MENU
いま読まれている記事
オウチーク!運営者

オウチークのちいくまま

ちいくまま

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタート。
オススメの知育教材・絵本など、楽しくて確かな情報をお届けします。
知育玩具の作り方&型紙配布も活用してくださいね♪

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!

詳しいプロフィール

オウチーク問い合わせバナー

育児本・幼児教育本が読み放題!Kindle Unlimited

ホワイトボード育児って知ってる?実際に試したら知育に役立った!実例をご紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ホワイトボード育児という言葉をご存じですか?

少し前に育児書でホワイトボードが知育に役立つと紹介されたことから、インスタグラムを中心に火がつきました。
ホワイトボード、地球儀、図鑑が“頭が良い子が育つ三種の神器とも言われているんですよ。

ちいくまま

ホワイトボードは子どもが賢くなる秘訣ってことかしら?

我が家も巨大ホワイトボードを愛用中!
この記事では、ホワイトボードの具体的な使い方をご紹介するとともに、どんなところが知育に役立つのかをまとめてみました!

具体的な使い方もご紹介していますので、知育に役立てたい! というパパママはぜひ参考にしてくださいね♪

目次

子どもスペースに設置したホワイトボードはコレ

我が家はリビングの子どもスペースにホワイトボードを設置しています。

▼使っているのはニトリの巨大ホワイトボード

我が家のホワイトボード育児

Lサイズ(90cm×60cm)・1,048円(2020年9月現在)

この大きさが知育に向いているポイント!
遠慮なく使えるから良いんですよね。

実際、幼児教室でも大きなホワイトボードが置いてあるところが多いです。

ニトリ製は枠が木でできており、ナチュラルで子どもスペースにも良く合います!
各種マグネット、ホワイトボードマーカー、イレイザーも手に取れるように貼り付けてあります。

ホワイトボードの知育アイディア。こんな遊びをしています

娘が1歳半から、ホワイトボードを知育に役立てています。

主な知育遊びの内容をまとめてみました。

お絵描き

娘は生後9ヶ月の時に幼児教室でクレヨンデビュー。
1歳のお誕生日にもクレヨンをプレゼントしたので、かなり小さいうちからお絵描きに親しむようになりました。

お絵描きにはまっているところ

お絵描き帳やスケッチブックよりもはるかに大きいホワイトボードには大興奮!
すぐに大作に取りかかっていました。

遠慮なく描ける大きさだから、ワクワクしちゃいますよね。

1歳8ヶ月になると、イレイザーや指で気に入らないところを消せるようにもなりました。
気が済むまでやり直すことができるので、満足がいく作品を作れて嬉しいみたい♪

1歳9ヶ月になりたてのときの絵がこちら。

ホワイトボードの知育アイディアその1お絵描き

真ん中がアンパンマン、赤くて丸いのがパンケーキだそう。

アンパンマン、パンケーク完成よー! パンケークいっぱいでうれしそうねー!

※英語をやっているのでパンケーキがパンケークになっています(笑)。
ホワイトボード全面を使って大作を描いてくれました。

ちいくまま

描いたものを残しておけるのも嬉しい♪

マグネット遊び

ホワイトボードの知育アイディアその2マグネット遊び

ニトリのホワイトボードには付属の磁石が4つついていたのですが、シンプルな黒で味気ない!

そこで、娘が興味を持ちそうなマグネットおもちゃを自作してみました。

などなど……。
その時々の興味に合わせて、組み合わせて遊んでいます。

思う存分遊べるのがホワイト

たーくさん貼ってもまだ余白があるので、背景を描いたりもできます。

1歳9ヶ月現在は、おもちゃを規則的に並べることにハマっています。
気に入った向きになるまで何度もやり直したりも。

▼こんな風に種類ごとに整列させています。

整列させたマグネット

マグネットを貼ってはがすだけでも手指の運動になっていますよ♪

いずれはマグフォーマーやピタゴラスを購入して、立体図形学習にも役立てたいと思っています。

▼それぞれのマグネットおもちゃの作り方は以下の記事でご紹介しています。

文字の練習

文字への興味が出てきた娘のために、色々な文字を書いてあげています。

まずは自分の名前のひらがなから。
何度か書いているうちにスグに覚えました!

大きなスペースに書くことで文字が大きくなりますし、記憶に定着しやすいのかも。

ホワイトボードの知育アイディアその3文字の練習

自分で書けるようになったら、書き順やトメハネなどの確認にも役立ちそう!
大きな文字なら、親もチェックしやすいですよね。

できるまで何度も練習できます。

算数の練習

これも数字に興味がある娘のために。

おはじきのように、手で取れるもので計算すると見たまま理解しやすいですよね。
マグネットを使って数を数えたりしています。

▼イラストを描いて、「これはいくつ?」といった質問もできます。

ホワイトボードの知育アイディアその4算数の練習

数値にかかわる「多い・少ない」、「高い・低い」といった反義語も説明しやすいです。

小学生くらいになると、本格的に算数の問題を解くのに使えそう。
広いスペースだから筆算や複雑な問題も解き放題!

お仕度ボードに!

保育園ママ・幼稚園ママの間で大流行の「お仕度ボード」。
要は子ども用のTODOリストで、朝の身支度や持ち物など、やるべきことをマグネットで可視化してできるようにするためのものです。

この投稿をInstagramで見る

宗形学(@manabu0926)がシェアした投稿

やることを書いた表面と、できた! を書いた裏面の両面マグネット形式が多いです。

娘も来年からプレ幼稚園がはじまるので、そのころにはある程度身の回りのことができるようになってほしいところ。

ちいくまま

そのころになったら自作したいと思います!

ボードゲーム

  • 〇×ゲーム
  • 文字の穴埋めゲーム
  • 穴埋め計算

など、ホワイトボードマーカーで書くだけでできるゲームがたくさんあります。
問題を考えるパパママも脳トレになるかも!

▼高齢者向けの記事ですが、ホワイトボードを活用したゲームがたくさん紹介されていて参考になります♪
参考【高齢者の頭の体操】ホワイトボードがレクに最適!?お勧めゲーム25選

我が家では福笑いを作って貼って遊んでいます。

目や口などの身体のパーツをかたどった紙の裏にマグネットシートを貼るだけでできあがり!
これは目だね、口だね、と、子どもに身体のパーツを教えるのにも役立ちます。

人前での発表の準備

これもまだ先の話ですが……。

最近は小学校からグループディスカッションやケーススタディを取り入れているところも多いとか。
グループごとに調査したことを発表するんです。

いきなり人前で発表するのって、どうしても緊張してしまうと思います。
ホワイトボードがあると、事前に練習ができるのが良いところ。

小さいころから人前で発表することに慣れておくと、のちのち役立つことは間違いなし!
大学のゼミ、就職活動、仕事などなど……。

ちいくまま

私も就活でホワイトボードを使ったプレゼンをしたわね~。

人前で話せるということは、教えられるレベルまでちゃんと理解しているということです。
お子さんの理解度チェックにも使えますね!

子どもの難しい質問に答えやすい

パパママも日ごろからホワイトボードを使うと分かりやすい説明ができるようになります。

子どもは日ごろから「どうして?」と聞いてきますよね。
成長するにつれて、自然現象など科学的なことにも興味を持つようになります。

ちいくまま

雨はなぜ降るの? といった素朴な疑問であっても、言葉で答えるのって難しい!

そんなときにホワイトボードを使って図解すると、言葉だけでは伝わらないようなことも説明できます。

ちいくまちゃん

お互いに分かりやすくなるね~。

分かりやすいニュース解説には図解やイラストがつきものですよね!

お子さんの質問に答えてあげられると、質問する意欲もアップしますよ♪

作品を飾れる

気に入った作品をマグネットで飾ることができます。

ホワイトボードを子どもの作品コーナーにする

園や小学校に入ると、持ち帰る作品も増えますよね。
ホワイトボードをリビングに配置すれば常に目に入るので、子どもの満足度がアップ!
さらにほめてあげれば、自己肯定感も上がります。

ちいくまま

作品用にもうひとつ買い足しても良いわね!

ホワイトボードの知育効果で期待できるポイントは?

ここまで書いてきたように、ホワイトボードはバラエティに富んだ知育遊びに活用できます。
色々な用途に使えるというだけでもお得な感じがしますよね。

そこで気になるのは、実際にどんな知育効果が出てくるか。
ホワイトボードを活用するとどのような効果が実感できるのか、改めてまとめてみたいと思います。

表現力がアップする

ホワイトボードのように大きなキャンバスを使うと、枠組みにとらわれない自由な表現ができます。

  • 表現力
  • 想像力
  • 集中力
  • 色彩感覚
  • 空間認識能力

などの向上に役立ちます。

何度も描いたり消したりできるので、くり返し取り組むことで絵が上手になりますよ。
手書きの絵とマグネットなどを組み合わせることで、さらに面白い表現ができたりも。

ちいくまちゃん

自由な発想ですごい作品ができちゃったりするんだよね~。

子どものリクエストで絵を描いたりもする

くり返し絵を描いたりマグネットを貼ったりしていく中で、器用さが増すことでも指先の表現力が向上します。

また、自分の頭で考えながらの作業となるので、頭の中の表現力も向上。
頭と体の両面から表現力の向上が期待できるのです。

文字や数字が覚えられる

絵だけではなく、文字や数字を覚えるのにもホワイトボードは役に立ちます。

  • スペースが広いから細かいところも書きやすい
  • 何度も書き直すことができる

特に紙よりも優れているところは、くり返し消しても破れずキレイに消えるところでしょう。

紙の場合は何度も消しているうちに、破れたり文字の跡が残ってしまうもの。
ホワイトボードの場合はその心配がないので、遠慮なく何度も練習ができるんです。

子ども自身が書くのもそうですが、親が書いて見せてあげるのにも向いています。
大きく文字を書くことで、子どもも目で手の動きを見ながらやり方を吸収できるんですね。

子どもの手をにぎって一緒に文字を書くのも、スペースが広い分やりやすいです。

プレゼン力がアップする

ホワイトボードを使いながら親子で会話をする中で、子どもの「説明する力」を伸ばすことができます。
意識的に発表形式で遊ぶことももちろんですが、描いた絵などについて話をするだけでもプレゼンの力を伸ばす手助けになるんです。

自分の考えをしっかり話すことがプレゼンの基礎。
図や絵などを交えながら説明することができるようになれば、応用力もどんどん増していきますよ。

これからの社会では、自分の考えを発表する場面が増えていきます。

学校でも授業で色々な発表をする形式が多く取り入れられているのが昨今の風潮。
プレゼンする力が求められているのです。

ちいくまちゃん

思ったことがしっかり話せるって大事なんだな~。

自ら行動する力を育てる

ホワイトボードをお仕度ボードとして活用することで、やるべきことが可視化されます。
子ども自身がやるべきことを理解しやすいので、自発的に動けるようになります。

支度ができたら達成感を味わえるもの。
パパママもホワイトボードを確認して「できた!」に共感してあげることで、もっとやる気を引き出してあげられます。

ホワイトボードは色々と自分でやりたいように遊べるツールであるところも思考力アップにつながる要素。
子どもなりの遊び方を自分で開発することに向いています。

ちいくまま

「やってみたい!」という気持ちは自分で行動するための原動力です。

子ども自身のやる気が自然と引き出せるから、行動力アップが期待できるんですね。

ホワイトボード育児で子どもの力を引き出そう!

ホワイトボードを育児に役立てよう

ホワイトボードを活用すると、子どもの可能性を引き出してくれるんですね!
知育にあんまり興味がないという家庭にも、子どもと一緒に遊べるツールとしてぜひ取り入れてほしいと思います。

どんなホワイトボードにしようかお悩みであれば、我が家も愛用中のものをおすすめします。
Lサイズは大きくてお値段もお手頃。
軽いので、万が一倒れてもけがの心配が少ないです。

ホワイトボードをフル活用して、どんどん子どもの可能性を伸ばしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる