0歳からの『頭のいい子が育つ』絵本って?

ゴビモビールの作り方を写真で詳しく解説!ワンコインでもできる美しいグラデーション!

ゴビモビールの作り方を写真で詳しく解説!ワンコインでもできる美しいグラデーション!

ゴビ・モビールは、グラデーションがとても美しいモビール。
モンテッソーリ教育の視覚教材として有名ですが、インテリア性が高くて大人も釘付けになってしまいます。

本来はシルクの糸を使うようですが、ちょっとお高い……。
そう思って普通の刺しゅう糸で作ってみましたが、コツを押さえれば、なめらかな見た目に作ることができました。

そこで、この記事では、ゴビモビールの作り方を詳しくご紹介します。
なるべく費用を抑えて簡単に作りたいという方のご要望にもお応えできると思います。
ぜひ参考になさってくださいね。

ゴビ・モビール(ゴッビ・モビール)とはどんなもの?

手作りゴビモビールの完成図 Gobbi Mobile

対象年齢
0歳3ヶ月~4ヶ月頃
設置場所
ねんねしている赤ちゃんの視線から30cmくらい上に設置
風が入る場所やエアコンの風が少し来るところがおすすめです。

ゴビモビールは、生後3~4ヶ月頃の赤ちゃんの視覚の発達を促すモビール。
モンテッソーリ教育者である、イタリアのジャンナ・ゴビ(Gianna Gobbi:1919年12月5日生~2002年1月29日没)が考案したそうです。

生後間もなくの赤ちゃんは、白黒のはっきりしたものが認識しやすいですが、生後3ヶ月にもなると色の識別ができるようになってきます。
ゴビモビールは5段階~7段階のグラデーションになっており、濃い色から見ていくと視覚が刺激されるというものです。

ちいくまちゃん

グラデーションがきれいだね!
大人が見てもうっとりしますよね。
インテリア性も高いので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

ゴビモビールの材料と作り方

ここでは、5色のゴビモビールの作り方をご紹介します。
材料を増やせば、7色でも作れます。

用意する材料
  • 刺しゅう糸(8m) 5色
  • ピンポン玉 5個
  • 竹ひごや細い棒
  • タコ糸など吊るす用の糸

ゴビモビールを作るのに必要な材料

ピンポン玉は、100円ショップに6個入り100円のものが売っています。
私も、100均ダイソーで6個100円のものを購入しました。

手作りゴビモビールは100均のピンポン玉を使うと作りやすい

刺しゅう糸は手芸用品店で手に入ります。
私は楽天で購入しました。
199円の送料はかかりますが、安く5色入りのものを手に入れることができました。

ちいくまま

無駄がなく使えたのもGood!
こちらの「水色~ネイビー系」のパターンです。

色は微妙にトーンが違います(赤みがあるもの、青みが強いものが混在)。
そのため、気になる方は手芸店で手に取ってみることをおすすめします!

手作りゴビモビールのシルク糸は普通の刺繍糸で代用

とってもお得な刺繍糸セット 刺しゅう、ミサンガに 《 刺しゅう 刺繍糸 ミサンガ 刺しゅう糸 マクラメ 》

使う道具
  • はさみ
  • 手芸用ボンド
  • 両面テープ
当記事を見て、作るのが大変そう……と思った方向けに、完成品や手作りキットもあります。
参考モンテッソーリセレクト既製品 手作りキット
作り方
手順1
ピンポン玉に両面テープを貼り付けます。
両面テープの粘着力で、巻いた糸がはがれにくくなります。

多少よれてしまってもOK。
こすって凹凸を少なくすれば、糸を巻いたときも盛り上がらずきれいに巻けます。

ピンポン玉に両面テープを貼ったところ
手順2
糸を巻いていきます。
端から巻いていくのではなく、真ん中から放射状に巻いていくことがポイントです。
MEMO
ピンポン玉には、上下に柔らかいところがあります。
真ん中はこの柔らかいところにしましょう。

刺繍糸をピンポン玉に結んだところ
手順3
糸がいくらか重なってきたら、真ん中の柔らかいところを指で押しながら巻くようにします。
こうすることで、重なったところが盛り上がらずにきれいな球体になります。
けっこう強めに押してもOK。

ちいくまま

押しが足りないと玉ねぎのように盛り上がってしまいますので注意!

刺繍糸をピンポン玉に放射状に巻いているところ
刺繍糸がほとんど巻けたところ
手順4
スキマなく巻けたら、巻き終わり。
8mの刺しゅう糸だと、スキマなく巻けると思います。
最後にちょろっと糸が残します。

手作りゴビモビールの5色のグラデーションボール
手順5
巻き終わりで残した糸に、吊り下げ用の糸を結びつけ、ボンドで球体に貼り付けます。
MEMO
ボンドは慎重に塗りましょう。
べちゃべちゃになってしまうと取れないので、見た目が良くありません。

以上の作業を5個分繰り返します。

玉に吊り下げ用の糸を結んだところ
手順6
吊り下げ用の糸を、竹ひごなどの細い棒に結びつけます。
このとき、色が薄くなるにしたがって糸を短くしていきます。

ちいくまま

壁で水平をとって作業するとやりやすい!
私はあまり段差をつけませんでしたが、段差があると動きがより楽しめると思います。

玉の高さのバランスをとっているところ
手順7
竹ひごにも吊り下げ用の糸を結び、設置場所に結びつければ完成です。

吊り下げる場所が見つからない……という方は、壁にフックを取り付け、そこに設置してもOK。
他のモビールに比べてコンパクトなので、壁掛けにも対応できるんです。

壁掛けにした様子

手作りゴビモビールは壁に掛けて楽しむこともできる

下から見た様子

手作りゴビモビールを赤ちゃん目線で下から見上げたところ

ゴビモビール作りで気を付けるポイント

ゴビモビールを作ってみて、いくつか気を付けることがありました。

時間があるときに作る

まず、刺しゅう糸はぐちゃぐちゃになりやすいです。
途中で保管すると、再開時にぐちゃぐちゃの糸をほぐすところから始まり非常にストレスに……。

ひと玉作り出したら、中断せずに一気に作りたいところ。
一日にひと玉、のペースで作業するのがおすすめです。

怪我に注意

糸をたるみなく玉に巻き付けていきます。
そのため、糸が指に食い込んでいつのまにか怪我をしていることが!
くれぐれも気を付けて作業してくださいね。

このように、ゴビモビールは他のモビールよりも作るのが少し大変でした。
ただ、自宅用ですので、うまくいかなくてもご愛嬌、という感じで手作りを楽しんでいただきたいと思います。

皆さんもぜひ作ってみてくださいね。

あわせて読みたい
▼モンテッソーリ教育のモビール、色々手作りしています。型紙の配布もしているので、ぜひ参考になさってください。
関連記事【型紙配布】正八面体モビールの作り方。キラキラ光る、赤ちゃんの小宇宙♪
関連記事【型紙配布】ダンサーモビールの作り方を解説!100均のみで簡単にできます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です