カテゴリー
見逃し厳禁!お得に知育
KindleUnlimitedおすすめ本バナー
ミライコイングリッシュ紹介制度でギフト券
七田式オンラインサロンバナー
2020最新|ベネッセ無料プレゼント総まとめ!本やお名前シールがもらえるキャンペーンの内容は?
知育・療育教材ダウンロード
ちゃみ:運営者
おもちゃクリエイター・ベネッセ幼児教材アンバサダー・明治クラフトアンバサダー

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタート。
成果:娘2歳でひらがな・カタカナ・アルファベット・一桁の足し算をマスター。
イメージ力や空間認識能力にも長けています。

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!


オウチーク問い合わせバナー
楽天スーパーセール攻略 損しない買い物ならこちら

DWE体験を受けて良さに納得!無料でディズニー英語を知りたいなら絶対受けよう

URLをコピーする
URLをコピーしました!

おうちでできる幼児英語教育の定番のひとつと言えば、DWE(ディズニー英語)ですよね。

ちゃみ

大人気のディズニー英語だけど、実際のところどうなのかな?

というわけで、うちもついにDWEのシステムを無料体験できる「わくわく英語体験」を申し込んでみました!

最初に結論から書きますと、少しでもDWEに興味があるのならぜったいに受けるべきです◎

ちいくまちゃん

とってもエキサイティング!

  • 教材が試せて子どもが楽しい
  • DWEの狙いや教材の内容を知っておうち英語に活かせる
  • アドバイザーさんからぶっちゃけ話が聞ける
  • 気になっていることは何でも聞いてOK
  • 限定プレゼントがもらえる!

主にこんな5つの理由からおすすめです。

ディズニー英語のタッチペンをお試し

いや、ディズニー英語にそれほど興味がなくても、一度体験してみてください!
我が家もまだ購入検討中の段階ですが、少なくとも体験させてもらって良かったと感じています。

ちゃみ

たとえ購入しなくても今後のおうち英語生活に活かせる情報いっぱいでした。

  • ★1分で申し込みできます★
豪華おまけつきサンプルがスゴイ!
目次
この記事の著者
ちゃみ

ちゃみ(インスタ@charmytoko

元教師。SNSフォロワー3万人の知育おもちゃクリエイターママ。
ベネッセ幼児教材公式アンバサダー&明治クラフトアンバサダー。
子どもの発達をバッチリ研究しています。

ディズニー英語ってどんなもの?体験当日の流れ

DWEは、「わくわく英語体験」といって自宅で教材を無料体験させてもらうことができるようになっています。

申し込み方法はいくつかあって、私の場合はベビーザらスのベビーサイン体験会後にやっていたDWE無料体験の勧誘に申し込んでみました。
申し込みをすると、アドバイザーさんが実際に家まで来てくれます。

当日、アドバイザーさんが一週間旅行くらいのでっかいキャリーケースを持ってきたのでびっくり……。
教材が入っているみたいです。しかも一部。

到着後、ご挨拶のあとにさっそく解説をしてもらいます。

ちなみに同じ幼児英語教材のワールドワイドキッズは和やかな対話形式だったんですが、DWEは2回ともビシバシプレゼン方式でした!

\まだサンプルをもらっていない人はお早めに/

  • ★1分で申し込みできます★
豪華おまけつきサンプルがスゴイ!

英語教育の必要性についての説明

まず子どもの脳の発達の仕組みや赤ちゃんがどうやって親から言葉を学んでいるのかについて教えてくれました。

インパクトのある話としては、外国語学習の臨界期について。

3歳で言語回路の80%は形成される。
6歳で90%、9歳で99%。

いまでこそ小学校からスタートになりましたが、パパママのころは中学校(12歳くらい)で英語スタートという感じでしたよね。

ちゃみ

もうできあがってからスタートしていたなんて!

一般的に生後10ヶ月までが一番言葉を良く吸収する時期で、そこからぐっと下がっていくとか。

特に耳の力への影響が大きくて、日本語は約100音なのに対して英語は約1800音。

日本語だけ聞いていると使われていない約1700音を細かく聞き分ける能力が発達しにくいとのことです。
例えばよく言われている「R」と「L」の違いですね。

3歳ごろになると言語を覚える力は落ち着いてくるので、それまでに教えてあげるととても効率が良いという話です。

ちゃみ

もちろん3歳以降になったら覚えられないわけじゃなくて、そこまでの間が効率が良いということみたいね。

英語ができる人の平均年収は、できない人の平均年収より200万円高いという話も聞きました。
これはちょうどニュースサイトで研究データを見たばかりだったのでなかなかにビックリしました。

