カテゴリー
お得に知育
KindleUnlimitedおすすめ本バナー
ミライコイングリッシュ紹介制度でギフト券
七田式オンラインサロンバナー
2020最新|ベネッセ無料プレゼント総まとめ!本やお名前シールがもらえるキャンペーンの内容は?
知育無料ダウンロード教材一覧ページ|オリジナル素材から厳選トップサイトまで-1
ちゃみ:運営者
おもちゃクリエイター・ベネッセ幼児教材アンバサダー・明治クラフトアンバサダー

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタートしました。


ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!


オウチーク問い合わせバナー
無料で使える知育体験 クーポンやプレゼントをもらう

祝!トイサブに木琴おもちゃ登場!利用者共創だから子どもの満足度も高かった!

トイサブにオリジナルおもちゃ登場!利用者共創だから子どもの満足度も高かった!

おもちゃサブスク「トイサブ!」に、オリジナルおもちゃが登場!
なんと、トイサブ!のプライベートブランドなんです。

全3種類のうち、今回我が家に届いたのは、ベビー用の木琴「小さな太陽」

レンタル終了時にすべてのおもちゃの評価をもらっているトイサブ!だからこそ作れた一品と言っても過言ではありません!

トイサブ!サービスの良さは「トイサブ(toysub)を169名が口コミ!最大手だけある納得のサービス内容をブログレポ」という記事でも書いています。

ちいくまちゃん

アンケートでも人気でびっくりしたよね!

ちゃみ

とにかく、子どもの使いやすさを考えて、とことん研究されたおもちゃでした!

遊んでみてとっても良かったので、トイサブ!プライベートブランドのおもちゃのことや、リクエスト方法などをまとめます。

おもちゃのリクエストをするときに、ぜひお役立てくださいね^^

\申し込みページはこちら/

  • 最大手だから安心して利用できる
目次
この記事の著者
ちゃみノーマルアイコン
ちゃみ

ちゃみ( インスタ @charmytoko

元教師。Instagramフォロワー10万人の知育おもちゃクリエイターママ。
ベネッセ幼児教材公式アンバサダー&明治クラフトアンバサダー。
子どもの発達をバッチリ研究しています。

トイサブ!がオリジナルおもちゃを作っちゃった!

2022年8月現在、トイサブ!では3種類のオリジナル製品を開発・提供しています。
実はこの製品開発のとき、利用者から集めた様々なデータが活用されているんです!

トイサブ!では、おもちゃのレンタル終了時にすべてのおもちゃの評価をお客さんからもらっています。

トイサブ!がサービスを開始したのは2015年。
今日まで7年間、なんと10万件以上のおもちゃ評価データを受け取ってきたみたいですよ。

ちゃみ

10万件って、まさにビッグデータ!
どんなおもちゃがどの月齢の子にウケるのかが見えてるのね~。

おもちゃサブスクサービスの先駆けといえるトイサブ!だからこその強み。
そしてその強みを生かせる形がプライベートブランドということですね。

▼社長さんのインタビューです。

どのメーカーの商品がお客さんから評判で、どのメーカーの商品がお客さんから評判ではないかがわかるので、これをもとにメーカーとの会話もできます。

メーカーとしては、なんでこのおもちゃは適齢の月齢に与えているのに、遊ばないのか?といった情報は直接とることができないので、トイサブ!が窓口となって、メーカーへのフィードバックを行うんです。

そうすることで、製品開発にも活かすことができます。

解約率たった3%!おもちゃのサブスク「トイサブ!」インタビュー

そんなトイサブ!のオリジナル製品は、今のところラトル、木琴、積み木の3種類。

どれもシンプルかつ自然な風合いの木製おもちゃです^^

  • 第一弾:ベビー用ラトル
  • 第二弾:『トイサブ!』の木琴 小さな太陽
  • 第三弾:『トイサブ!』の積み木 森の芽
スクロールできます
第一弾第二弾第三弾
製品名『トイサブ!』のラトル 珊瑚色『トイサブ!』の木琴 小さな太陽『トイサブ!』の積み木 森の芽
製品画像『トイサブ!』のラトル 珊瑚色
出典:トイサブ!
『トイサブ!』の木琴 小さな太陽
出典:トイサブ!
『トイサブ!』の積み木 森の芽
出典:トイサブ!
ジャンル木製玩具、おしゃぶり、ガラガラ木製玩具、楽器木製玩具、積み木
販売価格(※)3,300円12,100円11,000円
対象年齢0歳3ヶ月以降0歳6ヶ月以降0歳10ヶ月以降
主材料国産カエデ材国産カエデ材
マレットは欧州ブナ材
欧州ブナ材
安全性 ST基準(玩具安全基準)をクリアした塗料 ST基準(玩具安全基準)をクリアした塗料 ST基準(玩具安全基準)をクリアした塗料

販売価格は、トイサブ!を利用中の方が新品購入希望される場合の価格です。
会員以外への販売の予定も検討中とのことですよ。
新規申込時に借りたいおもちゃとしてリクエストできるので、良さを体感してみてください♪

ちゃみ

ラトルが、うちで使ってたセレクタ社の「ギラリー・3」に似てる!
トイサブ!のほうは色が日本の伝統色で、とっても素敵♪

▼これがウワサのギラリー・3

ガラガラ(セレクタ社のギラリー・3)で遊ぶ赤ちゃん

0歳で買ってよかったおもちゃの中にも載せていますので、後で読んでみてくださいね。

我が家に届いたのは、オリジナルおもちゃのうちの木琴です。

トイサブ!の木琴「小さな太陽」

木琴おもちゃ

ドレミファソラシドの8音階が正確に奏でられる赤ちゃんのための木琴。
音はきちんと調律されていて、本格的です!

赤ちゃんからでも遊びやすく作られていて、特にウリとしているのは、こんなところ。

  • 叩きやすいように板の幅が広く取られている
  • 赤ちゃんでもつかみやすいマレット
  • ひとつはひもつき、自由にたたけるひもなしの2本

これなら赤ちゃんでも叩く場所で音がちがうことを実感しやすいですし、長く使えば狙ったところをたたく練習もできます。

『トイサブ!』の木琴 おもちゃを叩いているところ
『トイサブ!』の木琴 小さな太陽のバチ

2本のマレットがひもつき、ひもなしなのは、保護者とも使うことを想定しているため。
一緒に木琴を叩くことで「知育」が、一緒に遊ぶことで「幸せな親子時間」が実現できるようになっています。

赤ちゃんだけじゃなくて、ちょっと気軽に音楽に触れてみたいな、というご家庭にもおすすめ。

現に、うちの3歳の娘も楽しく木琴で遊んでいました。

ちゃみ

演奏をせがまれてちょっと大変だったけど……
すごく興味を持っていました!

Instagramに弾いているところの動画を乗せたので、ぜひ聴いてみてください!
スライドしていただくと聴けます。

木琴って知育効果がすごい

トイサブのオリジナルおもちゃ木琴 (1)

子どもに音楽に親しんでほしいと思う方は多いのではないでしょうか。

木琴って、楽器としてもおもちゃとしても、とても優れているんですよね!

ちゃみ

幼少期に触れておきたい楽器ナンバーワン!

私も自分が幼少期から音楽をやっていたので、楽器おもちゃを色々と取り入れています。

でも、音楽は何もメロディだけではありません。
耳が良く、聞く力を養う時期には、いろんな音を聞かせてあげたいもの。

そこで役立つのが木琴です。

叩き方の調節によりいろんな表情の音を奏でられるから、子どもにぴったりなんですよ。

  • 一緒に遊ぶことで社会性がはぐくまれる
  • 目で見て狙ったところを叩くコントロール力が付く
  • 音色に癒される……。

こんなに良いところがあります。

遊び方もわかりやすい

たかが木琴、されど木琴。
ということで、色んな遊び方ができるように遊び方シートがついています。

普通に演奏する以外の遊び方も載っていて、なるほど! となりました。

ちゃみ

木琴で遊ぶことで期待できる知育効果のコラムも良かった!

ちなみに遊び方シートは以下の2パターンがあります。

  1. ラミネートされたブックがついているケース
  2. 木琴の裏のQRコードを読み込んでデータにアクセスするケース

▼我が家はデータでした。スマホで手軽にアクセスできて◎

トイサブおもちゃの使い方は説明書で見られる

トイサブ!のサービスではいつもわかりやすい説明がついてきていますが、そういったノウハウも活かされているのかも?

トイサブ!オリジナルおもちゃ|まとめ

『トイサブ!』の木琴 小さな太陽

トイサブ!のオリジナルおもちゃ、気になる方はぜひリクエストしてみてくださいね。

ただし、在庫の問題や同梱おもちゃ数の関係でリクエストどおりにならないこともありますのでご注意ください。

おもちゃのサブスクでありながらオリジナルおもちゃも開発しているトイサブ!。
唯一無二の存在と言っても過言ではないですよね。

ちいくまちゃん

今後もみんなの声から色々なおもちゃが生まれるのが楽しみ~♪

まだトイサブ!を利用していない方は、ぜひ利用してみてください!

▼みんなの口コミまとめと継続利用中の我が家の利用レポ

もしこれを見て始めてみようかな……と思った方は、ぜひプロモーションコードをまとめた記事でオトクに申し込みをしてみてください。

プロモコード以上にオトクになる申し込み方法もこそっとご紹介しています^^

\申し込みページはこちら/

  • 最大手だから安心して利用できる

スポンサーリンク

読んだらシェア
  • URLをコピーしました!

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次