MENU
いま読まれている記事
オウチーク!運営者

オウチークのちいくまま

ちいくまま

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタート。
オススメの知育教材・絵本など、楽しくて確かな情報をお届けします。
知育玩具の作り方&型紙配布も活用してくださいね♪

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!

詳しいプロフィール

オウチーク問い合わせバナー

育児本・幼児教育本が読み放題!Kindle Unlimited

超簡単!タングラムパズルを手作りしてみよう。親子で遊びながら図形感覚が身につく!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

タングラムは、形と大きさが異なる7つのピースを使ってシルエットを作るパズルです。
遊びながら子どもの図形感覚や想像力、考える力が身につく優れモノなんですよ。

この記事では、タングラムのとても簡単な作り方をご紹介します。
厚紙やダンボールで作ることもできますし、我が家が作ったようにマグネットシートでも作れちゃいますよ。

マグネットで作ったのは、娘が気に入っているニトリのホワイトボードで遊ばせたかったから。
ペタペタ貼って、いろいろな絵を作っています。

シンプルながら奥が深い、図形おもちゃを作ってみましょう!

ちいくまま

テンプレートも用意してあるので、ぜひご活用ください。

目次

タングラムの作り方と材料

タングラムで作れる図形いろいろ

さっそくタングラムマグネットの作り方をご紹介していきます。

マグネットの良いところはズバリ!
冷蔵庫に貼ったり、ホワイトボードに貼って遊ぶことができるところ。
完成した作品はそのまま飾ることもできて良いですよ。

タングラムのピースは以下の7つ。

タングラムの7つのピース
  • 大三角形……2つ
  • 中三角形……1つ
  • 小三角形……2つ
  • 正方形……1つ
  • 平行四辺形……1つ

自分で線を引いて切り分ければできあがります。

ちいくまちゃん

とってもシンプルだね!

用意する材料

  • マグネットシート(※厚紙、ダンボール、折り紙などでも可)

用意する道具

  • ホワイトボードマーカー
  • ホワイトボードイレーザー(ホワイトボード消し)
  • 定規
  • カッター または ハサミ

マグネットシートは100均ならどこでも売っています。
おすすめは、ダイソーの「書いて消せるマグネットシート」

タングラム作りに使う100均のマグネットシート

ホワイト、青、赤、黄、緑の5色があり、それぞれ切って組み合わせればカラフルなパズルが完成します。
A4サイズと大きさもあるので、余ったらマグネットシールなどにも活用できますよ。

ここでは、12cmのタングラムを作ります。
大きさはお好みで変えてくださいね。

作り方

STEP

まず、ホワイトボードマーカーで12cmの正方形を書きます。
正方形を4つにわけるようにガイド線を引きます。

ホワイトボードマーカーで12cmの正方形を書く
STEP

右上と左下、二つの角の頂点を結ぶ線を引きます。
さらに、それに並行する線を引きます。

右上と左下、二つの角の頂点を結ぶ線を引く
STEP

手順2で引いた線と反対に、2本の線を引きます。

注意
引かないところもあるので注意!
STEP1と2で引いた線と反対に、2本の線を引く
STEP

中心の下に線を引きます。

中心の下に線を引く
STEP

ホワイトボードイレイザーでガイド線を消します。

ガイド線を消す
STEP

残った線に従って切り取ります。

線に沿って切り取る

以上でできあがり。
残った線はホワイトボードイレイザーで消してくださいね。

注意
厚みがあるマグネットシートやダンボールの場合、カッターで切るときによ~く押さえないとずれやすいです。
注意して切ってくださいね。

私は青、赤、黄の3色で作りました。
それぞれ組み合わせるととってもカラフルで可愛いですよ♪

3色のマグネットシートで作ったタングラム

タングラムのテンプレートも無料配布しています

線の通りに切り分けると、タングラムができあがるテンプレートを配布しています。

タングラムのテンプレート

以下のボタンをクリックすると、PDFファイルが開きます。
切り取って厚紙やダンボールに貼り、線の通りに切り分けてください。
色紙を貼るとカラフルで楽しい見た目になりますよ。

タングラムで遊んでみよう

タングラムで遊ぶ1歳の子供
タングラムの知育ポイント
  • 図形感覚を自然に習得
  • 貼ったりはがしたりしながら指先トレーニング
  • どんな図形ができるかな? 想像力アップ

まずは子どもの自由な発想に任せて並ばせてみましょう。
ピースをバラバラにして子どもに渡せば、自分から作品を作り始めるはず。

1歳6ヶ月時点で娘が作った作品がこちら。

1歳6ヶ月時点で作ったタングラム作品

他のマグネットと組み合わせて遊んでいました。
赤でかためたパズルとムームーちゃまが意味深ですが……。

次が1歳8ヶ月の時に作った“ネコ”(だそう)です。

1歳8ヶ月の時に作ったネコ

こうして見ると、頭の中で何かを組み立てているようなそぶりが見えますね。

ちいくまま

角をピッタリ合わせているのもなんだか意味がありそう。

タングラムの収納方法はどうする?

タングラムマグネットは、そのままホワイトボードや冷蔵庫に貼り付けて保存することができます。

ちいくまちゃん

次の日に続きから遊ぶこともできるね~。

我が家ではお絵描きもできるようにと、遊んだ後はタングラムを袋に入れて収納しています。
1歳の娘にとっては、袋から出し入れするのも楽しいみたいですよ。

タングラムパズルの収納方法

タングラムで図形遊びを楽しもう

タングラムでどんな図形ができるか図形感覚や想像力が身につく

タングラムの簡単な作り方についてご紹介してきました。
お子さんと一緒に手作りしても楽しいですね。

それでも手作りは大変そう……という方は、市販のものもおすすめです。
くもんやこぐま会などから出ていますよ。

タングラムの魅力はたった7枚の組み合わせが基本なのに色々なものが作れること。
色のバリエーションも増やしたら、もっともっと作れるものの幅が広がります。

タングラムで親子で楽しく図形遊びを始めましょう!

▼ホワイトボードを使った知育方法をご紹介しています。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる