MENU
いま読まれている記事
オウチーク!運営者

オウチークのちいくまま

ちいくまま

学力だけじゃなく本当の賢さが求められる時代が到来!
我が子が激動の時代を生き抜けるように、元教師で司書のママがおうち知育の研究をスタート。
オススメの知育教材・絵本など、楽しくて確かな情報をお届けします。
知育玩具の作り方&型紙配布も活用してくださいね♪

ご質問やレビュー依頼は、お気軽にお問い合わせからどうぞ!

詳しいプロフィール

オウチーク問い合わせバナー

育児本・幼児教育本が読み放題!Kindle Unlimited

クリスマスの子供向け工作★知育遊びにもなる飾りを親子で作ろう

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事では、1歳後半~5歳くらいまでの幼児と一緒に作る、クリスマスの工作アイディアをご紹介しています。

クリスマスが近づいてくると、用意したくなるのがクリスマス飾り。

ツリーやリースなどが定番ですが、他にも家の中を飾る色々な小物も飾りたくなりますよね。

今回は、そんなときにぴったりな飾りの簡単な作り方をご用意しました!
しかも、おうちにあるものでサッと作れます。

ちいくまま

2歳くらいの小さな子どもでも一緒に参加できるから、知育遊びにもなっちゃいます。

基本がシンプルだから、アレンジしても色々な飾りが作れますよ。

ちいくまちゃん

クリスマスに向けて、ぜひ作ってみてね~!

クリスマスに向けて、随時更新中です!

目次

クリスマスツリーの工作|丸シール

クリスマスツリーの工作|丸シール

クリスマスツリーの台紙に丸シールをペタペタ貼って、飾り付けをしてみましょう!

イルミネーションライトやオーナメントのイメージです。

2cmくらいの丸シールなら、1歳後半からでも参加出来ちゃいます。

用意する材料

  • 色画用紙・緑(ツリー本体)
  • 色画用紙・茶色(幹)
  • 色画用紙・黄色(星)
  • 色画用紙(背景用)
  • 丸シール

用意する道具

  • のり
  • はさみ(あらかじめツリーの台紙を切っておきます)
簡単なクリスマスツリー工作の材料

クリスマスツリーの工作|丸シールの作り方

まず、背景用の色画用紙にツリーをのりで貼っていきます。

ツリーの台紙を紙に貼る

幹⇒ツリー⇒星 の順番に重ねて貼ってくださいね。

台紙ができたら、あとは好きなように丸シールを貼っていくだけです!

丸シールをクリスマスツリーに貼る子供

クリスマスツリーの工作|丸シール【難易度アップ】

クリスマスツリーの工作|難しい丸シール

同じ丸シールでも、こちらは少々難易度がアップ。

あらかじめ引いておいた線の上にシールを並べて飾りつけをします。

用意する材料

  • 色画用紙・緑(ツリー本体)
  • 色画用紙・茶色(幹)
  • 色画用紙・黄色(星)
  • 色画用紙(背景用)
  • シール

用意する道具

  • のり
  • ペン
  • はさみ(あらかじめツリーの台紙を切っておきます)
クリスマスツリーの工作|丸シール【難易度アップ】の材料

クリスマスツリーの工作|丸シール【難易度アップ】

まず、はさみで形を作ったツリーにペンでラインを書いていきます。
イルミネーションライトをイメージしてみてくださいね。

台紙にラインを書いていく

次に、背景用の色画用紙にツリーをのりで貼っていきます。

ラインを描いたツリーを色画用紙に貼る

幹⇒ツリー⇒星 の順番に重ねて貼ってくださいね。

台紙ができたら、あとは好きなように丸シールを貼っていくだけです!

スノーマンの工作|紙皿

スノーマンの工作|紙皿

用意する材料

  • 紙皿
  • 色画用紙・黒(帽子)
  • 色画用紙・茶色(鼻)
  • フェルト(なければ色画用紙でもOK)
  • 丸シール

用意する道具

  • セロハンテープ
  • のり
  • ボンド
  • カッター
  • はさみ
スノーマンの工作の材料

紙皿は、直径15cm~18cmくらいのものが扱いやすいです。

ちいくまま

私は18cmのものを使いました!

フェルトはマフラーになります。

布を使った方がそれらしさが出ますが、なければ色画用紙でもOKです!

スノーマンの工作|紙皿の作り方

STEP
頭と胴体を作る

カッターで紙皿の真ん中部分をラインに沿って切り分けます。

切り分けたものが、スノーマンの頭と胴体になります。

切り込みを入れたら、あとははさみで切っていく方が簡単&きれいです。

紙皿の真ん中をカッターでくりぬく
残りはハサミで切ると切りやすい

こんな感じになりました。

紙皿がくりぬけたところ
STEP
帽子を作る

切り分けた紙皿の小さいほうにあわせて、帽子を作ります。

色画用紙を四角く切るだけでOK。

紙皿の小さい方に合うように帽子を作る
STEP
胴体に装飾をする

お子さんの出番!

胴体にシールやペンで装飾をしていきます。

ふくらみがあるほう(凸のほう)が上になります。
向きに注意してくださいね。

胴体部分にシールを貼る

紙皿は段差があってシールが貼りにくいので、上からしっかり押さえて密着させましょう。

段差があるのでシールはしっかり貼る
STEP
顔を作る

こちらもお子さんの出番!

顔に丸シールで目と口を貼り、のりで色画用紙の帽子と鼻を貼ります。

顔を丸シールで作る
STEP
頭と胴体を接着する

セロハンテープで頭と胴体を接着します。

先ほどもご説明しましたが、胴体部分はふくらみがある方を上にするのはこのためです。
ふくらみがあるほうが上でないと、テープが貼れません。

顔と胴体をテープで接着する
STEP
マフラーをつける

セロハンテープを貼った部分を隠すように、フェルトを切ってマフラーのように貼ります。

フェルトはボンドでしっかり貼ってください。

テープの部分をフェルトでマフラーにして隠す

以上でできあがりです!

天使の工作|紙皿

クリスマスの天使の工作

用意する材料

  • 紙皿
  • モール
  • シールやグリッターのりなど、装飾

用意する道具

  • はさみ
  • ペン
  • セロハンテープ

▼グリッターのりは昔パパママも遊んだことがあるかもしれませんね。キラキラのラメ入りののりで、乾くとラメが固まります。

STEP
紙皿に切り込みを入れる

紙皿に写真のように切り込みを入れます。

紙皿に切れ込みを入れる
はさみで切れこみを入れる
STEP
形を作る

紙皿の底のほうを上にして、真ん中の〇を起こします。

切り離した部分を持ち、くるっと丸めたら切り込み同士を合わせて形を作ります。

丸めて切れ込み部分を合わせる
組み立てる

切り込み同士を合わせると……

こんな形になります。

\じゃーん。天使だよ!/

組み立てた天使
天使の後ろ側
後ろ側
STEP
装飾をする

ペンやシールで天使を仕上げます。

装飾は組み立てる前の方がやりやすいです。

ちいくまま

一度組み立てても切り込み部分を外すだけだから簡単にやりなおせます!

装飾をした天使の工作
STEP
モールで輪を作る

モールで天使の光の輪を作ります。

ちいくまま

金色や黄色がオーラっぽくてGoodです。

天使の顔よりも少し大きめに、モールで丸を作ります。

モールを丸める

頭の後ろに差し込んだら、セロハンテープで留めます。

くるっと丸める
STEP
グリッターのりで装飾する

最後にグリッターのりで装飾をします。

ちいくまちゃん

ベタベタするから、最後にやった方がいいんだね!

クリスマスに光とともに周りを照らす天使。
キラキラにしちゃいましょう。

グリッターのりで天使を装飾

以上でできあがりです!

クリスマスリースの工作|紙皿

紙皿で、飾れるリースを作ってみましょう。

紙をちぎって土台になる紙皿に貼るだけなので、小さい子でも楽しんで作れますよ♪

クリスマスリースの工作

用意する材料

  • 紙皿
  • 色画用紙
  • 折り紙
  • リボン
  • グリッターのり

用意する道具

  • はさみ
  • のり
  • セロハンテープ

クリスマスリースの工作|紙皿の作り方

※紙皿のリースのみ、作っている最中の写真がなくてすみません。

STEP

紙皿の真ん中をカッターとはさみでくりぬきます。

紙皿スノーマンの作り方と同じです。

小さい円はもう使いません。

STEP

緑の紙をちぎります。
紙皿に貼れるサイズにしてくださいね。

ちいくまちゃん

色とりどりがキレイ♪

紙の中から緑色のものを探す遊びを取り入れても面白いと思います。

STEP

ちぎった紙をのりでペタペタ貼っていきます。

STEP

お好みの装飾をしていきます。

私は色画用紙でろうそくを作り、紙皿の後ろに貼り付けました。

娘には、グリッターのりでちぎった紙の上から好きに塗ってもらいましたよ。

STEP

最後に、リースの上部にリボンを結びます。

これで吊り下げられるようになりました。

以上でできあがりです!

▼我が家では段ボールハウスに飾っています♪

ダンボールハウスの簡単な作り方!折りたたみ式の可愛い秘密基地で遊ぼう!

クリスマスツリーの工作|紙コップ

紙コップがクリスマスツリーに変身!

