MENU
いま読まれている記事
おうち知育グッズSHOP
おうち知育temiteトップ
オウチーク!運営者

オウチークのちゃみ

ちゃみ

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタート。
オススメの知育教材・絵本など、楽しくて確かな情報をお届けします。
知育玩具の作り方&型紙配布も活用してくださいね♪

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!

詳しいプロフィール

オウチーク問い合わせバナー
【無料】kindleUnlimitedで育児本が読み放題!

ルーピングは手作りできる!あの定番おもちゃをおうちで再現しよう

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事では、ルーピングおもちゃの作り方を写真で詳しくご紹介しています。

生後0歳後半からの定番知育玩具といえば……

そう、「ルーピング」!

いま何かと話題のモンテッソーリ教育でも、ルーピングは教具として推奨されています。

ちゃみ

本体は木製であることがほとんどなので、購入するとなかなかお値段がするんですよね(^^;)。

そこで、100円ショップで手に入るアイテム数点で手作りしてみました。

お手頃価格でお手軽に作れるので、まずはお試ししてみたいという方にもおすすめです。
ぜひ参考にしてくださいね。

あなたの作品見せてください!

ブログやホームページをお持ちで、記事を参考に作っていただいた方は、ぜひこのページにリンクの上作品を公開してください。喜んで見に行きます♪

待ってるよ
目次
この記事の著者
ちゃみ

ちゃみ(ちいくまま)

元教師で司書。知育おもちゃプランナー&クリエイターママ。
オウチーク!の運営者でもあります。
たくさんの教育書や論文から取り入れた確かな情報をお届けします。

ルーピングの知育効果がすごい

ルーピングの作り方

ルーピングは、針金に通したビーズに触れて、動かして遊ぶおもちゃ。

赤ちゃんは生後6ヶ月ごろから、じょじょに目と手の動きが連動するようになり、モノに狙いを定めることができるようになります。

すると、「小さな穴にモノを通したい」という気持ちがわいてきます。

ルーピングは自由にビーズが動かせ、しかも針金から外れてしまうことがない(=失敗することがない)ので、はじめてのとおすおもちゃとしてピッタリなんですよ。

ちゃみ

うちの子は8ヶ月くらいのときから遊んでいます。

小さなお指でビーズをつまんで動かす様子が、とても可愛いんです^^

では、さっそく作り方を解説します!

手作りルーピングおもちゃの材料

手づくりルーピングおもちゃに使っている材料
  • プレゼント用の丈夫な箱
  • アルミワイヤー
  • 大きめのビーズ

アルミワイヤーは、曲げやすく扱いやすいワイヤー。

100円ショップのDIYコーナーで見かけます。

ルーピングおもちゃに使うアルミワイヤー
100円ショップのアルミワイヤー

太めの針金のほうが丈夫でよいかもしれませんが、プロでもないと曲げるのがなかなか大変です。

ちゃみ

イメージとしては、針金ハンガーを曲げる感じです。

▼アルミワイヤーがあれば、リングウェーブという有名おもちゃに似たものも作れます。

ルーピングおもちゃの作り方

作り方は意外と簡単です!

15分くらいで作れます。

手作りルーピングおもちゃの作り方

かなり前に作ったもので作成過程の写真がありません。
文字起こしはしたので、わからないことがあればお気軽にコメントください。

STEP

箱のフタを外し、四隅にきりで穴をあける。

ワイヤーが入るサイズにしてください。
あまり大きくしてしまうと、うまく固定できなくなるので注意!

STEP

ワイヤーを曲げ、ループを作り、ビーズを通す。

ジェットコースターのコースを作るように!

下の方に市販のルーピングの写真も貼っておくので、デザインの参考になさってくださいね。

STEP

フタの裏側にワイヤーを通し、先を折り曲げたらガムテープでしっかり留める。

STEP

フタの内側にボンドをつける。

STEP

箱の本体をひっくり返し、底を上にしたらフタにはめる。

こうすることで、ワイヤーに圧がかかり、グラグラしなくなります。

しっかりくっつけてください。

念のため、フタと本体の周りをぐるっとガムテープで留めるとさらに安心!

以上で完成です。

▼大人気、ボーネルンドとエデュテのルーピングを参考として貼っておきます。デザインの参考に^^◎

手作りルーピングおもちゃの失敗談?

ちょっとした失敗談(?)なのですが……

本体にしている紙箱がとても軽いので、遊んでいる際に動いてしまうんですよね。

ルーピングおもちゃの失敗例
ちいくまちゃん

固定されている方が、集中して遊べそう……?

ただ、固定しないことで横に倒して遊ぶことができます。

それに、色んなところに持っていっては遊んでいるので、固定しないで良かったかも。

倒して遊べるルーピング
ちゃみ

ハンドバッグ気分で手に引っ掛けて持っているわね……。

手作りルーピングで遊んだ効果

100均で手作りルーピング

ルーピングで遊び始めた当初(生後8ヶ月くらい)は、ビーズを指でつまんで弾く動作ばかりしていました。

11ヶ月くらいになると、手前から奥へ、奥から手前へとビーズを動かすように。

遊ぶうちに目と手の動きが連動するようになり、つまんで動かすことができるようになったんですね。

ちゃみ

上下、左右、奥行きといった「空間」も認識し始めてる!

器用さだけでなく、空間認識力のアップにもつながったというわけです。

ちいくまちゃん

遊んでいるうちに認識できちゃう……
これ、理想!

▼ビーズを動かす様子を動画に撮りました。

ビーズがワイヤーを滑る感触や音も心地よいみたいで、多方面に刺激を受けているみたいですよ^^

手作りルーピング|まとめ

定番知育玩具・ルーピングを手作りする方法をご紹介してきました。

ルーピングで遊ぶうちに、目と手の動きが連動し、空間認識力もアップします。

算数の図形概念の認識にもつながっていくので、遊びながら鍛えてあげられたら良いですよね。

ぜひサクッと作って、赤ちゃんの知育に役立ててくださいね。

▼おもちゃの手作りアイディアをたくさんご紹介しています。

スポンサーリンク

役に立ったらシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる