知育に関するお得・無料プレゼントキャンペーンまとめ

しまじろうのドリルが本屋さんで買えた!娘歓喜の体験レポ&1歳半の活用方法

しまじろうのドリルが本屋さんで買えた!娘歓喜の体験レポ&1歳半の活用方法

ついにしまじろうのドリル「こどもちゃれんじのワーク」が書店でも買えるようになりました!

我が家はちゃれんじをやっていないのですが、娘はしまじろうが大好き。
毎週「しまじろうのわお!」は欠かさず見ますし、こどもちゃれんじのサンプル動画も見たがります。

たまたま書店に行ったら娘が目ざとく見つけ、お買い上げとなりました!
しまじろうと遊んでいる気持ちで楽しく取り組めているみたい。

この記事では、こどもちゃれんじのワークの内容やおすすめポイントをご紹介します。

ちいくまま

こどもちゃれんじをやっていなくても買えるから、しまじろう好きは要チェックですよ!
もちろんやっている人もオススメです!

しまじろうのドリル『はじめてのワーク 2・3・4歳』を購入、娘も大興奮!

こどもちゃれんじはじめてのワーク 2・3・4歳の表紙

本屋さんで娘が見つけた『〈こどもちゃれんじ〉のワーク』シリーズ。
いくつか種類があったのですが、『はじめてのワーク 2・3・4歳』を選びました。

この『はじめてのワーク 2・3・4歳』はタイトルのとおりはじめてワークに触れる子向け。
まずはここからスタートして、伸ばしたい分野別に他のワークへとステップアップする形となっています。

分野別に他のワークへとステップアップできる

伸ばしたい分野別にステップアップ!

娘はまだ2歳になっていませんので、対象年齢的にはちょっとだけ早い……。
なので描いたり貼ったりして遊べる絵本(?)的な形で楽しませてあげています。

肝心の娘の反応はというと、これがもう大興奮!
しまじろうが大好き過ぎて見ているだけでも楽しんでいます。

見ているだけでも楽しめる

真剣な娘……

ちいくまちゃん

好きなキャラクターと一緒だと、やっぱり楽しいね~。

他にも、キャラクターに挨拶したり(お行儀悪くてすみません)、しまじろうに食べさせるマネをしたり。
たくさん活用しています。

しまじろうのドリルのキャラクターにあいさつする娘

キャラクターにあいさつする娘

しまじろうにホットケーキを食べさせる娘

しまじろうにホットケーキを食べさせる娘

それからうちの子はとにかく絵を描くのが好きなので、ワークの描くところも好き。
さっそくぐるぐる鉛筆で絵を描きました。

しまじろうのドリルに鉛筆で取り組む1歳の娘

この年でワークは難しいかな? と思ったのですが、できるところもあって一安心です。

1歳半の『はじめてのワーク 2・3・4歳』の活用方法は?

『はじめてのワーク 2・3・4歳』の狙いは主に鉛筆に慣れつつ、楽しく学ぶ習慣をつけること。

『はじめてのワーク 2・3・4歳』の狙いと目次

この時期に取り組みたい、運筆のワークも盛りだくさん。

しまじろうのドリルの運筆ページ
しまじろうドリルの内容

1歳半でも楽しみながら取り組めたら、それで十分正解のはずです。
うちも子供の気分が乗っているときだけ一緒にワークをするようにしていますよ。

娘はとにかく書けるものはなんでも使いたがるので、鉛筆を持たせています。

使っているのはこちら。くもんのこどもえんぴつです▼

くもん えんぴつ こどもえんぴつ【6B】

ちなみに、まだ鉛筆に慣れない子はクレヨンでもいいとのこと。
手指の発達が十分でないと、ムリに持たせても上手に書けないからだそうです。

ちいくまま

楽しくやること優先ね!