リボンをつけるので、オーナメント代わりに吊るして楽しむこともできますよ。

紙コップのクリスマスツリーの工作

用意する材料

  • 紙コップ
  • 色画用紙・黄色(星)
  • リボン
  • 手芸用のポンポン

用意する道具

  • きり または 千枚通し(なければはさみ)
  • ボンド
  • セロハンテープ
紙コップのクリスマスツリーの材料

紙コップは緑色であればそのまま使えますし、他の色でも可愛いと思います。

ちいくまちゃん

白い紙コップに絵の具で色をぬってもいいね~。

ポンポンは、手芸用の毛玉のことです。
カラフルなものが見た目に楽しめます。

100円ショップでも購入できますよ。

クリスマスツリーの工作|紙コップの作り方

STEP
紙コップに装飾をする

紙コップにボンドでポンポンを貼っていきます。

ボンドでポンポンをつけていく

あらかじめポンポンを貼る位置にボンドを塗っておき、後からポンポンをつけるほうがやりやすいです。

▼2歳4ヶ月にボンドを渡すと……バランスよくポンポンを配置してくれましたが、ボンドがべちゃべちゃに!

\べちゃべちゃ/

ボンドを塗りすぎた
ちいくまま

ボンドは固まるから、雪のように見えなくもないけどね。

STEP
紙コップに穴を開ける

紙コップの底(こちらが上になります)に、きりや千枚通しで穴を開けます。

きりや千枚通しで穴を開ける
STEP
リボンをつける

穴にリボンを通します。

リボンを通す
STEP
リボンを留める

紙コップの内側のリボンを、セロハンテープで留めます。

リボンをテープで留める
STEP
星を貼る

正面に星を貼ります。

紙コップのクリスマスツリーの工作

以上で完成です。

ちいくまま

紙コップの内側に鈴をつけたら、ハンドベルっぽくなるかも!

色々とアレンジしてみてくださいね。

スノーマンの工作|トイレットペーパーの芯

クリスマスのころには雪が降っているでしょうか。

おうちの中でも、くつろぎながら雪だるまを作ってみましょう。

ちいくまちゃん

雪遊びができちゃうね!

モフモフの耳当て付きで、可愛い雪だるまです。

トイレットペーパーの芯で作る雪だるまスノーマン

用意する材料

  • トイレットペーパーの芯
  • 白い紙(トイレットペーパーの芯が白以外の場合)
  • リボン
  • モール
  • 手芸用のポンポン

用意する道具

  • はさみ
  • ボンド
  • セロハンテープ
  • ペン
トイレットペーパーの芯のスノーマンの工作材料

白いトイレットペーパーの芯は、本体にそのまま使えます。

白以外の場合は、白い画用紙を巻きつけて白くしています。

スノーマンの工作|トイレットペーパーの芯の作り方

STEP
トイレットペーパーの芯を白くする

トイレットペーパーの芯に白い紙を巻きつけます。
巻き終わりはセロハンテープで留めます。

もし端が余ってしまった場合、切り込みを入れてトイレットペーパーの芯の内側に折り込むと簡単に処理できます。

トイレットペーパーの芯が白以外の場合は白い紙を巻く
白い紙をテープで留める

\白くなりました/

端は折り込む
STEP
モールで耳当てを作る

耳当て(イヤーマフ)のワイヤー部分をモールで作ります。

アーチ状に曲げ、芯にセロハンテープで留めます。

モールをテープで貼る

モールは細いものを使うのがおすすめ。

当初、太いものを使いましたが、テープで留めたときにつぶれてしまい、ちょっと不格好でした。

モールは細い方が良い
STEP
ポンポンでマフを作る

耳あてのマフ部分をポンポンで作ります。

モールの上にボンドをつけ、上からポンポンをギュッと押して貼り付けます。

ちいくまま

乾くまで触らないでくださいね。

乾くとしっかりくっつきます。

ポンポンをボンドで貼る
ポンポンを貼ったところ
STEP
リボンでマフラーを作る

リボンを巻いて、マフラーのようにします。
そのままだと、するっと抜けてしまうので、ボンドやセロハンテープで留めると良いですよ。

本物のマフラーやストールの巻き方をしてみても可愛いと思います!

リボンをマフラー代わりに貼る
STEP
装飾をする
雪だるまの顔を描く

ペンで顔や体の模様を描きます。

以上でできあがりです!

モールをツリーに掛けてオーナメントにすることもできますよ♪

雪だるまは持ち運びもできる

クリスマス工作まとめ|飾りをみんなで手作りしよう

クリスマス工作まとめ|飾りをみんなで手作りしよう

小さな子でも楽しく作れるクリスマス飾り。
指先の器用さや想像力、色彩感覚を養いながら、季節のイベントを楽しめちゃいます。

パパママにとっても子どもにとっても、かけがえのない楽しい思い出になりますよ。

子どもたちの作った飾りを見れば、プレゼントを持ってきたサンタさんも思わず笑顔になってしまうはず。

ちいくまま

素敵な飾りつけを作って、世界でただひとつのクリスマスを過ごしましょう!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる