0歳からの無料習い事体験でギフト券2500円!コドモブースターのキャンペーン中

『あおいよるのゆめ』は新たな寝かしつけ絵本の定番!仕掛けありの優しく美しい物語

『あおいよるのゆめ』は新たな寝かしつけ絵本の定番!仕掛けありの優しく美しい物語

赤ちゃんのちいさな指でできること、どんなことがあると思いますか?

『あおいよるのゆめ』はイタリアの仕掛け絵本。
ちいさな指でも動かして楽しめる、7つの仕掛けがついています。

その名の通り、深いブルーが印象的な『あおいよるのゆめ』
たまたま立ち寄った本屋さんで一目惚れして買っちゃいました!

この記事では、新たな寝かしつけ絵本の定番?!
ワールドライブラリーの『あおいよるのゆめ』の内容をご紹介しています♪

『あおいよるのゆめ』は優しくて幻想的

幻想的な青い表紙が目印の、『あおいよるのゆめ』。
サブタイトルに「ちいさな ゆびで」とあるように、小さな赤ちゃんでも触って動かすことができる仕掛け絵本です。

ワールドライブラリーの『あおいよるのゆめ』の表紙

短い絵本ですが、全体を通して優しくて幻想的な雰囲気。
指先の知育にもなりそうですし、想像力もふくらませられそうです。

ちいくまちゃん

すいすい動かせて、気持ちがワクワクするよ~!

指で動かせるしかけ部分

国内の出版元は「ワールドライブラリー」
素敵な絵本の定期購読サービスの「ワールドライブラリーパーソナル」を利用されている方も多いのでは?

▼ワールドライブラリーで講読すると、定価1,800円が1,000円になります!

月額1,000円(税別)で、毎月世界の絵本をご家庭にお届けします。

著者は「ガブリエーレ・クリーマ」さん、訳者は「さとうななこ」さん。
他に『ようせいたちのもり』という作品もあります。

ファーストブックとして、またおやすみ絵本としても素敵な絵本です。

『あおいよるのゆめ』のあらすじ

『あおいよるのゆめ』は前述のように、表紙を含めた7つの仕掛けがついた絵本。
夜空、花畑、海……と次々に場面が切り替わっていきます。
なんとなくつながりのあるような美しい風景が現れる様子は、どこか夢をみているよう。

『あおいよるのゆめ』の美しい風景が現れる様子

タイトルから夜の風景が多そうに思えますが、半分は昼間の景色です。

『あおいよるのゆめ』の海のページ

『あおいよるのゆめ』のチューリップのページ

訳者のさとうななこさんが訳した呼び掛けるような優しい語り口が、穏やかな気持ちにさせてくれました。
実は、最初は原著(イタリア語)を購入しようと思ったのですが、こちらのバージョンを選んでよかったと思っています。

『あおいよるのゆめ』を読んだ赤ちゃんの反応は?

もうすぐ1歳になる娘は、夢中になって仕掛けに触っていました。
指に引っ掛けて動かす仕掛けなので、やり方を見せてあげたら自ら触るようになりました。

うちの子の場合、下げるのはお得意ですがまだちょっと上に引き上げるのは難しいようです。
なので持ち上げるところはパパ・ママが一緒にやってあげています。

『あおいよるのゆめ』の虹のページ

虹の仕掛けは「裏側に何かある!」と思ってか、仕掛けを動かさずに隙間へ手を突っ込もうとしちゃいました。

しっかりしたボードブックですが、仕掛けの隙間に手や指が入ると破れてしまうかも。
様子を見ながら読ませてあげるようにしています。

大人も夢心地になれる『あおいよるのゆめ』

『あおいよるのゆめ』の最後のページ。寝かしつけ絵本にもぴったり

『あおいよるのゆめ』の美しい世界観は、子どもだけではなく大人も夢心地にしてくれます。
素朴で優しい、それでいて幻想的なタッチが安らぎをもたらしてくれるのでしょう。

日頃から忙しく過ごしているパパやママほど、実は子どもへの読み聞かせでゆったり過ごすことが大切です。
この絵本を眠りにつく前に読めば、親子で素敵な夢を見ることができるかも……?

▼ワールドライブラリーで講読すると、定価1,800円が1,000円になります!
お子さんの年齢別に世界中の素敵な絵本をセレクトしてくださるので、おすすめです♪

月額1,000円(税別)で、毎月世界の絵本をご家庭にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です