DWEの学習の仕組み解説

続いて、「ディズニー英語はどういう風なシステムだから良いのか」という解説がありました。

トークアロングカード
解説を受けているところ

DWEでは「母国語方式」を採用しているとのこと。
学校のように文法をひとつひとつ学んでいくのではなくて、実際に使われている言葉をどんどん与えていくイメージです。

例えば、日本語で「もしお金持ちだったら、世界一周旅行に行けるのに」というのは小学生でもわかります。
でも英語の勉強で文法をひとつひとつ学習していく学校のような方式だと、意外とやるまで間があります。

母国語方式の場合は細かい文法の枠にとらわれないので、こういった言葉もどんどん入ってくるのです。

訳しぐせがつくとテンポよくコミュニケーションができないって話も聞きますね。
和訳がある英語のデメリットというか。

DWE商品の絵本などの表紙の色はレベルを示していると教えてもらいました。
でも簡単なものから順番にマスターするのではなくて、全部をまんべんなく繰り返すというやり方をします。

ちゃみ

文法ベースでやっていくのではなくて、簡単な言葉も難しめの言葉もまとめてやる。
これが母国語方式というわけです。

それと、DWEは毎日遊ぶようにやらせてあげる仕組みになっています。

一人前の英語の習得には、2000時間の取り組みが必要と言われているのをご存知でしょうか?

ちいくまちゃん

楽器もうまくなるには2000時間やることって聞いたことあるよ~

毎日1時間の英語をやっていると、ちょうど小学校にあがる頃に2000時間に。
小学校に入る前から一人前レベルになってしまうというわけ!

一方週1回だけ45分の英語レッスンを受けた場合は2000時間到達までに50年以上かかるんだそう。

さすがに普通の勉強もすることを考えるとそこまで長い道のりとはならないはずですが……。
自然に楽しく毎日続けられることが強みということでしょう。

▼事前にサンプルを取り寄せてじっくり検討するのもおすすめです!

  • ★1分で申し込みできます★
豪華おまけつきサンプルがスゴイ!

DWE教材を実体験!

DWEはたくさんのプログラムがあって、専用の棚(けっこう大きめ)がいっぱいになるほど。

DWEディズニー英語システムの商品ラインナップ
DWEの商品ラインナップ

1回目のときはまだ娘が0歳の赤ちゃんということで、タッチペンやカード、おもちゃが教材になっているプログラムを中心に体験させてもらいました。

2回目のときはサンプルをさんざん楽しんだ後だったので、映像以外の教材をバンバン使わせてもらいました。
希望があれば、試したいものをリクエストすると良いですよ。

まず初めに触らせてもらったのが、スライド式おもちゃ。
トークアロング・カードと言います。

絵とバーコードが付いたカードを読ませると、英語をしゃべってくれる仕組みです。

ディズニー英語システムのトークアロングカードの使い方説明2
トークアロング・カード

さっそく親のリスニングを試してみると……

ドッグ(犬)、と思いきやダック(あひる)!
パパのリスニング力不足がばれてしまいました。

録音もできたり、赤と緑の半透明シートをつけると通したカードの絵が変わる仕組みもあったりします。

ディズニー英語システムのトークアロングカードの使い方説明

ディズニーキャラクターだからか、とても娘の反応が良い!
声を出したり、手を伸ばしたりしました。

拍手のところでは一緒にパチパチパチ。
サンプルで予習した効果が表れまくりでwアドバイザーさんにも褒めてもらいました。

Q&Aクイズのカードもオプションプログラムとして選べます。
間違ってもヒントを出してくれるので、またチャレンジしたくなるようにできています。

ディズニー英語のカード教材

次に体験させてもらったのが、英語絵本のミッキー・マジック・ペンセット
専用のペンでタッチするとしゃべったり歌をうたったりします。

ちゃみ

机やイスとかに対応したシールがあって、それを使うと机やイスにタッチして遊ぶこともできるんですって!

ディズニー英語システムのミッキーマジックペンの使い方説明
ミッキー・マジックペン・セット

こちらも娘の反応はとてもグッド!
ペンを一度持たせてもらったら、なかなか離しません。

さすがにタッチすると音がするというのはまだわからないのか、ミッキーやミニーちゃんをにぎって見つめていました。

親が一緒に絵本をタッチして音が出ると、真剣な顔に!

ミッキーがお歌をうたってる……!

みたいな顔をしていました。

最後にシング・アロングというプログラムのDVD動画を視聴。

娘の反応はというと、これまた大喜び!
映像を見ながら一緒に拍手したり、キャーキャー声をあげたりしていました。

ちゃみ

こんなに楽しんでくれるなら、英語も好きになってくれそう!

追記です。
2回目に体験を受けたときのことをメモしておきます。

このときは、親が説明を受けている最中に基本のトークアロングをひたすらさせてもらいました。

トークアロングカードをする子供

上から2番目(ライムカラー)の難しい問題をスラスラこなしていたみたい。
The fish has stripes.とか言っていました。

ワールドワイドキッズを0歳で受講して2年たち英語力が付いたのと、DWEのサンプルを聴きまくった効果がありそう。

ちゃみ

トークアロングは子どもが面白がってどんどんやるし、やっぱりほしくなっちゃいますね……。

ディズニー英語の勧誘は悪質って本当?

契約しないと帰らないというウワサもある、DWEのアドバイザーさん。

結論から申しますと、アドバイザーさんはすごく感じの良い人でした。
なので、「契約しないと帰らない」はウソ!

人によるのかもしれませんが、居座るようなことはありませんでしたよ。

アドバイザー

すぐ決まらないのも仕方がないので、後日一度だけ電話をします。

と言ってくれました。
他社ともじっくり比較して検討してくださいとも。

営業レディという感じでめちゃくちゃしゃべりも上手でしたが、本当に嫌な感じがしませんでした。

アドバイザー

プレイ・アロングセット(P)は語彙数少なめ&対象年齢も低めなので、これだけだと目立った成果は見込めません。
だから、単品販売はオススメしてないんです!

とかのぶっちゃけトークもしてくれましたよ☺

その場で決めきれないと、後日電話は入ります。
電話の日を相談しておくこともできるから安心です。

もし購入しないことに決めたなら「購入しません」と一度伝えれば、その後勧誘もありません。

営業さんに質問タイム!

なかなか現物やパンフレットを前に質問をする機会がないので、色々と質問してみました!

パンフレットに写っている子たちがかぶっている帽子は何?

課題をクリアするともらえる帽子です。

課題は全部で5段階あって、それぞれのレベルをクリアするたびに1つもらうことができます。

ライトブルー ⇒ ブルー ⇒ グリーン ⇒ ライム ⇒ イエローの順に難易度が高くなります。

ちいくまちゃん

ぼくもほしいな~

DWE卒業式って何?

ホテルミラコスタで毎年やっているイベントで、卒業課題をクリアしたら参加できます。

ちいくまちゃん

ディズニーシーに行けるなんて、DWEだからこそだね!
ぼくも行きた~い!

卒業式は何歳くらいが多い?

途中からはじめる子もいるのでまちまちです。
小学校低学年から中学生くらいまで、幅広い層が参加しています。

ちゃみ

写真を見た感じ、けっこう小さな子が多いみたいです!

ワールド・ファミリークラブ会員イベントはどこでやっているの?

全国各地で行っています。

ちゃみ

私の住んでいるところのかなり近くでもやっていました!
イベント実施会場がとても多い!

商品システムのフルセット以外の買い方は?

いくつかのセットで購入することもできますし、個別で買うことも可能です。

ただし個別の購入を希望される場合、特定の商品を持っていないと購入できないものがあります。

ちゃみ

タッチペンなど娘が気に入ったおもちゃがついているものはセット購入をした人が対象で、単体では購入できないようでした……ここは残念。

▼単体での詳しい買い方を聞いて、価格表と一緒にまとめました。参考にどうぞ!

支払いに関して、頭金を入れたり繰り上げ返済することは可能?

可能です!

ちゃみ

一度に払いきれなくても、最初に頭金を多く入れておけば利子も減るかな?

*0歳から使える英語教材ということで
赤ちゃんは紙を破ったり落書きしたり、おもちゃを壊したりしそうだけど、大丈夫なの?

ワールド・ファミリー会員(有料)になっておくと特別保証制度があるので、一部を除いて無料で修理・交換ができます。

もう一度体験したくなったら来てもらえるの?

もう一度体験できます。

パンフレットを読んで、この教材を試してみたい! と電話をくださる方もいます。
高い買い物なので、家族に納得してもらうために全員揃った場で確認したいという方もいますね。

こちらとしても納得して買ってほしいので、また連絡してください。

とのことです!

ディズニー英語の無料体験でもらえたもの

ディズニー英語システムDWEのわくわく英語体験でもらえるもの

DWEのわくわく英語体験を受けるともらえるプレゼントがあります。

  • バイリンガルは「茶の間」で育つ!(本)
  • ミッキーABCカード
  • 体験版DVD

『バイリンガルは「茶の間」で育つ!』

『バイリンガルは「茶の間」で育つ!』は、ワールド・ファミリー社長ロバート・A・パーカーさんの著書です。
タイトルのとおり、日本に居ながらにしてバイリンガル並みの英語力を身につける法則について解説されています。

DWEで育ったバイリンガルキッズの事例もたくさん載っているので、これを読むと“DWEにしようかな……”という気になってくるのが怖いところ。

ミッキーのABCカード

ミッキーのABCカードは、DWEシステムの「トークアロング・カード」から抜粋したものです。
A~Zまでの英単語が楽しく学べるというもの。

表面に英単語とイラスト、裏面に例文と日本語訳が書いてあります。

ミッキーABCカード
ミッキーABCカードの中身

これはぜひいただいておきたいもの!

カードの音声はスマホや携帯で聴けるようになっているので、教材として十分に使えます!
しっかりとした素材なので、赤ちゃんが触っても大丈夫。

ちゃみ

持ち歩きにも向いていますよ♪

その他、ミニーのパペットやプーのモコモコリュックがもらえるキャンペーン中だったのですが、我が家にはお人形がたくさんあるのでもらいませんでした。

体験当日の契約でもらえる特典

わくわく英語体験の当日中に契約することで、さまざまな特典が付いてきます。

フルセット契約で、こんな内容。

  • おしゃべりミッキーぬいぐるみ(マジックペン対応)
  • 絵辞書(マジックペン対応)
  • ステッカー・ブック(マジックペン対応)
  • ミッキーのブルーレイメイト(Blu-ray再生機器)
  • ミッキーとミニーのマイク
  • デザイン選べる収納棚
  • プレイ・アロング・セット(0歳~3歳のためのおもちゃ教材)
ちゃみ

Blu-ray再生機器とか豪華すぎるし、特典多すぎでしょ……

これだけ特典が付くと勢いで契約してしまいそうですが、入会を迷う場合は1週間待ってもらえます。

1週間後に契約、となった場合でも特典はもらえますよ。

ただ特典はあくまでもオマケなので、特典のありなしに左右されないようにしてくださいね。

ディズニー英語の無料体験申し込み方法

プレゼントがもらえるDWEの無料体験の申し込み方法は、主に4つです。

  1. 無料サンプル請求後の勧誘電話
  2. 公式サイトから申し込む
  3. ショッピングモールの体験ブースから申し込む
  4. ベビーサインイベントで申し込む

うちは2回体験を受けました。

1回目は4のベビーサインイベントに来ていた営業さんから。
2回目はショッピングモールに出店していたブースからです。

▼ベビーサインイベント、うちはトイザらスであったんですが、イオンでやっているイベントにもDWEが来ているみたいです。下記はイベントの詳細レポ

サンプル請求後の勧誘電話はみんなにあるわけではないみたいなんです(地域性?)。

もしサンプルを気に入って体験を受けてみたい! となったら、公式サイトから申し込むのが一番早いですよ。

ちいくまちゃん

イベントはいつもやっているわけじゃないし、サイトからの申し込みが簡単だね。

無料なのに想像以上に楽しめたディズニー英語の「わくわく英語体験」でした

ディズニー英語システムのDVDシングアロングを観た赤ちゃんの反応
DVDがお気に入りすぎる娘

最初の方でも書きましたが、本当に想像していた以上に楽しめました。
娘の喜びように、私も夫も思わずグラッときましたよ。

おうち英語をする身としても、今後に活かせることがたくさんありました。

  • 文法を学ぶのではなく実際に使って理解する「母国語方式」
  • 英語習得には2000時間のインプット
  • まんべんなく繰り返して定着させる仕組み

よく言われる知識ではありますが、やはり英語を身につけるのに必要なことなんだな、と納得して理解することができた感じです。

娘が食いつきまくったためか時間は2時間と長くなりましたが、あっという間の体験でした。

一度買ってしまえば兄弟姉妹でも使えるものなので、初期投資さえ乗り越えれば逆に割安というところも気になるポイント。

ちゃみ

3人兄弟(姉妹)全員に月1万円の習い事させたら、3年しないうちに金額が超えちゃう……

他の教材とも色々比較して、真剣に検討したいと思いました^^

▼他の英語教材と比較するならこちらのまとめ記事も参考になさってください。セット教材という視点で色々取り上げています。

  • ★1分で申し込みできます★
豪華おまけつきサンプルがスゴイ!

公式サイトの申し込みページはこちら。
教材の無料体験サービス|【公式】「ディズニーの英語システム」(DWE)|子供・幼児英語教材|ワールド・ファミリー

スポンサーリンク

読んだらシェアしてね
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる