カテゴリー
見逃し厳禁!お得に知育
KindleUnlimitedおすすめ本バナー
ミライコイングリッシュ紹介制度でギフト券
七田式オンラインサロンバナー
2020最新|ベネッセ無料プレゼント総まとめ!本やお名前シールがもらえるキャンペーンの内容は?
ちゃみ:運営者
おもちゃクリエイター・明治クラフトアンバサダー

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタート。
成果:娘2歳でひらがな・カタカナ・アルファベット・一桁の足し算をマスター。
イメージ力や空間認識能力にも長けています。

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!


オウチーク問い合わせバナー
~10/31 コドモブースター体験 2000円ギフト券もらう

ワールドライブラリー・2歳コースの絵本まとめ!文章を自然に理解できる楽しいお話がいっぱい

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事では、ワールドライブラリーパーソナル2歳コースで届いた絵本と感想をご紹介しています。

ちゃみ

ワールドライブラリー パーソナルは、世界の名作絵本が毎月1,300円で自宅に届くサービス!
我が家では、子どもが1歳のときから利用中です♪

公式サイトにもざっくりとした本の紹介はあるのですが、実際に読んでみた生の感想をお届けしますね。

ワールドライブラリーのメリット、デメリットなど詳しいレビューは、まとめ記事でご紹介しています。
あわせてご覧くださいね^^

目次
この記事の著者
ちゃみ

ちゃみ(インスタ@charmytoko

元教師。SNSフォロワー3万人の知育おもちゃクリエイターママ。
明治クラフトアンバサダーに就任!
子どもの発達をバッチリ研究しています。
たくさんの論文から取り入れた確かな情報をお届けします。

2歳0ヶ月:『ほっきょくのいきもの』

ワールドライブラリーパーソナル2歳0ヶ月絵本『ほっきょくのいきもの』
出典:『ほっきょくのいきもの』
出版国イギリス
著者オークリー・グラハム文
ハンナ・ウッド絵
おおさくみちこ訳
絵本の形態しかけ絵本
定価1,980円
→会員だと1,300円
『ほっきょくのいきもの』の内容
出典:『ほっきょくのいきもの』

2歳最初の絵本として来たのは、イギリス発の『ほっきょくのいきもの』。

引っ張り出せるしかけとキラキラの箔押しが楽しいボードブックです。

しかけを引き出すと動物が現れる
出典:『ほっきょくのいきもの』

2歳が近づくにつれて、しかけ絵本よりストーリー絵本を好むようになってきた娘。

でも、この本は見つけ次第大興奮!

やっぱりキラキラが目を引くようです♪

動物は動物でも極地に生きる動物だから、珍しいのも良かったみたい。
何度もしかけを触って楽しんでいます。

ちゃみ

幼児期の感性を養うのにぴったりでした!

2歳1ヶ月:『それいけ、スーパーてんとうむし!』

『それいけ、スーパーてんとうむし!』
出典:『それいけ、スーパーてんとうむし!』
出版国ベルギー
著者ヒド・ファン・ヘヒネテン作
野坂悦子訳
絵本の形態ストーリー絵本
定価1,650円
→会員だと1,300円

てんとうむしといえば、ちっちゃくてかわいいイメージ。

あんまり強そうなイメージはありませんよね。

スーパーてんとうむしは、名前のとおりとってもパワフル!

ちっちゃくても世界中を飛び回って、困っている動物たちを助けて回ります。

『それいけ、スーパーてんとうむし!』のあらすじ
出典:『それいけ、スーパーてんとうむし!』

とっても忙しそうだけど、本人はとっても充実しているみたい。

この本は娘の大のお気に入り。
子どもが大好き・動物がたくさん出てくるところ&色んな秘密道具が出てくるところが楽しいみたいです!

ちゃみ

子どもたちにも、やりがいのある生き方を見つけてほしいですね!
(でもブラック企業はNG)

2歳2ヶ月:『ピンクー にじのでるばしょ』

『ピンクー にじのでるばしょ』
出典:『ピンクー にじのでるばしょ』
出版国スペイン
著者オルガ・デ・ディオス作
美馬しょうこ訳
絵本の形態ストーリー絵本
定価1,650円
→会員だと1,300円

大人気のピンクーのお話です。

この絵本はすごいですよ~。何といっても、「アピラ新人絵本賞」、「アウレリオ・ブランコ賞」、中国上海国際児童書展「金の風車賞」など、数々の受賞をしているんです。

ピンクーは生まれたときから、きょうだいたちとは色々なところがちがいました。

『ピンクー にじのでるばしょ』のあらすじ
出典:『ピンクー にじのでるばしょ』

体は大きくてピンク色の毛むくじゃらだし、目もひとつ。

ピンクーがすごいのはどんなときでもニコニコなところ。

人とちがうことがつらくても、笑顔をなくさずついには自分の幸せのために旅立ちました。

ポジティブさ、前向きさがピンクーから学べる
出典:『ピンクー にじのでるばしょ』

そんな素敵なポジティブさ、前向きさをピンクーは教えてくれているのです。

ちゃみ

ちょっぴりコワイ見た目のピンクーですが、いつもニコニコしていて娘も大好きです!

2歳3ヶ月:『やまとあな』

『やまとあな』
出典:『やまとあな』
出版国ニュージーランド
著者カイル・ミューバーン文
ヴァサンティ・アンカ絵
おおさくみちこ訳
絵本の形態ストーリー絵本
定価1,650円
→会員だと1,300円

いつも仲良しなやまとあな。

それぞれ自分の境遇に満足していたのですが、お互いに相手のことがうらやましくなってしまいました。

立場を入れ替えてみた結果、最初は満足したもののやっぱり元の姿に戻りたくなって……。

自分以外のことってうらやましくなったりするものですよね。

やまもあなも、のんびりしているけれど悩みや思いを持った存在として描かれています。

『やまとあな』の内容とあらすじ
出典:『やまとあな』

ありのままでいること、変化をすること。
どちらもメリット・デメリットがあります。

どちらが正解かは、あとになってみないとわかりません。

最後に登場する「風」が言っていたように、一度変えてしまったものは簡単には元に戻せないもの。

よく考えて決めることはとても大事だと、子どもたちにも感じてほしいですね。

ちいくまちゃん

もちろん、それでもチャレンジする気持ちを忘れずに!

絵本の一番最後のひとことはちょっぴり不安になりますが、次にふたり(?)がどうするのか気になっちゃいます。

親子で想像すると、とっても楽しいですよ。

ちゃみ

けっこう奥が深くて、大人の絵本としても楽しめると思います。

2歳4ヶ月:『はらぺこライオン エルネスト』

『はらぺこライオン エルネスト』
出典:『はらぺこライオン エルネスト』
出版国スペイン
著者ローラ・カサス文
グスティ絵
星野由美訳
絵本の形態ストーリー絵本
定価1,650円
→会員だと1,300円

ある朝起きたエルネストはおなかがペコペコ。

さっそくサバンナで獲物の品定めをします。

『はらぺこライオン エルネスト』の内容とあらすじ
出典:『はらぺこライオン エルネスト』

あれもこれもピンとこなくて、ようやく良さそうな獲物を見つけたと思ったら……。

ライオンをはじめとした肉食動物は、「こわい」「かっこいい」の2つのイメージで描かれることが多いですよね。

エルネストも例にもれず、登場当初は威厳ある怖くてかっこいいライオンとして出てきます。

ちゃみ

中表紙の爪とぎ痕なんかも、最初娘は怖がっていたくらい。

でも獲物探し中になんだかんだと文句をつけているところは親しみやすさを感じます。

娘も「あれっ? 怖くない」という顔をしていました。

極めつけはオチの部分。
最初の強そうな印象とのギャップに笑ってしまいます。

ちいくまちゃん

ママにはパパも頭が上がらないね!

この絵本のすごいところは、ねじや板金、釘などをコラージュして作られているところ。

絵の技法がすごい
出典:『はらぺこライオン エルネスト』

うまくパーツを使って造形された動物たちは、とても生き生きとしていていて面白いですよ!

2歳5ヶ月:『はじめてのいろのほん』

2歳5ヶ月:『はじめてのいろのほん』
出版国フランス
著者デルフィヌ・バドルディヌ文
セヴリン・コルディエ絵
堀内ゆかり訳
絵本の形態ストーリー絵本
定価1,650円
→会員だと1,300円

フランス発の色の絵本。
赤、青、緑……数々の色に対応したかわいいイラストがところせましと描かれています。

『はじめてのいろのほん』の内容
出典:『はじめてのいろのほん』

中には色の足し算なんかもちょこっと載っています。

『はじめてのいろのほん』の内容2
出典:『はじめてのいろのほん』
ちいくまちゃん

フランスはお国柄なのか、色についての絵本がけっこうあるみたいだよね~。

フランス語の本ということで、もとのフランス語も並べて書いてあります。

だんだん子どもが色々な国の言葉に興味を持つようになったら、Google翻訳などでどんな風に発音するのか聞かせてあげたりするともっと楽しめますよ。

2歳6ヶ月:『もりのいきものたち』

2歳6ヶ月:『もりのいきものたち』
出版国ロシア
著者Michiko Osaku訳
Shinobu Takahashi日本語版デザイン
絵本の形態しかけ絵本
定価1,430円
→会員だと1,300円

左右のページで絵合わせをしながら楽しむ仕掛け絵本。
パズル風と言ったらわかりやすいでしょうか。

『もりのいきものたち』の内容
出典:『もりのいきものたち』

かわいい動物のイラストと一緒に、その動物の生態も学ぶことができます。

ちゃみ

けっこう他の動物の体もうまくつながったりするから、不思議生物になっちゃうことも(笑)

▼リスと……きつね?!

仕掛け絵本で森の生き物を学べる
出典:『もりのいきものたち』

子ども的には最初は読み方がわからなくて「???」という感じだったけど、慣れたらワクワクしながら遊ぶようになりました。

キーワードが日本語と英語で絵の外側に書いてあるのも、探求心をくすぐりますね。

2歳7ヶ月:『まんまるトムはどこ?』

Coming soon……

2歳8ヶ月:『こぐまくんのはじめてのぼうけん』

こぐまくんのはじめてのぼうけん
出版国イギリス
著者エリー・パターソン文
ドゥブラヴカ・コラノヴィッチ絵
かまちゆか訳
絵本の形態ストーリー絵本
定価1,430円
→会員だと1,300円

こぐまくんは眠れない夜、勇気を出して外の世界へひとりで冒険に出ました。

2歳8ヶ月:『こぐまくんのはじめてのぼうけん』の内容
出典:『こぐまくんのはじめてのぼうけん』の内容

外の世界は果てしなく広くて、こぐまくんはだんだん怖くなってしまいます。

そんなとき出会ったのがアザラシのサミー。
あっという間に仲良くなって、こぐまくんに外の世界は怖いものじゃないという気づきを与えてくれました。

ツルツルの紙
出典:『こぐまくんのはじめてのぼうけん』の内容
ちゃみ

はじめて外に出て冒険しようとした気持ち、友達と出会ってうまれた気づきが素敵!

氷と水で彩られた夜の世界がとっても幻想的です。

2歳9ヶ月:『はじめてのどうぶつのほん』

Coming soon……

2歳10ヶ月:『トゥルーリのアメリカりょこう』

2歳10ヶ月:『トゥルーリのアメリカりょこう』
出版国ドイツ
著者ローベルト・ゲルンハルト文
フィリップ・ヴェヒター絵
さとうよしこ訳
絵本の形態ストーリー絵本
定価1,650円
→会員だと1,300円

ちっちゃいけどパワフルな犬のトゥルーリ。
友達とビーチで遊んでいると、ゴムボートを発見します。

意気揚々とアメリカに行くんだと乗り込みますが……。

『トゥルーリのアメリカりょこう』の内容
出典:『トゥルーリのアメリカりょこう』

陽気なトゥルーリに娘もニッコリ。

ネタバレですが、トゥルーリが水中に落っこちて静かになるシーンでは心配した娘がトゥルーリに呼び掛ける一幕も。

ちゃみ

娘の健気な一面がみられるほど感情移入できちゃう絵本でした~。

オチも笑えます!

2歳11ヶ月:『ピゾンカさんのたまご

Coming soon……

ワールドライブラリー2歳の絵本まとめ

しかけ絵本が多かった1歳向けコースに比べ、2歳コースではストーリー絵本がぐっと増えました。

といっても、短くてやさしい文と絵ばかりなので、楽しみながら言葉や文章の仕組みを理解できますよ!

ちゃみ

子どもの興味を引く作品で何度も読みたくなるから、娘もグングン言葉を吸収しています。

記事内でご紹介した絵本はワールドライブラリーのショップで単品購入することもできます。

単品購入は定価になってしまうので、もし費用をおさえていろいろ楽しみたい! という方は、すべての絵本が定額1,300円になる定期購読サービスを利用するのがおすすめです。

  • 素敵絵本が安く手に入る!
月々1300円でおうち世界旅行を始めよう♪

▼以下の記事で利用方法を詳しくご紹介しているので、ぜひ参考になさってくださいね!

スポンサーリンク

役に立ったらシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる