0歳からの無料習い事体験でギフト券2500円!コドモブースターのキャンペーン中

ワールドワイドキッズとディズニー英語の違いは?教材を使って詳しく比較しました

ワールドワイドキッズとディズニー英語の違いを比較したアイキャッチ

ワールドワイドキッズ(WK)ディズニーの英語システム(DWE)
それぞれハイレベルな幼児向けの英語教材として有名ですよね。

どちらもオールイングリッシュプログラム、0歳児の赤ちゃんから始められるなどの共通点があります。

だからこそ、「どっちを始めたらいいの?」と悩んでいる方も多いようです。

ちいくまま

我が子にあったものを選んであげたい……!
というわけで、どちらも体験した私が、それぞれの教材の違いについてまとめてみました。
※現在はワールドワイドキッズを受講しています。

ざっくりまとめ!ワールドワイドキッズとディズニー英語の違いは?

ざっくり2つの違いを表でまとめてみました。
中でも気になる部分については、表の後で個別に詳しくまとめています。
そちらも併せてご覧くださいね。

←左右にスクロールできます。→
ワールドワイドキッズ
(WK)
ディズニーの英語システム
(DWE)
対象年齢 0歳~6歳 0歳~12歳
語彙数 約6,000語
※変化形含む
約2,800語
※変化形含まない
教材の内容 DVD・CD
絵本
知育玩具・電子玩具
デジタルコンテンツの連動教材
おうちの方向けサポート冊子
DVD・CD
絵本
電子玩具などのセット教材
有料オプション商品
フォニックス
教材の有無
あり なし
サービスの内容
  • 電子玩具の保証(1年)
  • 活用NAVI(サイト・アプリ)
  • 活用窓口相談
  • 教材の保証
  • 電話窓口相談
※有料会員向けのサービス
アウトプット
  • ワークショップ(有料)
  • Talk’n Play online(有料オンラインレッスン)
  • コンサート
  • テレフォンイングリッシュ
  • イベント・パペットショー
価格 226,800円~
272,160円(税込)
150,120円~
963,360円(税込、会員価格)
会費 月会費0円 正会員の月会費3,100円
お届け方式 分割、一括 一括購入
途中解約
定期お届けの場合可能
×

ワールドワイドキッズ(WK)の特徴

  • 推奨年齢:
    0~6歳
  • 教材の価格:
    およそ20万円~
  • 教材はオリジナルとそうでないものがある:
    教材と関連した有名知育玩具やおもちゃや、人気の英語絵本がついてきます。
  • 教材のお届け方法:
    分割と一括が選べる
  • 月会費:
    完全にゼロ
  • 教材の保証サービス:
    電子玩具などは1年間保証、その他は基本的に有償
  • アウトプット:
    ワークショップや講座(別途有料)に参加可能
    Talk’n Play onlineというオンラインでのアウトプットサービス(月額およそ2,000円で月に2回から可能、対象年齢2・3歳から)があります。
  • イベント:
    一部地域でのみ実施。
  • 親向けサポート:
    ペアレンツガイドという冊子が各Stage1冊ずつついてきます。
    また、活用NAVIや、ネットゲームのようなデジタルコンテンツ、Mimiと遊べるアプリなどがあります。
  • フォニックス:
    あり
  • 語彙数:
    変化形を含んで約6,000語(DWEとは計算方法が異なります)
    ※2018年度時点の中学校学習指導要領では、WKのカウント方法と同じ方法で約1,200語なのでかなり多い!

ディズニーの英語システム(DWE)の特徴

  • 推奨年齢:
    0~12歳
  • 教材の価格:
    およそ15万円~96万円(会員価格。一般価格だと98万円にもなります)
    ▼こちらの記事もチェック!
    参考DWEの正規値段表|ディズニー英語各セットの内容、収録語数、単体購入手順など総まとめ!
  • 教材の内容:
    すべてオリジナル
  • 教材のお届け方法:
    一括で届く
  • 月会費:
    月額3,100円(消費税8%込)
    家族単位なので、兄弟が入会しても金額は変わりません。
    また、教材だけ買っても入会しなければ会費0円です。
  • 教材の保証サービス:
    充実(会員のみ、絵本などの破れにも対応)!
  • アウトプット:
    会員になると電話で会話できるサービス(テレフォンイングリッシュ)があります。
    イベントも各地でやっています。
    能力認定があります(任意で受ける試験みたいなやつ、全部やるとディズニーシーで卒業式)。
  • 親向けサポート:
    教材の使い方をレクチャーしてくれる「DWEファースト・ステップ」があります。
  • フォニックス:
    なし
  • 語彙数:
    変化形を含まず約2,800語(WKとは計算方法が異なります)

WKとDWE、特に気になるところを詳しく比較!

おそらく多くの人が特に気になるのは、

  1. 教材について
  2. イベントなどのアウトプットはどうなのか
  3. 値段について
という3点ではないでしょうか。

そこで、これらについては詳しく比較していきます!

教材はどんな違いがある?

ディズニー英語システムの無料サンプル視聴中

出典:ディズニー英語システム無料サンプル

それぞれ微妙に路線が異なります。

登場キャラクター

まずは、キャラクター。
DWEはたくさんのディズニーキャラクターが登場します。
2019年4月にリニューアルした教材では、それまでいなかった『アナ雪』や『ラプンツェル』、『モンスターズインク』、『カーズ』などのキャラクターが登場しました。
人気キャラクターということで、子どもの興味をひきますよね。

一方、WKはMimiをはじめとした4人組がメインキャラクター。
各Stageの復習DVDにのみ、Mr.Clarkというおじさんが登場します。
子どもに近い年齢のキャラクターが中心なので、親しみを持って取り組めそうです。

ワールドワイドキッズの登場キャラクター

▼Clarkさんはこんな方です♪

この投稿をInstagramで見る

【Step Up DVD】日本の幼児番組ではあまり見られない要素をたくさん入れ込んで、こだわって作り上げました! アメリカの幼児番組を制作しているTV局に突撃電話取材して、「年齢や性格などさまざまでバランスの取れた登場人物」「歴史や時間経過を感じられる重厚感のある画面」「人生経験のある司会者」などを教えてもらったことが大きいかな。おかげで長く楽しんでいただけるものになりました! [WK開発者:hmmのお気に入り] #ワールドワイドキッズ #英語絵本 #英語絵本読み聞かせ #幼児英語 #子ども英語 #英語育児 #親子英語#絵本記録 #ワールドワイドキッズしてる人と仲良くなりたい #ワールドワイドキッズフォニックス教材 #フォニックス #おうち英語 #wke

WorldWideKids_Benesseさん(@worldwidekids_benesse)がシェアした投稿 –

使用される歌にも特徴があります。

DWEはオリジナル曲がかなり多め。
良い意味で、やたらと耳に残ります(What’s in your basketなどなど)。
歌詞を優先して後からメロディーをつけたそうで、これにより独特のイントネーションやアクセントが身につくのだそうです。

ちいくまま

気が付いたら口ずさんでる……!
朗読では暗記できなくても、歌詞ならすぐに覚えられそう!

WKもいっぱいオリジナル曲はありますが、世界の曲を多めに取り入れています。
マザーグースとかビートルズとか、年代的にも幅広いですね。
映像はオリジナルですしアレンジがきいているので、新鮮で面白いかも!

ちいくまま

ハワイアンな『大きな栗の木の下で』とか、和む~

絵本

会話や構文が学べる、絵本。
どちらもストーリーを楽しみながら英語表現を学べます。

DWEは、絵本をタッチすると光って読み上げてくれるペンがついてきます。
タッチするだけで読み聞かせができるので、英語が苦手なご両親にもおすすめ。

WKの絵本には、タッチペン対応の読み上げ機能はあまりありません。
※フォニックス教材のみ読み上げ機能あり。

その代わり、朗読CDが充実。
通常の朗読に加え、効果音付きなどのアレンジもあって、楽しく聴くことができます。
一部の絵本はDVDで映像も観られますよ。

おもちゃ

道具・遊具の傾向も異なります。
単体だと英語に関係のないおもちゃ(※)系で言うと、

DWE:おもちゃはプレイアロングとレッツプレイにほぼ集中
WK:おもちゃはすべてのStageに1つ以上あり
という形になっています。

MEMO
おもちゃとは、DVDの中で使い方を英語で説明していたり、英語を使いながら遊ぶことで英語の習得を進めるタイプの教材です。
ワールドワイドキッズでは、有名知育玩具の「ネフスピール」や「ベビーキューブ」などがついてきます。
知育につながりそうなアイテムが多め。

フォニックスの有無は?

フォニックスパズルと収納ボックス

WKのフォニックス教材(パズル)

フォニックスの有無についても気になるところですよね。

DWEはフォニックスについては押し出していません。
調べた限りでは、フォニックス抜きで多数の語彙から自然習得させてあげる方針のようです。

逆にWKはフォニックスを押し出しており、2019年4月からパワーアップした教材を出しました。
以前からDVD等の音声付き教材に取り入れているようで、力を入れています。

▼フォニックス教材のすべてを、詳しくレポートしています。
参考ワールドワイドキッズのフォニックス教材リニューアル!全内容紹介します【画像付き】

アウトプットの方法は?

ここでいうアウトプットは、イベントの豊富さやネイティブの先生との交流方法にしぼってお伝えします。

イベント

イベントの参加しやすさについては、回数、開催地の多さの両方でDWEが上回っています。

DWEは全国各地で開催しており、月に各会場で数回開催しています。
そのため少し離れた地域のイベントに参加して、その前後に家族で観光も楽しむ、という使い方もできちゃいます。

ちいくまま

旅行好きにはおすすめかも!

一方WKは開催地が限られており、回数も限られています。
ユーザーとしてはもっと色々なところでやってほしいところ!><
シェアが拡大したらもっと開催地も広がるかも??

ちいくまちゃん

いっぱい色んなところでやれるようになるといいね~

家でできるアウトプット

イベントは遠出が必要だから大変……という方には、それぞれに家でできる交流方法が用意されています。
DWEはテレフォンイングリッシュサービス。
会員(月額約3,000円)になっていれば週に1回ネイティブスピーカーの先生と電話でレッスンができます。

WKはTalk’n Play onlineというWebカメラを使ったレッスンができます。
WK本体とは別料金となっていて、月2回で月額約2,500円(一括払いで月額約2,000円)。
追加料金を払うことで月3回以上の受講も可能とのことです。

重要なのがお値段!価格的なお得さは?

最後はみんな気になるお金の話です。

教材の総額

総額は断然WKの方が安い!
それぞれフルセットで購入すると、DWEが80万円強WKが20万円強
約60万円の差があります。

対象年齢的に考えると、DWEは0~12歳、WKは0~6歳と倍の差があります。
が、DWEを半額にしても40万円対20万円でWKが安くなる形。

ちなみに最大のDWE 13年、WK 7年使った場合の月額を計算すると、DWEは月に約5,100円。
WKは月に約2,400円となります。

ちいくまま

どっちにしても、英会話教室よりかなり安いのね。
語彙数の差が計算方法の違いのために比較できないので、言葉の数で比べられないのが悩ましいですね……。

会員費

月会費はDWE約3,000円、WK 0円とWKの方が安く感じます。
しかしWKの場合はTalk’n Play onlineを一緒にやると、月額約2,500円。
短期的にはそれほど変わらない額になるようです。

Talk’n Play onlineは小学校に上がる頃には卒業となるので、長い目で見るとやっぱりWKの方が安くなります。
その分、WKは小学校に入ってからどうするかを考える必要があるのですが💦

保証のコスパ

保証のコスパについては圧倒的にDWE。
特に赤ちゃんの時期は紙をかじったりおもちゃを投げ落としたり大変。
DWEは会員になっていればいくらでも無料です。
WKは電子玩具系は1年保証、その他は有料となっています。

総合的に見ると、

  • DWEは保証の面や別の章でまとめたイベント・サービス面で優遇されているものの、支払い額は高額。
  • WKはDWEと比べるとかなり安いものの保証面が若干弱く、オンラインレッスンを受けるとプラスで金額がかかってくる。
という点があります。

ちいくまま

選ぶなら値段とサービス、両方の面から検討しないとね。

ワールドワイドキッズとディズニー英語のどっちが合いそう?両方やってみる?

いかがでしたか?
それぞれに優れた点があるのでじっくり見比べてみてくださいね。

ちいくまちゃん

迷ったら自宅体験もしてみてね!

▼両方受けてみたレポです。0歳児も大興奮の内容でした!

リッチなご家庭では両方やってみるのも面白いかと思います。
かなりのボリュームになるので、使い切るのはなかなかシビアかと思いますが……💦

ぜひ家族で豊かな英語体験をしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です