱいだね~!

ちいくまちゃん

日本語で言うと、漢字の部首を覚えてから勉強すると効率が良い、というようなイメージです。
草とか花とか、くさかんむりの付く漢字はだいたい植物に関係がある、と知っていた方がわかりやすいですもんね。

フォニックスは2020年から学校教育でも使われる?

幼児英語関連のチラシやサイトで「フォニックスが2020年から小学校で始まる」という文言を見たことがある方もいるのでは。

ちいくまま

それって本当?

2020年から新小学校学習指導要領が使われるようになります。
それに関して、文部科学省の出している資料には以下のような一文がありました。

『具体的には、「読むこと」「書くこと」に関しては、英語の文字の名称の読み方を、活字体の文字と結び付けて発音すること、4 線上に書くことができることが求められる。』

参考小学校外国語活動・外国語 研修ガイドブック
p13より引用

フォニックスという言葉は使っていません。
が、「英語の文字の名称の読み方を、活字体の文字と結び付けて発音すること」とほぼ同じ意味と考えられます。
ということで、小学校でのフォニックス導入はかなり真実味があります。

学習を進めやすくするためにフォニックスを使うのが本筋ですが、評価の対象になったりする可能性も。
私たちの家庭としては英語習得をスムーズにするのが主目的ですが、副次的にそうした部分の評価も得られたらラッキーというスタンスでおります。

ワールドワイドキッズ(WKE)のフォニックス教材はこんな感じ!

ワールドワイドキッズ(WKE)は2019年4月からのリニューアルとして、フォニックスにかなり力を入れた構成になりました。

実は従来もセット以外にもフォニックスは含まれていて、DVDなどに入っています。
ですが新しいバージョンになって、以下の教材が追加に。
一部の教材と差し替えて、大幅にフォニックスの教材が増えました。

リニューアルしたワールドワイドキッズのフォニックス教材

リニューアルしたワールドワイドキッズのフォニックス教材

  1. フォニックス DVD2枚
  2. 音声ペン(Wonder Touch)
  3. 図鑑ボードブック 6冊
  4. フォニックス絵本 4冊
  5. アルファベットポスター
  6. フォニックスパズル
  7. フォニックスワークブック(英語のぬり絵や迷路など)
  8. パパママ向け声掛けシート

ちいくまま

かなりのボリュームね!

2019年より前にスタートされた方にはおそらくフォニックスのみの追加セットの宣伝が来ていたはず。
我が家で購入したのもそちらです。

2019年5月末までなら割引価格で買えるので、まだフォニックス教材セットを買っていないおうちはお早めに!

MEMO
我が家は旧バージョン+フォニックス教材セットという形で買っています。

音声ペン(Wonder Touch)は全部と連動!

フォニックス教材の音声ペン(Wonder Touch)

フォニックス教材のメインとも言えるアイテムがこの音声ペン
図鑑、絵本、ポスター、パズル、声掛けシートと連動しています。
フォニックス以外の内容にも対応している、2019年版メインコンテンツとも言えるでしょう。

パパが持つとこんな感じのサイズ感。

フォニックス教材の音声ペンを持ってみたところ

Wonder Touchをパパ持っているところ

ワールドワイドキッズのフォニックス教材をお試ししているところ

Wonder Touchを娘が持っているところ

大人が持つと小さく見えますが、10ヶ月の赤ちゃんが持つとけっこう大きいかも。
1歳過ぎた頃にはちょうどよくなっているかな?

こんな風に垂直に押して使います。

音声ペン(Wonder Touch)で図鑑ボードブックをタッチしているところ

単語の確認だけではなく、ゲームやMimiちゃんとのおしゃべり、歌をうたってくれる機能も!
図鑑のフォニックスコーナー、絵本のフォニックスアクティビティなどでいっぱい遊べます。

図鑑ボードブックで全方位学習

ワールドワイドキッズのフォニックス教材の図鑑ボードブック

ボリュームたっぷりな図鑑ボードブック。
子どもにもめくりやすくて、一冊約30ページの大ボリュームです。

図鑑ということで、各ステージのフルーツや動物などの絵がたくさん載っています。

図鑑ボードブックの中身

リアルな写真なのでイメージがわきやすいですし、イラストも可愛い!

フォニックスは最終ページにまとめてドン! とあります。
DVDの復習として使っても良いですし、逆に予習として使ってもOKです。

図鑑と言いつつお話も載っていますよ。

図鑑ボードブックのミミちゃんのお話

音声ペンとの連動で、見た目や単語のスペルだけではなくて発音も理解できちゃう全方位学習が可能です。

フォニックス絵本は工夫たっぷり

ワールドワイドキッズのフォニックス絵本の中身

太めの猫ちゃんの絵がかわいい『Pat the Cat』はフォニックス絵本の1冊目。
くりぬかれた右上部分を見ていただければわかる通り、「at」に注目した内容です。

くりかえし「at」がつく言葉が登場するので、「at」はこんな音! というのが定着する仕組み。
見た目にもわかりやすいですし、音声ペンやDVDとも連動しているのでネイティブの発音が身につきます。

ちいくまちゃん

ゲームもついてて楽しい~!
ほかの3冊も音声ペンやDVDとの連動あり、色々な工夫ありで楽しくフォニックス学習が進みますよ。

その他のフォニックス教材も充実

フォニックス教材のパパママ向け声掛けシート

ポスターやパズルなど、日常的にアルファベット、フォニックスに触れられるアイテムも充実しています。
ポスターと声掛けシートは目立つところに貼って、いつでもチェック!
音声ペンで気軽にタッチできるようにしておくと、なおのことグッドです。

フォニックス教材の値段は?

現在ワールドワイドキッズを受講中で、フォニックス教材をお持ちでない方は、別途購入が可能です。

2019年5月までの先行申し込み価格は、フルセットで32,400円
2019年6月~は、1万円ほど高くなる予定だそうです。

また、参考までに、個別で購入した場合の価格をまとめてみました。
※すべて税込み価格です。

フォニックス DVD2枚1枚2,484円
音声ペン(Wonder Touch)9,000円
図鑑ボードブック 6冊1冊3,024円
フォニックス絵本 4冊1冊1,944円
アルファベットポスター1,404円
フォニックスパズル2,160円
フォニックスワークブック(英語のぬり絵や迷路など)1,080円
パパママ向け声掛けシート500円

ちいくまま

音声ペンがけっこう高い!
以前の教材にあったサウンドボードが7,000円なので、2,000円も高くなっています。
これは小型化&高性能化しているためだと思われます。

ワールドワイドキッズでフォニックスも楽しみながらマスターしちゃいましょう

フォニックスをマスターすれば、英語力アップが効率的にできちゃいます。
早いうちから、しかも子どもにとっては遊びの延長で習得できるならぜひやってあげたいですよね。

ちいくまちゃん

楽しく学べるのって、いちばん良いよね!

WKEなら楽しくフォニックスがマスターできるので、とっても良い感じです。
親も一緒にできちゃうので、親子で英語力アップ間違いなし!
ぜひやってみてくださいね。

▼フォニックス教材もおうちでお試しできます。無料体験のレポはこちら♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です