気分が書くこと/描くことに向かないときは、絵を見ながらその絵について親子でおはなししています。
しまじろうたちはもちろん、しまじろう以外にもかわいい絵がいっぱいあるんですよね。

子供が好きな動物や乗り物、食べ物などがたくさん登場する

子供が好きな動物や乗り物、食べ物などがたくさん登場するので、眺めるだけでも楽しめるんです。

例えば「しまじろうがご飯づくりのお手伝いしてるね~」とか、楽しくおしゃべりできちゃいますよ。
うちの娘も、ねずみが寝ている絵を見て「ロールオーバー!」と言っていました。
海外の数え歌『Ten in the Bed』の動画を見た影響のようです。

ちいくまちゃん

親子のおはなしタイムにも役立つんだね~。

しまじろうのドリルのココが良かった!残念だった!ポイントを口コミ

『はじめてのワーク 2・3・4歳』、総合的に満足しています!

1歳半ではまだ対象年齢前ですが、できるところもあったり遊べたりで良い感じでした。
はじめて取り組むワークとして、ちょうど良いチャレンジができる内容となっています。

ちいくまま

さすがこどもちゃれんじ!

その中で、良かったポイントと残念ポイントについてまとめました。

良かったポイント
  • 親子で確認⇒演習の流れ
  • ページががばっと開く
  • ボリュームがある
  • しまじろう達が登場する
残念ポイント
  • 一枚ずつ切り離せない
  • サイズが大きい

良かったポイント

まずは親子で確認ページがあり、その次に演習ページがあるという形式
一緒にやるのも楽しいし、子供的にもそうやってやるんだなと理解できます!

しまじろうのドリルの親子で確認ページ

親子で確認ページ

演習ページ

演習ページ

それから、ワークががばっと開くし、いっぱいページがあって使いやすいところ。
しっかり開くのでページとページの間まで書きやすい!
値段も700円税抜にしてはボリューム感あるのも嬉しいです。

そしてもちろん、しまじろうたちが登場するところ。
しまじろう好きの子供心をくすぐって、やる気をアップさせてくれます。

みみりんやとりっぴいなどの仲間キャラクターも出てくる

残念ポイント

別の商品との比較になりますが、くもんは一枚一枚ミシン目付きなのではがせるようになっています。
すると「一枚できて完成!」という達成感があります。

でもこちらのワークはひとつながりになっているので、それとくらべると達成感を得づらいかも

もちろん出来たら貼るシールも「できた!」感は得られるのですが、丸ごと完結した感じにはならないので……。

▼できたよシールはコレです。
ドリルのページにできたよシールが貼れる

ただ、その分最後までやり通したら満足感はありそうです。

ちいくまま

最後の工作ワーク、めいじんかんむりを一緒に作るのが待ち遠しい!

サイズが大きいのは他のドリルにも共通するかもしれません。
がばっと横長に開くので、大きな机でないと取り組みづらいかも? と感じました。

ちいくまま

やっぱり切り離せたほうが便利かしら?

1歳の娘がしまじろうドリルに取り組んでいるところ

買ってよかったこどもちゃれんじワーク!

正直なところ、このワークを買うまでは幼児のワーク、プリント学習に懐疑的でした。
あんまり「お勉強」的なことはまだこの時期はさせたくないと思っているので……。

その点、こどもちゃれんじワークはお勉強的な部分よりも遊びとして使える良さがありました。

ちいくまま

とにかく娘のしまじろうへの熱意がスゴイ(笑)。
もう少し経ったら他のこどもちゃれんじのワークも取り入れていきたいと思います。

現在ははじめてのワークの他に、「ひらがな」「かず」「ちえ」「こうさく」の4科目8冊が発売されています。
これが2020年1月時点でのラインナップで、今後はもっと拡大予定だとか。

created by Rinker
¥770 (2020/03/28 23:08:17時点 Amazon調べ-詳細)

ちいくまま

英語も出るかな?

ちいくまちゃん

ページも多いし、ゲストでワールドワイドキッズのMimiちゃんが登場すると良いな~……。
今後の展開も楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です