7/8~ 無料習い事体験でAmazonギフト券がもらえる

シール貼り遊びで指先を鍛えよう!知育につながる1歳からの進め方とポイント

シール貼り遊びで指先を鍛えよう!知育につながる1歳からの進め方とポイント

この記事では、1歳からのシール貼り遊びの始め方・ステップアップの仕方を詳しくご紹介しています。

シール貼り遊びのねらいは、器用さ・集中力・想像力などを身につけること。
楽しく遊びながら子どもの感覚を伸ばしてくれるんです。

ちいくまちゃん

ペタペタ貼ってあそんでるうちに、パワーアップしちゃうんだね~!

鉛筆やお箸の練習に入る前に、ぜひ手先の力を育てていきましょう!

シール貼りのねらい。身につく力がスゴイ!

シール貼りのねらい。身につく力がスゴイ!

シール貼りで身につく力はこんなにあります!

シール貼りのねらい
  • 手先を器用にする
  • 集中力を身につける
  • 作業力を身につける
  • 形や色の認識を育てる
  • 想像力を育てる
  • 達成感を味わい、意欲を育てる

シールをはがす 台紙に貼る ゴミを捨てるといった一連の動作のくり返し。
これが手先の力を伸ばしていきます。

シール貼りをたくさんしていると鉛筆やお箸を早く使いこなすことができるといわれているんですよ。

ちいくまま

ぜひ1歳半くらいから始めてほしい遊びです!

シール貼り遊びで用意するもの

4つのものを用意します。

シール貼り遊びセット

用意するもの

  • 丸シール(1枚ずつ分けておく)
  • 切り離したシールを入れる容器
  • シールを貼る台紙
  • ゴミを入れる容器

丸シール

シールは1枚ずつハサミで切り離し、色別に分けてお

1枚ずつハサミで切り離し、色別に分けておきます。

シールは100円ショップのものがオススメ!

シール貼り遊びで用意する丸シール

100円ショップのシール

5色ほど入っているので、好きな色で遊べますし、枚数もたっぷりです。

ちいくまま

我が家はダイソーの300片入りのものをよく使います。

最初にトライする大きさは2cm程度が良いでしょう。
次の表は、年齢別シールの大きさの目安です。

年齢シールのサイズ
1歳〜1歳半ころ2cm×2cm
2歳ころ1.5cm×1.5cm
2歳半~0.8cm×0.8cm

大きなシールが貼れるようになったら、サイズを小さくしていきます。

注意
シール貼りをするときは、必ず保護者が付き添いましょう!
もしかしたら口に入れてしまう子もいるかもしれませんので。

シールを貼る台紙

最初は形や位置に注意して貼ることができません。
ですので、無地の紙(画用紙でもなんでも)を用意しましょう。

慣れてきたら丸シール専用の台紙を用意。
ネットで「シール貼り 台紙」と調べると、ダウンロード配布しているサイトがたくさん出てきます。

丸シール台紙のオススメサイト
おすすめのシール貼り台紙
シールを貼る台紙

シールの数は2個~数十個くらいと幅広いので、お子さんのレベルに合わせて選んでみてください。

手描きもオススメ

もちろん手描きでもOK!
丸シールの周りをぐるっと囲むようになぞれば、それだけで形合わせができる台紙になるんです。

ちいくまちゃん

好きな絵で作ると楽しさも倍増だね~!

うちの娘はもっぱらアンパンマンキャラで作ってもらいたがります。
アンパンマンキャラは顔のパーツが丸で構成されているので、台紙にしやすいんです!

アンパンマンを手描きして手作りしたシールを貼る台紙

注意
アンパンマンには著作権があります。
アンパンマンのイラストを使ったシール台紙は個人がたくさん配布していますが、基本的に許諾を得ていない場合は著作権法違反になります。

家庭内での使用に限り、イラストを真似しての複製は認められます。
この点ご注意くださいね。

色々な種類の台紙をたくさん用意しておきましょう。

ゴミを入れる容器

シールのゴミを入れる容器も用意する

シールをはがした後のはく離紙を入れる容器です。
遊び終わったらゴミ捨てまでをして完了です。

こぼれ話……
最初はシールを1枚ずつ切り離して用意していました。
が、子どもが慣れてくるとあっと言う間に何枚もこなしてしまいます(汗)。
こちらの用意が間に合わないので、今ではそのまま渡すようになりました。

ちいくまま

はく離紙から1枚ずつはがすのも難しいから、指先が鍛えられるわね。

シール貼り遊びの進め方とポイント

シール貼り遊びは以下の流れで行います。

手順1
シールを容器から取る
シール貼り遊びの進め方とポイント
手順2
シールをはく離紙からはがす
シールをはがしているところ
手順3
シールを台紙に貼る
シールを台紙に貼る
手順4
はく離紙を容器に入れる
はく離紙を容器に入れる
手順5
容器の中身をゴミ箱に捨てる

まずはパパママがお手本を見せよう

いきなりシール遊びセットを渡しても、子どもはどう進めるかが分かりません。
まずはやり方をゆっくり見せましょう。

モンテッソーリ教育本によると、子どもは大人の8倍動作がスローなんだそう。
過度にゆっくり見せる必要はありませんが、動作をひとつずつ明確に切り離して見せるのがポイントです。

ちいくまちゃん

あんまり早いとマネしたくても追いつかないよ~。

▼こちらの本を参考にしました!

シールがうまくはがれない場合は、はく離紙の角を折っておくとやりやすいです。

シールがうまくはがれない場合は、はく離紙の角を折っておく

自由に貼ってみよう

最初は枠内にシールを貼るのは難しいもの。
丸シール専用の台紙ではなく、ただの紙に貼ることから始めます。

ちいくまま

真っ白な紙が一番シンプル。色紙に貼っても面白いですよ。

好きなところにシールをペタペタ。
シールをはがして貼るという作業にも慣れていきますよ。

決まりがない分、不思議できれいな図形になったりもします。
とにかく色々と子どもに試してもらいましょう。

決められた場所に貼ってみよう

次に、丸シール専用の台紙を用意して貼っていきます。
なぜ丸シールが良いのかというと、どの向きで貼っても大丈夫だから。

丸シールは貼りやすい

貼る部分が円形だと向きを気にせず貼ることができるので、やりやすいと思います。

ちいくまま

うまく貼ろうとしている姿が見られたら、たくさんほめてあげましょうね♪
声掛けを通して意欲が高まります。

ステップアップしよう

慣れてきたら子どもに好きな台紙を選んでもらいましょう。
さらにステップアップして、四角や三角など貼る向きがあるドリルに挑戦していっても良いと思います。

すでにシール貼りに慣れている場合でも、貼ることが楽しくて好きなように貼っていってしまうかもしれません。

正しい向きを意識することはとても難しいことなので、うまく貼れなくても頑張りを評価してあげましょう。

ちいくまちゃん

ちょっとうまく行かなくても、応援してもらったからまたやるぞ~! ってなるよ。

シール貼り遊びの最終的な目標は?

最終的には、シール貼り遊びで次のようなことができるようになります。

シール貼り遊びの最終目標
  • 1枚の絵の中でさまざまな大きさ・形のシールを貼り分けることができる。
  • 線にぴったり合わせて貼ることができる。

過去のものと現在のものを比較したら、きっと成長が感じられるはずですよ!

後片付けしよう

好きなだけシールを貼ったら、容器にたまったはく離紙をごみ箱に捨てます。

遊んだあとのお片付けを習慣にすることで、今後工作遊びで出たごみの処分もできるように。
またおもちゃなどのお片付け習慣にもつながっていきます。

ちいくまちゃん

ここまでできたらシール貼り名人だね!

1歳からのシール貼りで見られた娘の進化

うちの娘のシール貼りデビューは、生後9ヶ月のとき。
ベビーパークという幼児教室で、レッスンの一環として行いました。

生後9ヶ月のとき

0歳9ヶ月のときのシール貼りの成果

このときやったものは色合わせの要素があったのですが、当然意味がわかるわけなく、好きなところに貼っています。

このときの体験がとっても楽しかったみたいで、すっかりシール貼りのトリコになっちゃいました!

1歳2ヶ月のとき

1歳2ヶ月のときのシール貼りの成果
1歳2ヶ月のときのシール貼りの成果2

好きなところにたくさん貼っていたりもしますが、丸の中にもしっかり貼れています。

1歳9ヶ月のとき

1歳9ヶ月のときのシール貼りの成果

だいぶ丸の中に貼れるようになりました。
幼児は集中力が持たないと言われますが、シール貼りは20分くらい黙々とこなしていて驚きます。

色も考えて選んでいる様子がうかがえますね。

ちいくまま

ばいきんまんの目が赤い!
多分、コキンちゃんに泣かされちゃったのでしょう。

1歳後半になるとシール貼りも慣れたもので、こどもちゃれんじやベビーブックのシールも上手に貼れています。

▼ベビーブックのシールページ。上手!
複雑な形のシールも貼れるようになる

シールページ多めで◎練習に

貼り終えたものは飾っておくと、成長を一緒に喜ぶことができますよ。

1歳5ヶ月ころの作品

1歳5ヶ月のときのシール貼りの成果
1歳5ヶ月ころの作品

市販のシールブックもオススメ

シール貼り遊びには、100円ショップのシールブックもおすすめです。
冊子形式になっていて、シール数もページ数も多いのが素晴らしいんです。

お出掛けのおともにも役立ちますよ♪

シール貼り遊びの進め方まとめ

シール貼り遊びをすると、楽しみながら手先の器用さをはじめとしたチカラがぐんぐん伸びちゃいます。
シンプルな遊びなのに、子どもにとって必要となる基本的な能力のトレーニングになっちゃうんですよね。

シールは100円ショップで買えますし、お手軽に知育ができちゃうのも良いところ。

ちいくまま

いっぱい剥がしていっぱい貼って、楽しみながら伸びてもらえちゃう!

ぜひ記事でご紹介したやり方を参考に、手先の力を育てていってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です