MENU
いま読まれている記事
おうち知育グッズSHOP
おうち知育temiteトップ
オウチーク!運営者

オウチークのちいくまま

ちいくまま

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタート。
オススメの知育教材・絵本など、楽しくて確かな情報をお届けします。
知育玩具の作り方&型紙配布も活用してくださいね♪

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!

詳しいプロフィール

オウチーク問い合わせバナー
【無料】Kindle Unlimitedで幼児教育・育児本が読み放題

モンテッソーリ・バイカラーボトルを作ろう!色の分離・混合が学べます

モンテッソーリ・バイカラーボトルを作ろう!色の分離・混合が学べます
URLをコピーする
URLをコピーしました!

モンテッソーリ教具の「バイカラーボトル」の作り方をご紹介します。

バイカラーボトルって、聞いたことがないと思います。

ちいくまま

それもそのはず、特に正式な名前がないみたいなので、私が名付けました……。

もともとはモンテッソーリの手作り教具の本に載っていたもので、液体が入ったボトルを振ると色が混ざり、また分離する現象が確認できるものです。

¥1,760 (2021/06/13 10:07時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

今回、感覚(色)の敏感期にある娘がやりたがったため製作しました。

モンテッソーリ教育をやってなくても美しさを楽しんだり、マラカスのように振ったり、インテリアにしたり……とたくさんの楽しみ方ができます。

作り方も材料さえ間違えなければとってもカンタン!
ぜひこの記事を見て作ってみてくださいね。

ちいくまま

そして「バイカラーボトル」の名前を広めてください♪

目次
この記事の著者
オウチークのちいくまま
ちいくまま

ちいくまま(ちゃみ)

元教師で司書。知育おもちゃプランナー&クリエイターママ。
オウチーク!の運営者でもあります。
たくさんの教育書や論文から取り入れた確かな情報をお届けします。

モンテッソーリ・バイカラーボトルってなに?

バイカラーボトルを並べたところ

モンテッソーリ教育の「感覚教育」では、五感を刺激し洗練させることに力を入れています。

バイカラーボトルは、色に関する感覚教具。

色水・色油を半分ずつボトルに入れたもので、水と油の性質を利用して、色が混ざったり分離する様子を観察できるものです。

このような狙いがあります。

  • 色の混色や分離の理解
  • 美しさを感じる
ちいくまま

色の理解や知識は、体験から学ぶのが一番!

手を動かしながら理解を深めることができます。

スクロールできます
敏感期感覚
教具の目的・効果色の同一性を見極めたり、明度を段階づけるお仕事の中で感覚を養う
対象年齢2歳半~

モンテッソーリ・バイカラーボトル作り紆余曲折

さっそく作り方を解説!

……の前に。
冒頭で “材料選びを間違えなければカンタン” と書きました。

実は3回も作成に失敗しているんです。
4度目の正直で、やっとこさ成功しました^^;

モンテッソーリ教具の本には、必要な材料としてシンプルに「油性染料」と書いてあったので、油性なら何でも良いかな? と思って家にあるものを片っ端から試したんですが……。

▼結果。

1度目の失敗:油絵具

油絵の具で作ったバイカラーボトル

油性染料として油絵の具を使って作ってみたところ、濁ったような色合いに!

油絵の具で濁ったバイカラーボトル

振って混ぜるとドロドロした見た目になり、これは使えないわ……となりました。

2度目の失敗:油性ペン

次に試したのが、油性ペンを使う方法です。

容器に油性ペンを塗りたくり、後から油を注いで混ぜて色を作ろうとしてみました。

色がつくことはついたのですが、とても薄くなってしまって使えるものではありませんでした><

色自体は透明感があってきれいだったので、濃くするなら油を入れる前にもっとペンで塗ればよかったですね。
ただ、労力的にもコストがかかります。

ちいくまま

たぶんペンを丸々1本犠牲にしそう。

3度目の失敗:レジン用染料

続いて、レジン用染料です。

いけるかなと思ったのですが、全然色が混ざらない!

何分か粘って混ぜ続けてみましたが、ダメ。
これも失敗となりました。


他には、色付きハーバリウムオイルや、ハーバリウムオイル用の着色オイルも検討しました。

100円ショップにも色付きハーバリウムオイルがあるんですが、色がちょっと薄めなんですよね。

水性染料と同等の濃さにならないとNGなので、見送りました。

【失敗しない!】モンテッソーリ・バイカラーボトル作り

いよいよ本題です。

成功パターンはジェルキャンドル用の着色剤!
ダントツでキレイに色がつきました。

使ったのはこちらの商品。楽天で購入しました。

用意するもの一式

  • ボトル
  • ベビーオイル
  • 水性染料
  • 油性染料(上記のジェルキャンドル用の着色剤)
  • 接着剤
  • 紙コップなど液体を入れる容器
モンテッソーリの色の教具バイカラーボトルの材料

ボトルは化粧水のミニボトルでも良いですし、R-1などのヨーグルト飲料のボトルでもOK。

私はR-1容器にしました。

水性染料は、食紅がおすすめ!
今回使うのはちょっとだけなので余るんですが、食紅ならお菓子作りに使えます。

▼たらすだけで即混ざる! マコーミックの液体タイプが良いですよ。

マコーミック
¥359 (2021/06/13 11:08時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

▼ベビーオイルは1本あれば足ります。余ったらセンサリーボトルバッグなど他のおもちゃにも活用できますよ♪

麗白
¥1,034 (2021/06/13 11:08時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

作り方

写真と表のとおりに色がついた液体を作ります。

バイカラーボトルを並べたところ
ベビーオイル
STEP
色油を作る

ベビーオイルに油性染料を混ぜて、色油を作ります。

ベビーオイルにジェルキャンドル用着色剤を混ぜる

ベビーオイルは温めたりしなくても色がつきましたが、もしうまく色が混ざらない場合は少しレンジで温めてみてください。

ちいくまま

ほんの少し垂らすだけでとっても鮮やか!
最初からジェルキャンドル用の着色剤を使えば良かった~!

STEP
色水を作る

水に水性染料を混ぜて、色水を作ります。

水性染料で色水を作る
STEP
油と水の色が同じか確認

色油と色水の濃さが同じか確認しましょう。

ちがう場合は調節してください。

色油と色水を作る
油と水で色はあっているか確認
STEP
ボトルに液体を注ぐ

先に色水をボトルの半分まで注ぎ、後から色油を入れます。

まず色水を入れる
後から色油を入れる

1対1の割合になるようにしてくださいね。

STEP
ボトルにフタをする

ボトルのフタをきつく締め、接着剤で取れないようにくっつけます。

フタを接着剤できつく締める

以上でできあがり!

モンテッソーリの色の教具ボトル

モンテッソーリ・バイカラーボトルで遊んでみよう

ボトルを振ると色が混ざり、分離していきます。

▼ぜひ動画でご覧ください^^

その様子が視覚を刺激し、色彩感覚が磨かれるというわけです。

ちいくまま

大人にとっても、見ていてうっとりするわね。

こうして窓際に置いておくと、光を通すのもまたキレイです。

色水が光に当たるとキレイ

色が混ざると別の色になるという現象は、子どもにとってとても新鮮なこと。

うちの娘はディズニー英語システムのサンプルで色の混色について知っていたものの、液体で実験できるのが楽しくて、何度もフリフリしていました^^

▼0歳の下の子もお気に入り。振るとチャポチャポ楽しい音がしますからね!

色に興味がある、色について理解を深めたい、そんな方はぜひ作ってみてください^^

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる