0歳からの無料習い事体験でギフト券2500円!コドモブースターのキャンペーン中

ハロウィン絵本のおすすめを大特集!特別感のある読み聞かせで盛り上がろう【司書が選ぶ】

ハロウィン絵本のおすすめを大特集!特別感のある読み聞かせで盛り上がろう【司書が選ぶ】

秋の一大イベント、ハロウィン!
そんなハロウィンならではの雰囲気を絵本でも楽しんでみませんか?

おばけや魔女など、仮装(コスプレ)を楽しんだり、「トリック・オア・トリート!」でお菓子をやり取りしたり。
ハロウィンはここ数年で大きく盛り上がるようになってきましたよね。

日本ではなじみの薄い文化的な背景もありますが、単純にお祭りとしての人気が出てきています。

ちいくまま

ニュースでも話題になるくらいだもんね。

この記事では、ハロウィン独特の世界を感じられる絵本を厳選!
読み聞かせが楽しくなるものを紹介しています。

ハロウィンの絵本、どう選ぶ?

今回は以下のようなテーマを持つ絵本を選書してみました。

  • 小さい子でも感覚的に楽しめる、仕掛けつきハロウィン絵本
  • ハロウィンの由来が分かる絵本
  • かぼちゃの絵本
  • 本場・英語のハロウィン絵本

小さい子向けハロウィン絵本:楽しい仕掛けで気分を味わおう

まずは、ハロウィンにちなんだ仕掛け絵本を紹介します。

ハロウィンといえばミステリアスで、非日常的な体験ができる日ですよね。
仕掛け絵本でそんな特別感を楽しんじゃいましょう!

『ハッピー ハロウィン!』

おすすめポイント
対象年齢:0歳~
ページをめくるたびにドアを開けている気分が味わえて、ドキドキ!
かぼちゃのお面でも遊べます。
とんとんとん。
ハロウィンの夜にドアをノックするお客さんは、だあれ?
ガラス越しに映るシルエットで、誰が来たかを考えるようになっています。

おばけさんやオオカミ男など、ハロウィンのおなじみメンバーが続々登場!
ガラス越しだと怖いのに、ドアを開けたらニコニコ笑顔なんですね。

ちいくまちゃん

ハラハラするけど、ニッコリしてる顔を見るとホッとするね!

最後はほうきに乗ったあの人が登場します。
なんと、表紙と同じ「ジャック・オー・ランタン」のお面を持ってきてくれるんですよ。
目と口の部分がくりぬかれているので、実際に顔に当てて遊ぶことができます。

表紙にはキラキラした装飾が施されているので、ハロウィンの不思議な雰囲気を盛り上げてくれるでしょう。
それぞれのキャラクターの声真似をしてみても面白いですね!

created by Rinker
講談社
¥972 (2019/09/18 11:57:30時点 Amazon調べ-詳細)

『ハロウィンのかくれんぼ』

おすすめポイント
対象年齢:0~2歳
仕掛けをめくると、ハロウィンにちなんだものが続々登場!
擬音やカラフルな絵で、小さな子でも楽しめます。

いしかわこうじさんの「かたぬき絵本シリーズ」のうちの一冊。
かたぬき絵本は、累計230万部を突破(2019年時点)した、大人気シリーズなんです。

こちらは、さまざまな形の穴が開いたページをめくると、ハロウィンにちなんだものが現れるという仕掛け絵本です。

魔女の帽子からはじまって、月、コウモリ、黒猫、ジャック・オー・ランタンなどがたくさん登場します。
普段あまり目にしないものもあるので、子どもたちの想像力をかきたててくれますよ。

ちいくまま

まさにハロウィン、って感じね!

つん つん つん、ひゅる ひゅる ひゅる といった擬音も楽しい!
ものの名前、英語、色も学べます。
ぜひ親子で楽しんでほしいと思います。

『ハロウィンのえほん トリックオアトリート!』

おすすめポイント
対象年齢:2歳頃~
登場人物と一緒に「トリック オア トリート!」と声を出すうちに気分が盛り上がります。
最後のページは暗いところで光るので、大興奮!

ハロウィンの日、子どもたち4人が仮装してお菓子をもらいに出かけます。

「トリック オア トリート おかしくれなきゃ いたずらしちゃうぞ!」が合言葉。
おうちのドアを叩くと、どんな人が出てきてどんなお菓子をもらえるかな?
出てくる人もまた凝った仮装をしていて、面白いお菓子をくれます。

“パポピポ ペポパポ ウーウー!”
宇宙人がくれるお菓子もとってもおいしそうなんです。

ちいくまちゃん

思わず食べたくなっちゃうな~

夜になり、4人のポケットがお菓子でいっぱいになったころ、ドクロのマークがついたお屋敷のドアを叩くと……?
次のページは蓄光になっていて、暗闇でおばけが光ります!
子どもが楽しめる工夫がたくさんしてある良書です。

最初に“みんなも いっしょに いってね!”とあるので、自分も参加している気になっちゃうのも良いですね。

▼作者の岡村志満子さんのインタビュー記事です。絵本の中身もたくさん見られます!
参考参加しながら楽しめる ハロウィン絵本 登場!『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー(1/3) | 絵本ナビ

ハロウィンの由来が分かる絵本:どんなイベントなのか簡単に理解できる!

ハロウィンって、もともとはどんなイベントなのかご存知ですか?

日本でいうお盆みたいなもの、という説明をしたりしていることもありますよね。
意外と知らないハロウィンの由来や豆知識が、絵本を読むだけでわかっちゃいますよ。

『ハロウィンドキドキおばけの日!』

おすすめポイント
対象年齢:4歳頃~
ハロウィンに役立つ豆知識つき!
お話も楽しい、子どものためのハロウィン辞典。

おばけや悪霊といったものが苦手な、怖がり屋のレイくんが主人公。
もちろん、ハロウィンも気絶しそうになるくらい大嫌いなんです。

そんな中、こわがりおばけのシェイクと出会って、いじめっ子のドラキュラをやっつけることに!
タイトルどおりドキドキする内容ですが、たちもとみちこさんの可愛い絵のおかげで、和やかな雰囲気です。

この絵本のおすすめポイントは、ハロウィンの豆知識つきなところ!

  • お化けや魔女の仮装の作り方
  • ジャックオーランタンの作り方
  • ハロウィンの迷信とおまじない
  • ハロウィンの恋愛のおまじない
  • ハロウィンパーティーにおすすめの料理の作り方
由来については、欄外に少し書かれています。

ちいくまま

ハロウィンの日におばけを家に入れないためには、玄関に動物の絵を飾っておくんですって!

ハロウィンについて色々知ると、もっと楽しくなりますね!
絵本の試し読みサイト【絵本ナビ】でもTOP3%に入る人気絵本です。

『ハロウィーンって なぁに?』

おすすめポイント
対象年齢:大人と読むなら4歳~
ちびっこ魔女ビビと一緒に楽しくハロウィンが学べる!

フランスの絵本を訳したものになります。

ハロウィーンが近づくにつれて、みんなかぼちゃを抱えてソワソワ……。
そんな様子を不思議そうに見ているのは、ちびっこ魔女のビビです。
ビビと一緒にハロウィーンを楽しみましょう。

「ハロウィーンってなぁに?」という疑問には、ビビのおばあちゃんが答えてくれます。
物語を読み進めていくと、ハロウィーンの由来が分かるストーリーになっていますよ。

他にも、

  • ジャックのランタン伝説
  • かぼちゃのランタンの作り方
  • かぼちゃのタルトの作り方
  • かぼちゃのリバンベル(切り絵)の作り方
  • おばけ・吸血鬼・ガイコツ・魔女に変身できる仮装の仕方
などが載っています。
ハロウィンにちなんだものを子どもと一緒に作ってみても楽しいと思います。

ちいくまちゃん

これでぼくたちもハロウィンはかせ!

少し文章量が多いので、読み聞かせは4歳くらいからがおすすめ。
ぜひビビとおばあちゃんのように、お膝で一緒に楽しんでほしいと思います。

こちらも、絵本の試し読みサイト【絵本ナビ】でTOP3%に入る人気絵本です。

かぼちゃの絵本:ハロウィンといえばパンプキン!

ハロウィンといえば、かぼちゃですよね!
町中にかぼちゃのランタンや飾りが広がる風景はハロウィンならでは。
秋はかぼちゃがおいしい時期でもありますし、かぼちゃだらけの季節です。

この際、思い切って絵本でもかぼちゃを楽しんでみませんか?

『おおきなかぼちゃ』

おすすめポイント
対象年齢:3歳頃~
絵は怖いけど、ユーモラスで楽しい世界! 一緒にかぼちゃを引き抜こう!

魔女が育てた大きなかぼちゃ。
パンプキンパイにするために収穫しようとしましたが、大きすぎてなかなか抜けません!

途中、幽霊にドラキュラ、ミイラが登場して抜こうとしますが、それでもびくとも動きません。
そうして現れたのは一匹のこうもり。
小さなこうもりでも、賢い考えがありました……。

ちいくまま

みんな自分だけでやりたがるのは、なんとなくモンスターっぽいわね。

なんだかあのおおきなかぶを彷彿とさせる内容ですよね!
最後はみんなでパンプキンパイを食べてめでたしめでたし。

絵はおどろおどろしいのですが、登場人物がみんなユーモラスで和ませる魅力があります。

ぐいっ ぐぐぐいっ! うぐっ うぐっ ういーっ!

一緒にかぼちゃを引っ張る真似をしても楽しめそうですね。

『ポルトガルのむかしばなし はしれ!カボチャ』

おすすめポイント
対象年齢:3歳~
ユーモアたっぷりで、お話が理解できる年頃には絶対楽しめる絵本!
どうしてかぼちゃに足が生えて走っているの? と、子どもの興味を引くはずです。

ポルトガルの昔話がもとになっている絵本です。
田舎に住むおばあさんが主人公。

ある日、孫娘から結婚式のお知らせが届き、出かけていきました。
途中、オオカミとクマとライオンが現れ、「ばあさん、おまえを くってやる!」と襲われそうに!
「これから結婚式に行くから、帰りにはもっと太っているよ」と、なんとかその場をやり過ごします。

楽しいパーティーも終わり……。
帰る頃になると、3匹のことを思い出して怖くなるおばあさん。

そこで孫娘が考えた方法が、大きなかぼちゃをおばあさんにかぶせること!
果たしてうまく逃げられるのでしょうか……?!

網タイツと赤いヒールにかぼちゃの組み合わせがミスマッチで面白いです。

ちいくまちゃん

ほんとにこんなかぼちゃで大丈夫なの~!?

英語のハロウィン絵本:本場の雰囲気を楽しもう

楽しいイメージが先行するハロウィンですが、ちょっぴり不気味な感じもハロウィンの特徴。
普段なら人を害する魔女やお化け、モンスターといった存在がいっぱい登場しますもんね。

日本作品にはファンシー&コミカルなものが多いですが、英語絵本にはちょっぴり不気味さを押し出している本も多いです。

ちいくまま

日本で言うと……なまはげ?
英語絵本で本場のハロウィンの雰囲気を感じてみましょう!

『What’s in the Witch’s Kitchen?』

おすすめポイント
対象年齢:3歳頃~
左と右、どちらを開ける? ドキドキ感が何度でも楽しめる!

ベネッセの英語教材「ワールドワイドキッズ」を受講中の方ならご存知、『A Cheese and Tomato Spider』のNick Sharrattさんの絵本です。

『What’s in the Witch’s Kitchen?』は、“魔女のキッチンにある冷蔵庫には何が入ってる?”という意味。
全ページ、めくって遊べる仕掛け付きになっています。

魔女がいない隙に家の中に入って、冷蔵庫を開けてみましょう!
左に開ける? 右に開ける?
開けた向きで入っているものが違っていて、片方は嬉しくなるもの、もう片方はゲッ!と叫ぶような嫌なものが入っています。

ちいくまちゃん

ギャー! でも笑っちゃうよ~

例えば魔女のボウルは、
左からを開けると toffee popcorn(キャラメルのポップコーン)、
右から開けると slimy frogspawn(ヌルヌルのカエルの卵)。

お茶のポットは、
左からを開けると strawberry tea(イチゴの紅茶)、
右から開けると goblin’s wee(ゴブリンのおしっこ)と言った具合!
ドキドキ感が何度でも楽しめます。

最後はもっと驚く仕掛けがついているんですよ。

どちらを開けるか子どもに選んでもらうと、より楽しめます。
複数人で読むととても盛り上がりそうですね!

created by Rinker
¥897 (2019/09/18 11:57:33時点 Amazon調べ-詳細)

『Go Away, Big Green Monster!』

おすすめポイント
対象年齢:1歳頃~
幅広い年齢が楽しめる仕掛け絵本。Go away!でモンスターを退治しよう。

小さい赤ちゃんでも見て楽しめる仕掛け絵本です。

“Big Green Monster has two big yellow eyes”(大きな緑のモンスターは黄色い大きな目を2つ持っている)
から始まり、
“a long bluish-greenish nose”(長い青っぽい緑の鼻)
“a big red mouth with sharp white teeth”(鋭い白い歯の大きな赤い口)……
と、くり抜かれた顔のパーツが一つずつ増え、おそろしいBig Green Monsterが完成!

完成したところから、今度は “Go away”(あっちに行け)とページをめくります。
すると、髪の毛がなくなって、最後は2つの黒目がちょんちょん、と描かれているだけに!

あんなに怖いモンスターが、とっても可愛い姿になっちゃうんです。

ちいくまま

前半と後半でパーツの組み合わせがちがうけど、こんなに印象が変わるのね!

小さい子は見ているだけでも楽しめます。
顔のパーツに加え、色や数、形容詞など色々な表現が学べるのも良いところ。
普段あまり聞かない表現も出てくるので、本格的に英語に取り組み始めたお子さんにも良いですよ。

created by Rinker
¥1,362 (2019/09/18 11:57:34時点 Amazon調べ-詳細)

絵本でハロウィンをもっと楽しもう

いかがでしたか?
どの絵本もハロウィンの楽しさを倍増させてくれること間違いなしです。

ちいくまちゃん

トリック・オア・リード!
読んでくれないといたずらしちゃうよ~!
海外由来のイベントの中でも異彩を放つハロウィンだからこそ、特別感ある楽しみ方ができると思います。

いつもの暮らしにファンタジーをもたらしてくれるハロウィン絵本。
秋の夜長に、親子で読んでみてくださいね。

▼簡単に仮装できるエプロンはすぐに雰囲気が出ておすすめです♪

あわせて読みたい
▼NHKの『すくすく子育て』でおすすめとして紹介された絵本をまとめています。
関連記事NHKのすくすく子育てで絵本の選び方特集!「どう選ぶ?子どもの絵本」放送内容まとめ

▼司書が選ぶおすすめファーストブックをご紹介しています。
関連記事ファーストブックのおすすめ絵本15選!絵本習慣につながる司書が選んだ良作です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です