0歳からの無料習い事体験でギフト券2500円!コドモブースターのキャンペーン中

布おもちゃ・布絵本の洗濯・消毒方法まとめ。きれいに使って安心長持ち!

布おもちゃや布絵本の洗濯消毒方法を紹介

布おもちゃや布絵本は、汚れがちなもの。
とはいえ洗濯OKなのか、普段の消毒はどうすれば良いのかわかりづらいですよね。

ちいくまま

子どもが口にすることもあるものだから、清潔にしたい!
それと衛生面だけでなく、きちんと手入れして長く使いたいところ。

この記事では、布おもちゃや布絵本について

  • 洗濯・消毒方法
  • 保管方法
をまとめています。

▼赤ちゃんのおもちゃの定番・布のカシャカシャおもちゃの型紙を配布しています♪
関連記事【型紙あり】赤ちゃんのカシャカシャおもちゃの作り方。写真つきで解説します

▼こちらの本で、住宅アドバイザーさんの詳しい解説も読めます。

布おもちゃや布絵本の洗濯方法は?

基本的に、洗えないフェルトなどを使っていない限りは丸洗いが可能です。
ご自身の手作りであれば、どんな素材か分かりますよね。
市販のものならタグを確認しましょう!

さて洗い方についてですが、結論から言って、洗濯機でも手洗いでも洗えます。
洗剤は、赤ちゃんの服を洗っている洗剤と同じものでOK!
それぞれ以下の点に注意してください。

洗濯機を使用して洗う場合

洗濯機を使用する場合は、ネットに入れて洗います。

ちいくまちゃん

ネットを使わないと、くっついてるものが取れちゃうかもしれないんだって!
すすぎは2回でしっかりと洗剤を落としましょう。

その後、天日干し。
雨天時や花粉が気になる時期は、乾燥機で乾かしましょう。
カビや雑菌がつかないように、しっかり水気をなくすことが大切です。

手洗いする場合

型崩れが心配な布絵本や人形は、手洗いすると安心です。
こちらも水を変えてしっかりすすぎます。

ちいくまま

洗剤が残ってると大変だからね!

手洗いの場合は脱水が難しいのですが、タオルにくるんで水気を取りましょう。
その後、天日干しか乾燥機で乾かします。

洗えないフェルトを使ったおもちゃなどのお手入れは?

フェルトには洗えるものと洗えないものがあります。
洗える場合は、商品パッケージに書いてあります。

洗えないフェルトを使ったおもちゃは、洗うと縮んでしまったり、毛玉が出来たりします。
もちろん洗濯機もダメ、手洗いもダメ。

ですが、次の3ステップで汚れを落とすことができるんです。

  1. 水を含ませたタオルで汚れた箇所をたたいて落とす
  2. 風通しの良い日陰で乾かす
  3. 乾いた後、表面が毛羽立っている場合はアイロンを軽くあてておさえる

この方法なら、縮みや毛玉を出さずにお手入れできますよ!
たたいて落とすときは、力を入れ過ぎたりこすらないように気をつけてくださいね。

洗う頻度はどれくらい?普段のお手入れはどうするの?

おもちゃはこまめに洗うのが一番良いのですが、できれば週1回くらいのペースで洗いましょう。
最低でも月1回は洗濯しておくと良いです。
もちろん赤ちゃんがなめたりしゃぶったりしたら、その日のうちに洗ってあげた方が安全です。

普段のお手入れは、使った後に汚れを払ってから片付けるのを心がければ十分。

布おもちゃや布絵本の保管方法

布おもちゃを大事に保管するには、押さえておくべきポイントが3つ。

  • 密閉させない
  • 湿気をつけない
  • ほこりをつけない

できるだけ風通しの良い場所にしまって、乾燥状態が保てるようにしましょう。
それから、しまっておく入れ物も向き不向きがあるので注意!

プラスチックケースはほこりを寄せ付けやすいのがネック……。
網状のプラケースにほこりがたまっているのを見たことがある方も多いのでは。
その一方で、中が洗いやすいというメリットもあります。
こまめに洗ったり拭いて清潔にしておきましょう。

▼プラスチックケースは消毒用エタノールを使えば簡単にお手入れできます。

created by Rinker
ドーバー酒造
¥751 (2019/09/18 22:30:58時点 Amazon調べ-詳細)

木製なら通気性も良いので安心。
ただしプラスチックケースのように頻繁には洗えません。
湿気やほこりには注意しましょう。

おすすめは吊るし収納です。
100均で売っているネットや突っ張り棒を活用してハンモックのようにすると、保管とディスプレイが兼ねられて一石二鳥!
風通しが良く、ほこりもたまりにくくなっています。

ちいくまま

ただし、赤ちゃんがいたずらしないように注意しないとね。

布おもちゃ・布絵本をきれいに使って長く大切にしよう

赤ちゃんや子どもにとって、布のおもちゃや絵本はフワフワ気持ちよくて安心するもの。
パパやママにとっても、大事な子どもとの思い出がつまった大事なおもちゃになっていくものです。

安全のために清潔にしておくことも必要ですし、長持ちさせるためにもきれいに使ってあげることも肝心ですよね。
しっかりお手入れをして、長く大切に使っていきましょう♪

参考資料:『かんたん!かわいい!0・1・2歳児の布おもちゃ&布えほん』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です