0歳からの『頭のいい子が育つ』絵本って?

太鼓を手作りしよう!ミルク缶と100均で簡単可愛いおもちゃが完成【型紙あり】

太鼓を手作りしよう!ミルク缶と100均で簡単可愛い、赤ちゃんのおもちゃが完成!

1歳くらいからの楽器遊びでおすすめなのが、太鼓です。
手指がめざましく発達するころなので、遊びの中でも手指や腕を使わせるように意識したいもの。
太鼓はそんな時期にぴったりのおもちゃなんです♪

太鼓のおもちゃはたくさん市販されていますが、実は身近なもので簡単に作ることもできます。
それがミルク缶
しかも好みの見た目で可愛く作ることだって可能です。

この記事では、ミルク缶を使った太鼓のおもちゃの作り方を写真付きで詳しく紹介しています。
型紙も配布しているので、ぜひ参考になさってくださいね。

太鼓を手作りしてみよう

我が家では、娘が生後10ヶ月の頃からフォローアップミルクを足しています。
スティックに比べて安価な缶のパッケージのほうを購入しているので、缶がたまるたまる……💦
おもちゃにリメイクしたいな~とずっと思っていたので、ちょうど良い機会でした!

太鼓作りに使うミルク缶とバチ代わりのスプーン

知育のポイント
  • 好きな音楽をかけて、好きなようにポンポン!
  • 感じたままに叩くと、脳の働きが高まります。
  • リズムに合わせてポンポン! リズム遊びになります。
  • 目で膜を確認しながら叩くので、手の器用さアップ。
  • 目と手の協応力もアップ。
  • もちろん腕の筋力アップも期待できます。

ミルク缶と100均でOK。太鼓の作り方【型紙あり】

参考にしたのは、たくさんのクラフトレシピを掲載している「A Beautiful Mess」の以下の記事。

可愛いのに本格的な太鼓ですよね。
今回は、ミルク缶を使って再現しています。

必要な材料
  • ミルク缶
  • 合皮またはスエード 2枚
  • 布か紙(ミルク缶の大きさに合わせて、横43cm・縦17.5cmくらいの大きさ)
  • 紐(麻ひもがナチュラル&丈夫でおすすめ!)
ミルク缶の太鼓作りに必要な材料

必要な材料

必要な道具
  • はさみ
  • 両面テープ
  • 手芸用ボンド
  • ペン
  • 定規
  • 穴あけパンチ(紙用でも大丈夫でした)

合皮は膜代わり。
風船を被せる方法もありますが、割れたら怖いので合皮を選びました。

布と紙では布の方が貼りやすいです。
紙は一度貼るとはがしにくいですし、はがすときに破れる可能性があります。
ドット柄は可愛いですし、どこをとっても模様に差がないので使いやすいと思います。
私はカシャカシャおもちゃを作ったときの余りの布を使いました。

作り方
手順1
ミルク缶の上下を缶切りで切り取ります。

ミルク缶の上下を缶切りで切り取ったところ

切り取った部分はとても鋭利なので注意!
缶にはフタをしますが、ギザギザ感が気になるようであれば、ビニールテープでカバーしたり、やすりをかけて滑らかにすると良いですよ。

切り取った部分はとても鋭利なので注意!
手順2
ミルク缶の周囲に合うように布か紙をカットします。
横 43cm(余裕あり)
縦 17.5cm
くらいでした。
手順3
ミルク缶に両面テープを貼ります。
100均に幅があるものがあります。便利!

ミルク缶に両面テープを貼ったところ
手順4
布か紙を慎重に貼っていきます。
巻き終わりは手芸用ボンドで貼り、はがれないようにします。

ミルク缶に布か紙を慎重に貼ったところ
手順5
合皮を2枚カットします。
ミルク缶の周囲3cmの位置にペンで印を付け、切り取ってください。
コンパスがない方は、当サイトでダウンロードできる型紙を切り取り、合皮の上に配置して使ってくださいね。

太鼓のフタ型紙


手作り太鼓の型紙をダウンロード
合皮をカットしたところ
手順6
合皮に穴をあけます。
型紙をお使いの方は、○の位置にペンで印を付けておいてください。

穴の位置にペンで印を付けたところ

型紙をお使いでない場合は、8等分に印を付けて穴をあけます。

太鼓の合皮に穴をあける位置(8等分)

※型紙をお使いでない場合


紙用の穴あけパンチを使っても大丈夫でした。

合皮に紐を通す穴を開けたところ
手順7
穴に紐を通します。

穴に紐を通したところ
手順8
ミルク缶に被せ、紐をきつく引っ張りながら結びます。
もう一方も紐を通し、ミルク缶に被せ結んでください。

合皮をミルク缶に被せ、紐をきつく引っ張りながら結んだところ
手順9
上下を紐で斜めに結びます。
引っ張りながらしっかり結んでくださいね。

上下の合皮を紐で斜めに結んだところ
手順10
合皮とミルク缶が接する部分をボンドでくっつけます。

合皮とミルク缶が接する部分をボンドでつけたところ

以上で出来上がり!

ミルク缶と100均でOK。太鼓の作り方

太鼓のばちの作り方

太鼓を演奏するために用いる「ばち」。
ミルク缶に付属のスプーンをそのまま使っても良い音がします。

スプーン同士を貼り付けてビニールテープでまとめると、どちらの面でも叩けます。

付属のスプーン以外で代用するのであれば、

  • おままごと用の木製スプーン
  • 割りばし
  • めん棒

などがおすすめ。
ヘッド部分に綿を巻き付けると、それらしい見た目になりますよ。

太鼓のばちの作り方

手作り太鼓の遊び方色々

まずはパパやママがポンポン叩く様子を見せてあげましょう。
叩くだけで音が鳴る太鼓は、きっと赤ちゃんの興味を引くはず。

ちいくまちゃん

簡単に音が出て、楽しいね!

手のひらで叩くこともできます。
音の違いを楽しめます。

転がすこともできるので、追いかけながら運動だってできちゃいます。
手で押すと少し手応えがあるので楽しめますよ。

手作り太鼓は転がして遊ぶこともできる

1歳になったばかりの娘の反応は?

手作り太鼓を叩いて遊ぶ赤ちゃん

最初は遊び方がわからなかったからか、転がして遊んでいました。

そこでママが叩いて見せてあげると……
「それならアタシにもできるわ!」とでも言いたげな顔でスプーンを強奪!
ドンドンポコポコ叩き始めました。

棒を振り回したり叩いたりするのが好き(?)な子なので、満足そうにしていましたよ。

太鼓は他の楽器よりも簡単に音が出るので、はじめての楽器遊びにもぴったり。
ミルク缶が余っている方、ぜひお子さんに作ってあげてくださいね!

▼おもちゃの太鼓を卒業して、ホンモノで遊ばせたいという方におすすめな太鼓です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です