MENU
いま読まれている記事
オウチーク!運営者

オウチークのちいくまま

ちいくまま

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタート。
オススメの知育教材・絵本など、楽しくて確かな情報をお届けします。
知育玩具の作り方&型紙配布も活用してくださいね♪

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!

詳しいプロフィール

オウチーク問い合わせバナー

育児本・幼児教育本が読み放題!Kindle Unlimited

ペットボトルの水入りガラガラの作り方!五感を使って楽しもう。スノードーム風アレンジも紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事では、「水入りペットボトルのガラガラ」の作り方やアレンジ例について紹介しています。

水の音が楽しめる、ペットボトルのガラガラ!
小さなペットボトルは低月齢の子でも持ちやすく、楽しんでくれること間違いなしです♪

目次

水入りペットボトルガラガラは、耳からも目からも刺激がいっぱい!

キラキラきれいな中身
対象年齢

0歳~。
おもちゃを握って遊べるようになったら作ってあげましょう。

ちいくままのアイコン画像ちいくまま

我が家では、生後3ヶ月くらいから遊びました!

知育のポイント
  • 握る力アップ
  • 動かすと中身が動くので、楽しんで身体能力を養えます
  • 音楽に合わせて振ることで、リズム感や表現力を養えます

材料をそのまま入れたものよりも、音は控えめ。
勢いよく振ってもうるさくならないので、小さな子どもが楽しむのにぴったりのおもちゃなんです。

▼以下の記事では水を入れないマラカスをご紹介しています。

水入りペットボトルガラガラの作り方と材料

用意する材料

材料は、ペットボトルマラカスとほぼ同じです。

水入りペットボトルガラガラの作り方
R1のボトルが水入りペットボトルガラガラにぴったりサイズ
  • ペットボトル(112ml~300mlくらいの大きさ)
  • 中に入れるビーズ、ポンポン、モールなど

大きな音を出すには、硬めの中身を選んで入れると良いですよ。

ペットボトルはこちらがおすすめ。

  • 明治プロビオヨーグルトR-1ドリンクタイプのボトル(112ml)
  • 小さめポカリスエットのボトル(300ml)

R-1のボトルは小さめで、赤ちゃんでも特に持ちやすいと感じました。

ビーズ類は100均の手芸用品売り場で調達したものです。

ちいくままのアイコン画像ちいくまま

たくさん入って使えますよ!

用意する道具

  • ビニールテープ または マスキングテープ
  • プラスチック用接着剤(あれば)
  • はさみ

作り方

STEP

ペットボトルに材料を入れます。

ビーズなど小さなものを入れる場合、紙を丸めてじょうごのようにして使うと入れやすいです。

紙を丸めてじょうごにするとビーズを入れやすい
紙を丸めてじょうごにしたところ

モールは切るとキラキラが飛び散るので、赤ちゃんが食べないように注意してくださいね。

モールは切ると飛び散るので注意
STEP

水を半分くらいまで入れます。
このとき上の方まで入れてしまうと、ちゃぽちゃぽ音が楽しめなくなってしまいますので注意!

ペットボトルに材料を入れ水を入れます
STEP

ボトルの口をしっかり閉めます。
間違って開いてしまうと中身が出てしまって大変です!
力自慢(?)のパパに閉めてもらうのも良いですね。

念のため、閉めたところを瞬間接着剤で留めるのもおすすめです。

ボトルの口をしっかり閉めます

▼お姉ちゃんがこういうことをするので……!
フタはしっかり閉めてください!

飲む人がいるので注意
STEP

フタにビニールテープかマスキングテープを十分に巻きつけて、できあがり。
お好みで本体にシールを貼ったりして楽しみましょう。

フタにビニールテープを十分に巻きつけて、できあがり

ペットボトルの中に入れた水は腐らないの?

ペットボトルの中に入れた水は腐らないのかどうか、気になる方もいらっしゃいますよね。

水道水は塩素により消毒されているため、ある程度は腐りにくくなっています。
現にこのガラガラも作ってから半年以上たちましたが、目に見えて濁ったり腐った感じはありません。

ちいくままのアイコン画像ちいくまま

おどろきね!

とはいえ、状況によっては菌が繁殖して腐ってしまうかもしれません。
ときどき水の様子をチェックすると良いかと思います。

子どもは発達に合わせて興味の対象も変わってくるので、遊ばなくなったタイミングで処分すれば良いですね!

水入りペットボトルガラガラをスノードームにアレンジ!

水と一緒に「洗濯のり」を入れてみると……

中に入れたものの動きがゆっくりになり、スノードームのように♪

洗濯のりを入れるとセンサリーボトルになる

洗濯のりの量が多いほど、動きがゆっくりになります。

おすすめ ⇒ 水と洗濯のりの割合が4:6

洗濯のりを入れると音はかなり控えめになりますが、目で見て楽しめる

音はかなり控えめになりますが、目で見て楽しめるのでおすすめです。

ちいくまちゃんのアイコン画像ちいくまちゃん

幻想的で、うっとりするな~

水入りペットボトルガラガラを作る際の注意点

水入りペットボトルガラガラを作るときに注意したい点があります。

色付きの材料を入れると、染料が溶け出すことがあるんです。
以前、キャンドゥのスパンコールセットを入れた水がピンクになりました💦

材料によっては、水に色素が出てしまうことがある

材料パッケージの注意書きに、色移りについての記載があるかもしれません。

ちいくままのアイコン画像ちいくまま

これはこれできれいだけど、濁ってしまったら失敗だものね。

注意書きは要確認です!

意外な遊び方を楽しんだ0歳児!

水入りペットボトルガラガラを見つめる3ヶ月の赤ちゃん

水入りペットボトルガラガラを我が家の0歳児に与えてみると……さっそくブンブン!

傾けると中のビーズが動くという因果関係がわかったのか、左右の手で持ち替えては動きを楽しんだりもしています。

上の子は生後11ヶ月になると、ゴロゴロと転がして遊ぶようになりました。
転がした本人、その様子を見て大ウケ!

適度な重さがあるので、勢いが出過ぎず、動きを追うのにも役立っています。

2歳になると、浮くパーツと沈むパーツがあることに気が付いて、その様子を不思議がったりも。

沈むものと浮くものがあるので面白い
ちいくままのアイコン画像ちいくまま

長ーく遊べています!

耳でも目でも楽しめる、水入りペットボトルガラガラ。
簡単ですので、ぜひ作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる